近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドエランドール牡3歳 松田国英厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.02.14 : グリーンウッドトレーニング
馬体重512キロ。
この中間の調整も順調です。今週火曜日に1本目の13-13を消化しましたが、多少フワフワしていた程度で動き自体もまずまずといったところでした。成長期にあるのか以前より筋肉はつき、幅も出てきたように感じます。帰厩に備えて来週以降も13-13といった強めの調教を行っていきます。

2020.02.07 : グリーンウッドトレーニング
馬体重515キロ。
引き続き調整は順調で今週火曜日に15-15を消化しました。ペースを上げたことで体は引き締まってきましたが、まだモタモタして動きが重く感じるのでもうしばらく乗り込む必要がありそうです。来週火曜日には13-13ほどの時計を出すなどさらに調教を強めていくことにしています。

2020.01.31 : グリーンウッドトレーニング
馬体重520キロ。
今週は周回コースを2周半、坂路をF17秒ほどのペースで乗るなど運動量を増やしました。運動量を増やしたことで体は徐々に引き締まってきていますし、動きも素軽くなっていています。いまのところ来週火曜日に入場後1本目の15-15を消化することにしています。

2020.01.24 : グリーンウッドトレーニング
馬体重520キロ。
今週から周回コースと坂路での調整を始めました。乗り出してからも体に違和感はありませんし、大型馬の割に動きに重苦しさもありません。帰厩に向けて来週月曜日から周回数を増やすなど運動量を増やすことにしています。

2020.01.17 : グリーンウッドトレーニング
馬体重528キロ。
予定どおり今週はトレッドミルでキャンター調整を行っています。筋肉などに疲れは感じませんし、馬体重も順調に回復、フレッシュな状態のため、来週から騎乗調教を始めることになりそうです。

2020.01.10 : グリーンウッドトレーニング
馬体重511キロ。
入場後はマシンで調整しています。1度ショックウェーブ治療を施しましたが、これまでのところ脚元や筋肉に目立ったダメージは確認されていません。来週からトレッドミルでの調整を始め、再来週から乗り出すことになりそうです。

2020.01.08 : 松田国英厩舎→グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2020.01.06 : 1月6日レース後コメント(11着)
福永騎手「ゲートは速いと聞いていましたが、駐立は大人しかったものの発馬してからは出て行かず、後方からになりました。調教の感触からもっとやれると思っていましたが、今日は噛み合いませんでした。もう一度作り直して仕切り直しですね」

松田調教師「疲れを残さないように今週の追い切りをポリトラックコースにして加減しましたが、想定していたより馬体重が増えてしまっていました。土曜日にゲートを確認した際には速い発馬を見せていたのですが、今日は出ていきませんでしたし、勝負所で上がっていく脚も使えず同じ脚色になってしまいましたね。もう少しメリハリのある調教をするべきでした。しっかり作り直したいと思います」

2020.01.03 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
1/2 DP 助手 81.6-64.6-50.5-37.7-12.5 仕掛け
外ハギノエスペラント一杯と5F併入
松田調教師「レース当該週なので、回復が早いようにポリトラックコースで追いました。体力があるのか乗り進めても馬体は萎まないですし、バランスのいい走りで動きもいいです。ここまで順調にメニューを消化して、ジョッキーも先週乗って癖はつかんでくれているはず。スタートも速いので楽しみです」
※来週6日(月)京都2R3歳新馬・ダ1800mに福永騎手でデビューします。

2019.12.25 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 福永 53.5-38.9-25.3-12.7 強め
外シュテルクスト強めと併入 
福永騎手「素軽い動きではありませんが、長く平均的に脚を使えていました。芝かダートかはなんとも言えませんが、シュッと動ける感じではないので中距離くらいが合いそうです。今日終いしっかり追っておいたので、これで状態は上がってくるでしょう」
※1月6日(月)京都2R(ダ1800m)を福永騎手で予定。

2019.12.19 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。馬体に異常はありませんので、このまま進めて行きたいと思います。パワー型で力で競馬するタイプに見えますので、体が慣れるまではダートを走らせた方がいいかもしれません」

2019.12.18 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート試験
坂 助手 78.2-56.5-37.0-17.8 馬なり
松田調教師「僚馬2頭とゲート試験を受験して合格しました。発馬してからも12.6-13.0のラップで走ることができていましたし、中々の内容でしたね。まもなく明け3歳になってしまいますし、馬体をチェックして異常がなければこのままデビューに向けて進めて行く予定です」

2019.12.12 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 85.6-63.1-40.4-20.0 馬なり
松田調教師「今日はゲート練習はしないつもりでしたが、へこたれている様子もないので予定を変更して発馬練習を行いました。昨日よりゲートの出は良くなっていました。来週中にゲート試験を受けられるように進めて行きます」

2019.12.11 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 79.1-57.4-37.4-17.6 馬なり
松田調教師「今朝は消音ゲートから出した後、音ありのゲートからも出してみました。引き続き入りと駐立はおとなしいですし、あとは発馬の練習だけですね。今日の感じならもう少し練習したら試験を受けることができそうです」

2019.12.05 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
松田調教師「今朝も手開けで出してから消音ゲートでの発馬練習を行いました。今日は3頭で行ったこともあり、だいぶ発馬のほうは良化してきました。まだ運動中先頭で歩くことができないので、慣らしながら進めて行きます」

2019.12.04 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
助手「今朝も引きつづきゲート練習を行っています。消音ゲートからの発馬練習でしたが、まだ2回目だったので馬も理解していない様子で、促さないと出ていきませんでした。入りと駐立に関しては問題ありませんが、発馬に関してはまだまだ練習が必要です」

2019.11.28 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.4-49.2-31.7-15.1 馬なり
松田調教師「坂路の時計が予定より速くなってしまったので、今朝は無理はさせずゲート練習は行いませんでした。明日は発馬までやるつもりです。馬に合わせて焦らずやっていきます」

2019.11.27 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート→Eコース
松田調教師「今朝は坂路を上がってからゲートで駐立確認を行いました。まだトモが緩い感じがしますが、落ち着いて練習できていますし、ここまでは順調ですね。明日は発馬練習を行う予定です」

2019.11.22 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート→Eコース
助手「今朝は坂路を上がってからゲートの後ろ出しでの駐立確認、そのあとEコースを半周して馬場見せを行いました。調教中はおとなしかったですが、上がってきてから洗い場で牡馬相手に少し馬っ気を見せていました。昨日から見ている限り、基本的には性格のいい馬だと思います。飼い葉もよく食べています」

2019.11.21 : 栗東:松田国英厩舎
本日、栗東トレセン・松田厩舎に入厩しました。

2019.11.20 : グリーンウッド→松田国英厩舎
土曜日に入厩の予定でしたが、入れ替える馬の放牧先の馬房が一杯だったため、明日入厩の予定に変更となりました。

2019.11.15 : グリーンウッドトレーニング→松田厩舎
馬体重518キロ。
予定どおり今週火曜日に1本目の15-15を消化しました。まだ乗り込み量が十分ではないせいか息づかいに荒さはありますが、乗り手の指示には従順で手前の替え方もスムーズです。ゲート練習も順調にこなしていて入りや駐立などもまったく問題ありません。入場後は休まず乗り込んで態勢はほぼ整ったため、あす(土)の検疫で栗東・松田厩舎に入厩することになりました。

2019.11.08 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重520キロ。
引き続き周回コースと坂路を併用して調整を進めていて予定どおり今週から運動量を増やしました。ふだんからおっとりしていますが、まだ体をもてあましていることもあり、少し重たく感じます。現在坂路ではF17秒ほどのペースで乗っていますが、来週火曜日に1本目の15-15を消化する予定、入厩に向けてゲート練習も重ねていくことにしています。

2019.11.01 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重519キロ。
今週水曜日に乗り出し、現在は周回コースと坂路で調整しています。まだ時計は出していませんが、体つきの割に重苦しさはなく、俊敏な動きを見せています。入厩に備えて来週から周回数を増やすなどさらに負荷をかけていくことにしています。

2019.10.28 : グリーンウッドトレーニング
予定通り昨日グリーンウッドに到着。輸送によるダメージは確認されませんでしたので、明日からトレッドミルでの運動を開始。問題なければ明後日より乗り出しを開始する予定となっています。

2019.10.25 : 山元トレーニングセンター→グリーンウッドトレーニング
担当スタッフ「グリーンウッドへ向けて明日こちらを出発します。この中間は周回コースからの坂路で17-18くらいのところを消化。明日から15-15に移行という予定だったのですが、移動が決まりましたので、明日はトレッドミルで動かす程度にとどめて送り出そうと思います。馬体重は513キロ。動き自体は悪くないのですが、馬体は立派すぎる感じで、まだまだ体も脚元も水っぽいですね。とりあえず関西への長距離輸送で絞れたらいいかもしれません。こちらでは一度ゲート確認の意味で通してみましたが、変な癖やバタバタするようなところもなくスムーズでした。脚元や体調面に関しての不安はありませんので、無事に輸送をクリアしてもらって、またあちらで元気に入厩準備を進めてもらえればと思います」

2019.10.17 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「今朝こちらに到着しました。馬体重は506キロで、馬体などに輸送によるダメージは見られませんでした。輸送熱もなく疲れなど体調面も問題はなさそうなので、さっそく明日から跨っていこうと思っています。どのタイミングで関西圏へ運ぶことになるか分かりませんが、移動も頭に入れながら進められるところはしっかり進めていきたいですね」

2019.10.15 : 社台ファーム→山元トレーニングセンター
10月16日(水)山元トレーニングセンターに向けて出発します。
12日に坂路で3F13.0-12.5-12.1の加速ラップを刻みました。パワフルな動きで気持ちの面でも前向きになっています。まだ伸びしろはあると見ていますが、こちらでは十分乗り込みました。あとは山元での状態を見て今後のスケジュールが決まると思います。

2019.09.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重514キロ。
この中間は3F14.0-13.9-13.9の時計を計時しました。コンスタントに乗り込みを重ねて気合乗りが良化してきました。積極性が出てきたのは何よりだと思います。まだ伸びしろの見込める状況なので、さらに強めのラップを課して仕上げに向かいます。

2019.09.13 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重510キロ。
砂のぼりの影響は少なく、今月に入ってから坂路で15-15、15-14といったところを再開しています。まだ体を使いきれていない感じはしますが、休み明けということもあるでしょうし、こちらも乗りながら伸縮を利かせた動きができるよう気をつけていきます。しっかり動き切れれば切れのある動きができそうですよ。馬体の幅、張りは良好で体調面に不安はなさそうです。

2019.08.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重500キロ。
この中間は坂路で3F13.6-13.1-12.8の好時計をマークして好調をアピールしてくれたのですが、その後、右前蹄に砂のぼりを発症したので騎乗を控えて治療を優先しました。すぐに排膿できたので大きなビハインドにはならず、今週に入って騎乗調教を再開したところです。そう緩めていないので、すぐに元のペースに戻れると思います。

2019.08.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重495キロ。
週4回の坂路メニューでしっかり乗り込んでいて、そのうち3回は2本乗りと負荷も十分。6日に3F14.3-14.3-14.8、10日に15.0-14.4-15.0を消化しています。これだけやっても疲れも見せず以前のひ弱さはなりを潜めています。強いて言えば速めに行った時にもう少し沈み込む感じが欲しいところ。時計ほどグッとくる感じがないという乗り役の話があります。まだギアを隠しているようなので、今後はそこを引き出していければと思います。

2019.07.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重496キロ。
この中間も坂路主体に順調で、3F13.3-13.8-13.9とオール13秒台も計時、別の日には15.3-14.8-15.3と十分な負荷をかけています。当初の精神的な弱さも鳴りをひそめていますし、時計的にも十分なのですが、もう少しハミをしっかりくわえ込んで体も沈んでくれば尚良しといったところ。まだ緩さも感じるので、この後もしっかり鍛えていきます。

2019.07.16 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
6日に坂路の2本目に15.5-14.8-14.8、9日に14.6-15.5。時計的には動けていますし、以前に比べると全体にしっかりしてきたことは確かです。ただ、まだ動き切れていないというか、もっと動けるという感触もあります。もっと良くなるはずですよ。調教師から山元トレセンに移動させる意向もあったのですが、現状を報告してもう少しこちらで鍛錬を重ねていくことになりました。

2019.06.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重487キロ。
この中間も下痢の症状も見られずコンスタントに時計を出しています。坂路で3F14.0-13.9-15.0、3F15.5-14.4-14.9の2回強めを消化しましたが、乗り込みに比例して徐々に反応にシャープさが出てきました。馬体の張り艶、筋肉の張り出しなどにも良化がうかがえます。

2019.06.14 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重492キロ。
この中間も坂路主体に順調です。6月4日に15.4-15.3-15.0、8日15.4-15.4-15.6、11日に15.1-14.2-15.1とコンスタントに時計も出せています。これだけやっても下痢の症状は見せていませんし、内面からしっかりしてきた印象を抱いています。体重に変動はなくても、アウトラインに締まりが出て見栄えも良化。それでもまだ変わってくるはずです。筋肉の張り出しをもっと出していきたいと思います。

2019.05.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重488キロ。
この中間は下痢の症状も見せず順調。先週は2F15.8-15.3を3頭併せの中に入れて、今週は3F14.3-14.0-14.7を消化しているように、ここにきて再び軌道に乗ってきた感すらあります。動きも力強く活気がありますし、気性も男馬らしい煩い面が出てきました。集中力に課題のあった馬ですが、併せの中に入れるなどして、集中を持続させるシフトを汲んでいきます。

2019.05.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
週3回の坂路主体に順調に乗り込んでいます。順調ではありますが、強めにいくと下痢をすることがあるので、状態に合わせてメニューを組んでいます。先週は坂路のペースを16-16程度のラップにとどめていましたが、おとといは坂路で2F15.3-14.7を計時しました。馬体もずいぶん締まりが出て、動きも素軽さを増しています。定期的に強めを課すのはもう少し内面を強化してからの予定ですが、おおむね順調にきています。

2019.04.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重492キロ。
ここにきて心身の成長が見られ調教進度も上がってきています。坂路では直近2F15.3-14.8を計時しました。見た目にはそんなに速く見えないのに時計が出ているというのは悪いことではないですね。そういうタイプなのでスピードタイプというよりはパワー優位で距離の融通も利きそうだと思っています。早い組でしっかり乗っている割に体つきが変わってこないので、引き続きどんどん動かしていきます。脚元は丈夫なので、その点は調教を進める上で頼もしい限りです。

2019.04.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重489キロ。
前回お伝えした下痢については一過性のもので心配ありません。その後も通常メニューで順調に乗っています。この中間は坂路でラスト2F15.6-13.3をマーク。思いのほか動きます。速いところにいってよいタイプかもしれません。それでもまだ促されつつという感じがあるので、前進気勢が出てくれば尚いいですね。まだ体つきも丸く、伸びしろも大きいと思いますし、これからの馬ですよ。今はしっかり乗り込みを重ねていくことが大切だと思います。

2019.03.29 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重485キロ。
中間下痢の症状があり、ケアを優先してペースを落としました。それ自体はすぐに回復して今は通常メニューに戻していますが、まだ馬格に見合った内面が伴っていないのかもしれません。体型を見てもトモが高く、これからの成長待ちという感じもあります。それでも今日の稽古では、半マイルから16.0-13.7-14.3-15.6で動けたので、やはりいいものは持っていますよ。終いにかけてラップが落ちているのは、最後は流しているためで、脚色が一杯ということではありません。このメニューだと、たいがいの馬はラスト16秒、17秒かかるものなので、現状でこれだけ動けたのは立派です。

2019.03.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重500キロ。
坂路と周回、トレッドミルを交えてしっかり乗り込んでいます。乳酸値も通常値で目立った疲労感も見られません。こちらが促さないと積極的に動かない面は残りますが、馬体はトモ幅が増すなど着実に成長していますし、動きも力強くなっています。気持ちの面が大きいと思うので、併せ馬なども積極的に消化しながら、前進気勢を出していければと思います。

2019.02.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重493キロ。
週3回の坂路を主体に順調に進めています。合間の周回キャンターではフォームの確認なども行っています。まだ全体に緩さはありますが、早い組のメニューで進めることができているので、これから徐々に変わってくると思います。気持ちの面でもまだおっとりした面はありますが、促すと徐々にノッてくる感じですね。自らハミをとってガツンと動けるようにどんどん促していきたいです。体調面に不安なく順調に乗れているので、ここからの変わり身に期待しています。

2019.02.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
週3回坂路でF18-17秒、うち1回は2本乗りを設け、それ以外は周回ウッドキャンター、トレッドミルキャンターの調整です。2本登坂を開始してから、動きが良化してきました。ピリッとした面が出て前向きさがアップしています。普段は大人しいのですが、騎乗して変わるのは悪くないですよ。早い組のメニューで進められているように軌道に乗ってきましたが、馬体はまだ丸みがあって絞れる余地があるので、しっかり動かして絞り込んでいきたいです。

2019.01.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重481キロ。
週3回坂路で3FからF18秒のメニューを主体にコースやトレッドミルを織り交ぜて乗っています。まだ背腰の緩さはありますが、以前よりも全体に筋力増強できている感触はあります。それに伴い前進気勢も出てきているので、走りにも力強さを感じるようになってきました。馬体面も徐々にメリハリが利いてきましたし、ここにきてよい変わり身を見せてくれています。

2019.01.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重485キロ。
週3回坂路をF18秒、週2回周回ウッドをキャンター2000m、週1回トレッドミルキャンターのメニューで調整しています。まだ背腰に緩さはありますが、スピードに乗ればラストまで余力を持って動けるようになりました。気の入りなども走路入り当時に比べるとずいぶん良化してきましたし、引き続き前進気勢を働かせるようにしっかり動かしていきます。

2018.12.25 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重470キロ。
周回ウッドでキャンター調整を開始してからは休まず乗り込んでいます。乗り込みに比例して少しずつ気合乗りが良くなってきましたし、競走馬としての自覚も出てきたようですね。動きも機敏さが出てきました。馬体も引き締まって、伸び、張りなどが先月から大きく良化。まだ体力面はこれからという感じですが、それは今後の乗り込みで解消してくるでしょう。体調に不安はないので、しっかり鍛錬していきます。

2018.11.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重469キロ。
周回ウッドコースでキャンター調教を開始しています。まだ気合不足で周囲の馬について走っているような状況ですが、これは調教を重ねて競走馬としての自覚が出てくれば自ずと改善してくるでしょう。こちらも前進気勢を出させるように意識して動かしていきます。まだ緩さはありますが、身のこなしや動きに柔軟性が出てきたのは成長ですし、これから調教負荷に比例して大きく変わってきそうな馬だと思っています。

2018.10.31 : 社台ファーム
馬体重463キロ。
順調に駆け足訓練を行っていましたが、先日右前に挫石の症状が見られたので、現在は騎乗運動を控えマシン60分で治療を優先しています。排膿すれば問題ないので、処置次第、騎乗再開の予定です。駆け足訓練では騎乗者の指示に従順かつスムーズに動けていたので、再開すれば元のメニューに戻るのも早いと思います。馬体もメリハリの利いた見栄えのある体躯に変貌しています。

2018.09.28 : 社台ファーム
馬体重458キロ。
9月14日に社台ファームに移動しています。夜間放牧を行いながら日中に初期馴致を行っています。主にサイドレーンを装着してマシン運動を行っています。気性が落ち着いているのでここまでの調整は順調。移動や馴致を経ても体がしっかり増えているように精神的にもしっかりしていそうです。全体に肉付きの良い馬ですが、特に胸とトモの筋肉が柔らかそうで好感が持てますね。背腰のラインも理想的。強制運動を課しながら背腰の筋力を強化させていきたいです。

2018.08.31 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重440キロ。
夜間放牧と日中の乗り慣らし訓練を行っています。背馴らし訓練は覚えが早く、順調にクリアしました。馬体の成長も顕著でボリュームのある逞しい馬体は柔らかみもあります。欧州血統特有の重苦しさは感じさせません。体を上手に使ってスムーズに動けているので、馬場でどのような動きを見せるか楽しみです。

2018.07.31 : 社台ブルーグラスファーム

このページのトップへ