近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドエランドール牡3歳 松田国英厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.09.24 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「昨日の午後は低周波治療を行っていますが、追い切りでの大きな疲れはなさそうです。今朝は物理療法を30分行ってから厩舎周りの引き運動を60分。気性も大人になり、今までで一番の状態で出走させることができそうです」
※今週27日(日)中京6R(1勝クラス/ダ1900m)に松山騎手で出走します。

2020.09.23 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路→CWコース
CW 助手 82.3-52.1-38.3-12.4 馬なり

松田調教師「3頭併せで先行、大外を回して追い切りましたが、道中の折り合いも良く、ちょうどよい緊張感でしたし、相手を待っていても気が抜けることもなく、きれいな併せ馬での追い切りでした」
※今週27日(日)中京6R(1勝クラス/ダ1900m)に松山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.09.17 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 72.7-52.4-33.2-15.2 馬なり

松田調教師「今日も坂路1本上げています。バテた様子もなく、使うたびにうるささというか活発さが出てきました。馬体も以前に比べて見違えて良くなっていますし、良い結果を出せるように進めていきたいと思います」
※9月27日(日)中京6R(1勝クラス/ダ1900m)を松山騎手で予定。

2020.09.16 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 73.2-53.2-35.0-17.6 馬なり

松田調教師「1~2コーナーでのプレッシャーがきつく、ホームストレッチでは全力を出せなかったのか、昨日の獣医師のチェックでは、特異な所見はなく、重い筋肉痛もないとのことでした。回復も早く、体力がついてきた様子もありますね。この後は再び1勝クラスへの出走も見据えて、どうするか考えていきます」

2020.09.12 : 9月12日レース後コメント(2着)
松田調教師「1コーナーで外から来られた際に、ブリンカーをつけていたのでハミを噛んでしまいました。あそこでペースが上がってしまって、最後にそれが堪えて脚が上がったところを勝ち馬にやられてしまいましたね。見た目には元気でしたが、札幌に行って馬にも負担をかけてしまいましたし、2着では意味がないので、馬にも会員の皆様にも申し訳ない気持ちで一杯です。上がりの状態は大丈夫そうですので、また今後について考えていきたいと思います」

2020.09.10 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「今朝も厩舎周りの引き運動で調整しました。雨が強く降っていたので、60分の予定を30分に切り上げましたが、追い切り後も変わりなく順調です。今週の想定頭数がかなり少なかったことから、出走させることになりました。除外後は早めにこちらに戻して移動の疲れも見られませんし、昨日の追い切りも下ろしたてからハミに乗って、ゴールまで突き抜けてパワフルな動き。松山君とも手が合うと思いますし、格上挑戦にはなりますが、期待を持っています」
※9月12日(土)3歳以上1勝クラス(ダ1900m)に松山弘平騎手で出走します。

2020.09.09 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 54.0-38.4-25.0-12.7 馬なり
内ソフトフルート強めと併入

松田調教師「土曜日に札幌競馬場を出発して、無事栗東トレセンへ到着しています。今朝は坂路で追い切っていますが、疲れもなさそうで、いつでも出走できる態勢は維持できています」

2020.09.03 : 札幌競馬場/松田国英厩舎
9/2 札ダ 助手 81.5-66.6-51.3-37.6-12.8 馬なり
内ロライマ馬なりに6Fで0.8秒追走2F併入

松田調教師「札幌に行って確認しましたが、格上馬と併せても走りや馬体、オーラなど全く見劣りしません。脚をきれいに動かして良い状態で追い切りを終えました。ですが、想定上今週は頭数がかなり多く、上のクラスを含めてどのレースにも出走できそうにありません。このような状況になり、申し訳ありません。栗東へ連れて帰り、今後について考えたいと思います」

2020.08.27 : 札幌競馬場/松田国英厩舎
松田調教師「昨日の14時半に無事到着しました。輸送もうまくいき、大きな疲れもなさそうなので、今朝は角馬場でハッキング調整しました。土曜日から時計を出し始めていく予定です」

2020.08.26 : 松田国英厩舎→札幌競馬場
昨日の日中に栗東トレセンを出発しています。今日の午後に札幌競馬場に入場予定です。

2020.08.20 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。昨日は後ろから突く程度で無理はさせていませんし、状態に変わりはありません。今週も札幌競馬の結果次第となってはしまいますが、最短で来週火曜日の移動を考えています」
※2回札幌4週目のダ1700mを予定。

2020.08.19 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.0-38.5-25.0-12.6 馬なり
外シュテルクスト一杯と併入

松田調教師「坂路2本目に、1勝馬の半馬身ほど後ろにつけて追い切りました。終始馬なりでラップもきれいに刻めました。引き続き順調に来ています。入れ替えする予定の馬が2着に負けてしまったので、札幌へ移動できるのは来週以降になります」

2020.08.13 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 75.9-53.0-22.5-15.6 馬なり

松田調教師「今朝は坂路を1本上げましたが、特段どうこうというのはありません。明日は運動か角馬場で様子を見ます。今週札幌は1頭しか使っていないので、その結果次第となってしまうのですが、最短で来週火曜日の移動を予定しています」

2020.08.12 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「昨日ショックウェーブ治療を行いました。背中の後ろの部分少し圧痛がありましたが、その他には大きなダメージはなさそうです。小倉の未勝利戦は節が足りないでしょうし、今週の競馬次第で馬房の入れ替えができそうなので、来週中に札幌へ連れていくことを考えています。もし未勝利戦に出られない場合でも、札幌なら500万に出られる可能性は高いと思います」

2020.08.09 : 8月9日レース後コメント(9着)
松田調教師「騎乗した福永騎手は『スローペースと感じたので、あのポジションでいいと思いましたが、向こう正面でハミを噛んでしまった時に内で閉じ込められて動けませんでした。うまく乗れませんでした』と話していました。この中間は何の不安もなく調整できて自信を持って送り出したのですが、結果を出すことができず申し訳ありません。権利を外してしまい未勝利戦に出走できるか厳しい状況ですが、格上挑戦も含めて考えていきたいと思っています」

2020.08.06 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 70.2-49.7-31.7-14.9 馬なり

松田調教師「暑くなると牡馬は大人しくなるのが普通ですが、今朝も元気が良すぎるかなというくらい元気がいいです。前走と違って腹回りもありますし、いい状態でレースに向かえそうです」
※今週9日(日)新潟4R3歳未勝利・ダ1800mに福永騎手で出走します。

2020.08.05 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場
8/4(火) CW 助手 81.4-69.3-53.6-38.4-12.9 馬なり
内シュテルクスト馬なりと6F併せで0.1秒先着

松田調教師「昨日追い切りを済ませています。先週しっかりやっているので、そこまで速い時計は出しませんでしたが、今週の競馬を予定しているので、今朝も角馬場で速歩で動かしています。追い切り後も非常に順調です」
※今週9日(日)新潟4R(3歳未勝利/ダ1800m)に福永騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2020.07.30 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路→CWコース
CW 助手 81.4-65.9-51.4-37.8-12.2 一杯

松田調教師「具合がいいからともう大丈夫だろうと思って斜眼を外すと、やはりだめなようで、今日は着けたことできっちり動けていました。来週の競馬に向けて調整は順調です」

2020.07.29 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 65.8-47.0-30.0-13.9 馬なり

松田調教師「昨日坂路2本乗って、今朝は1本の調整です。中間も夏バテの兆候はなく、懸念材料はないですし、やんちゃなところも出て危ないくらいにフレッシュな状態に戻っています。明日追い切りをかける予定です」

2020.07.23 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 71.0-50.5-32.5-15.2 馬なり

松田調教師「今朝は坂路を軽めに上げています。競馬前より腹回りもあり、ダート馬らしくなってきましたし、元気も良く、順調に回復してきているなという印象です。次走は新潟3週目のダート1800mを予定していますが、松山騎手が騎乗停止になってしまったので、福永騎手に声をかけています」

2020.07.22 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「昨日は角馬場で乗り、速歩を2回。調教後の獣医師のチェックでは、背腰の疲れが少しある程度で大きな問題はありませんでしたが、ショックウェーブ治療を行っています。そのため、今朝は厩舎周りの引き運動で調整しました」

2020.07.18 : 7月18日レース後コメント(3着)
松田調教師「最後も差し返しているのですけどね。騎乗した松山騎手は『ハナに行くつもりはなかったのですが、スタートが良かったのであの形になりました。今日こういう競馬を経験できたので、どういう形でも競馬はできると思います』と話していました。権利は取れましたので、上がりの馬の状態や松山騎手の都合も聞きながら、次走について考えていきます」

2020.07.16 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 71.5-51.1-32.5-14.9 馬なり

松田調教師「今朝は坂路を1本乗りました。いつも乗っている乗り手は、『トモが少し緩く感じるくらいで、特に気になるところはない』と話していました。獣医師によるチェックでも特に問題はないことから、予定通り今週出馬投票します」
※今週18日(土)阪神7R・3歳未勝利・ダ1800mに松山騎手で出走します。

2020.07.15 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場
7/14 CW 助手 88.1-72.0-56.5-41.2-14.0 一杯
内ハギノアレグリアス馬なりを6Fで0.5秒追走3F併せで0.2秒遅れ
中ルヴァルンキラー一杯に6Fで2.4秒先行3F併せで0.2秒遅れ

松田調教師「昨日CWコースで追い切りを済ませています。慣れない左回りだったせいか、先行したせいなのか、全くハミをとりませんでした。今朝は角馬場で速歩を踏んでいますが、歩様も問題なく違和感はないため、明日キャンターで乗って問題なければ、予定通り投票する予定です」
※今週18日(土)阪神7R・3歳未勝利・ダ1800mに松山騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2020.07.09 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路→CWコース
CW 助手 83.8-67.1-52.0-38.3-12.0 一杯
外サムシングジャスト一杯に6Fで2秒3先行2F併せで0.1秒先着

松田調教師「近走は競馬でも走る方向に気持ちが向いてきていますが、今日の追い切りでもゴール際でもうひと伸びして、フワッとするところがなくなってきました。体も締まってきましたし、来週の競馬に向けてとても順調に調整が進んでいます」

2020.07.08 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場
松田調教師「昨日も坂路を2本乗っていますし、中間も順調に調整していますが、今朝は馬場状態が悪かったので、無理はさせず、逍遥馬道での乗り運動と角馬場で速歩のみのメニューで調整しました。最近は馬っ気を出してテンションが上がるようなところも見せませんし、体も動けています。明日は追い切りをかける予定です」

2020.07.02 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場
松田調教師「今朝は角馬場でダクを踏んで体をほぐしました。今朝の栗東は風が強く、寒いくらいなので、馬はへたっている様子はありませんし、追うごとに動きは素軽くなってきています。今週末もう1本15-15をやって、来週からペースを上げていくつもりです」

2020.07.01 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 56.8-41.5-27.0-13.2 馬なり
松田調教師「今朝は坂路で追い切っています。競馬同様、調教でも最後まで気を抜かず走るようになってきました。牧草をよく食べる馬で、以前は腹回りがボテッとしやすかったですが、今はしっかりとした体付きに変わってきています。次走に向けて調整は非常に順調です」

2020.06.25 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 72.7-51.2-32.8-16.2 馬なり
松田調教師「今朝から坂路で乗り出しています。次走は中3週空けますが、しっかり時計を出して、次で決められるように仕上げていきたいと思います」
※7月18日(土)阪神7R(ダ1800m)を松山騎手で予定。

2020.06.24 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
松田調教師「勝ち負けの競馬をした後なので、飼い葉食いが落ちたり、歩様が硬くなるような懸念がありましたが、馬がしっかりしてきたのか、以前よりダメージは少ないようです。明日くらいから様子を見て乗り出していくつもりです」

2020.06.20 : 6月20日レース後コメント(2着)
松田調教師「前半のペースが61.8秒でちょっと速い気はしましたが、あそこまで行ったら何とか押し切りたかったところです。早めに先頭に立たされた分、目標にされました感じもします。馬っぷりはいいですが、パドックで他の馬と見比べても水っぽいというか馬が若いので、この一追い二追いでさらに変わってきそうですし、まだこれから十分のびしろはありそうです」

2020.06.18 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 70.8-50.7-32.1-15.5 馬なり
松田調教師「今朝は坂路を1本上げています。追い切り後も特段どうこうというのはありませんし、いい状態で競馬に向かえると思います」
※今週20日(土)阪神3R3歳未勝利・ダ1800mに松山騎手で出走します。

2020.06.17 : 栗東:松田国英厩舎
調整メニュー:引き運動
6/16 CW 助手 86.6-69.7-53.9-38.6-11.8 一杯
松田調教師「今週土曜日の出走予定ですので、昨日CWコースで追い切りを済ませています。左回りだったので道中の時計は遅いですが、中間十分乗り込めていますし、これでいけるかなと思っています」
※今週20日(土)阪神3R3歳未勝利・ダ1800mに松山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.06.11 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー: 引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後の獣医師のチェックでも特段気になるところは見つかりませんでしたし、引き続き順調に来ています」

2020.06.10 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→CWコース
CW 助手 83.0-67.4-52.4-38.4-11.8 一杯
内ソフトフルート馬なりに6Fで0.6秒先行4F併入
松田調教師「坂路を上げてからCWコースで併せて追い切っています。相手は馬なりでエランドールは一杯の手応えでしたが、鼻面を合わせていい併せ馬ができました。来週の競馬に向けて、順調に調整が進んでいます」

2020.06.04 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー: 引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。昨日の追い切りが楽だったのか、特に大きな疲れもありません。脚元も引き続き問題なく、これなら攻めて行けそうです」
※6月20日(土)阪神3R(ダ1800)を松山騎手で予定。

2020.06.03 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 53.9-39.0-25.5-12.8 馬なり
内ヒートオンビート一杯と併入
松田調教師「2本目に併せて追い切っています。休ませた影響でまだ体は立派ですが、格上の1勝馬に手応えで優勢でしたし、順調にペースを上げることができています」

2020.05.28 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート→Eコース
坂 助手 72.5-51.6-32.5-15.5 馬なり
松田調教師「ゲートで枠入り駐立を確認した後、Eコースを半周しています。引き続き脚元に問題はなさそうなので、週末から15-15を再開して、ペースを上げていきたいところです」

2020.05.27 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 70.3-50.1-31.9-14.9 馬なり
松田調教師「ご心配をおかけしましたが、腫れもひいて坂路で乗り出しを再開しています。おそらくどこかでぶつけてしまったのだと思います。今朝も坂路を2本上げていますし、もう心配はいらないでしょう。再びペースを上げるタイミングを図っていきます」

2020.05.21 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:舎飼い
松田調教師「今朝も舎飼いで様子を見ています。浮腫みは取れてきましたが、熱感があり、まだ患部はポーッとしています。夕方に診療所で腱ドックを受ける予定です」

【追記】
松田調教師「右前管全体に軟腫が見られますが、腱ドックは異常ありません。皮下に厚みがあるので、軟腫で皮膚炎からきている症状です。今朝も治まってきていましたし、少しずつ運動を始めていきます」

2020.05.20 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:舎飼い
松田調教師「昨日の午後、右前脚の管全体に浮腫と熱感があることが確認されました。獣医師と装蹄師のチェックでは腱に反応はなく、血液検査でも異常はないので、皮膚炎ではないかとの診断でした。今朝になり、浮腫は小さくなってきていますが、舎飼いで様子を見ています。明日、念のため診療所で腱ドックを受けることにしています」

2020.05.14 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎ブロックを引き運動で60分調整しました。次走についてですが、1400mで競馬を覚えて、今なら1800mのほうが競馬もしやすいと思うので、再度距離を延ばしてみようと考えています。間隔を空けて阪神開催で出走させるつもりです」
※3回阪神開催1週目のダ1800mを松山騎手で予定。

2020.05.13 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 55.2-40.3-26.7-13.5 仕掛け
内モンテアーサー強めと併せで0.4秒先着
松田調教師「今朝は併せ馬で、15-15よりも少し速めの指示で追い切っています。気性は大人になってきていますが、使いながらきていてストレスもたまっていくので、次走前の間隔は1か月ほど取ろうと思っています」

2020.05.07 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「昨日獣医師からのチェックを受けて問題はありませんでしたが、乗り出しは明日からにすることにしました。追い切りは、来週中に腱のチェックなどをして、馬体にすべて問題ないことを確認してから始めることにしています」

2020.05.06 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「レース後のチェックで、背腰に若干反応が見られたので、昨日ショックウェーブ治療を行いました。明日から乗り出す予定ですが、今週いっぱいは軽めの調整になるでしょう」

2020.05.02 : 5月2日レース後コメント(3着)
松田調教師「装鞍所で3レースの馬が来た時に馬っ気を出していましたが、パドックや返し馬では集中できていたと思います。ゲートで遅れて出していったので、ペースが落ち着いたところでアタマを上げてしまっていましたし、4コーナーで砂を被って嫌がって、再びペースが上がったところでモタモタしてしまいました。馬なりでポジションを取れなかった分、終い切れ味が鈍った感じもしますし、勝ち馬にも上手く乗られましたね。馬は使うごとに良くなってきているので、レース後の状態に問題がなければ、もう一度使うことを考えています」

2020.04.30 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 74.4-53.4-33.6-16.4 馬なり
松田調教師「今朝は坂路1本の調整。馬房から出て、厩舎ブロックから逍遥馬道まで周りを気にすることもなく、黙々と集中している感じがします。ジョッキーも追い切りで成長を感じ取ってくれたようですし、何の心配もなくレースに向かえそうです」
※今週2日(土)京都1R3歳未勝利・ダ1400mに岩田望騎手で出走します。

2020.04.29 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
4/28 CW 岩田望 81.8-67.2-52.9-37.9-12.0 一杯
外ヒートオンビート一杯を6Fで0.6秒追走2F併入
松田調教師「昨日、岩田望騎手騎乗で追い切りを済ませており、今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。完成されてきたのか、落ち着いていますし、走る方向に完全に集中している感じがします。現時点では何も言うことはないです」
※今週2日(土)京都1R3歳未勝利・ダ1400mに岩田望騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2020.04.23 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場
松田調教師「今朝は逍遥馬道で常歩、角馬場で速歩を踏んで調整しました。他の馬を気にすることもなくなり、今は体を動かすことが面白くて仕方ないような感じがします。無駄な動作もしなくなり、集中できていますね。馬体のシルエットも一回り大きくなり、追い切った後ですが、体もすぐに戻っています。来週の競馬に向けて順調に調整できていると思います」

2020.04.22 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 54.7-40.2-26.5-14.1 馬なり
外ハギノアップロード一杯と併入
松田調教師「ラスト1Fは時計がかかっていますが、併走馬にペースを合わせての時計です。今週も手応えよく、いつでも動ける状況にありましたし、以前のようにスカスカの手応えになってしまうこともなくなり、馬がだいぶ変わってきて、走る方向に向いてきた感じがしています」

2020.04.16 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 55.5-40.4-26.4-13.3 馬なり
外ヒートオンビート馬なりと併入
松田調教師「未勝利で2着まで来ている馬と4Fから併せて、馬なりのまま併入しました。今日は折り合いもつき、騎乗した助手からは、いつでもスッと反応できる状態だったとのことでした。先週までは2歳馬が入ってきたこともあり、馬っ気を出して鳴いてばかりいましたが、今週に入って鳴かなくってきました。競馬を使って吹っ切れた部分があるのかもしれません。来週からさらにペースを上げていきたいと思います」
※5月2日(土)京都1R(ダ1400)を岩田望騎手で予定。

2020.04.15 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 70.1-50.4-31.7-15.0 馬なり
松田調教師「今朝は坂路を同じようなペースで2本上げています。中間も特段気になる面はなく、順調に乗り込んでいます。明日は追い切りをかけることにしています」

2020.04.09 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「引き続き馬の状態に問題はありませんが、この馬は乗り出しを軽くすると、やんちゃで帰り道で大暴れすることがあるので、今朝も用心して厩舎周りの引き運動で調整しました。引き運動のほうが背中も楽になりますしね。明日から坂路に入れて乗り出していくつもりです。今のところ、中2~3週での出走を考えています」

2020.04.08 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「昨日ショックウェーブ治療を行いました。今朝は厩舎周りの引き運動での調整です。問題なければ明日は速歩を踏んで、脚元や歩様を確認することにしています」

2020.04.05 : 4月5日レース後コメント(3着)
松田調教師「パドックでは落ち着きを取り戻していましたが、装鞍所では前の牝馬に馬っ気を出してうるさいところを見せていました。スタートは仕掛けていかないと進んでいきませんでしたが、道中はうまく流れに乗れたと思います。直線は前があくのを待っていたようですが、結果的に外に出す形になり、1Fだけしか追えなかったのがもったいなかったですね。4コーナーでもう少しうまく運べれば際どかったでしょう。勝てると思って送り出しただけに残念ですが、筋肉の張りも初戦より良くなっていましたし、ブリンカーも効いて変わり身は見せてくれました」

岩田望騎手「1400mが初めてだったこともあり、テンはハミを取らず行き脚がつかなかったです。直線は前があくのを待っていたのですが、スペースを確保できなかったので外に出しました。良く伸びてくれましたが、脚を余す形になってしまいすみませんでした。今日の競馬で出していったことで次はもっと行きっぷりも良くなるでしょうし、すぐにこのクラスを勝てる能力があります」

2020.04.02 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しました。昨日は低周波治療を行いましたが、獣医師からはちょうどいい筋肉の張りをしているとの話があり、走れる形で調整できていると思います。昨日も馬場が重い中、いい時計で走れていますので、この状態でどれだけ動けるか。勝てば一番いいですが、芝のスタートや距離を縮める中で色々な事を得たいですね」
※今週5日(日)3歳未勝利・ダ1400mに岩田望騎手で出走します。

2020.04.01 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2回目 52.9-38.9-25.6-13.0 強め
外サンオブロジータ一杯と併入
松田調教師「ブリンカー着用で追い切りました。並ぶと気を抜くところがありましたが、気合いをつけると、またそこからグッとハミを取って伸びたようです。前回ダートで結果が出ませんでしたが、ダートの資質というわけではなく、抜けてしまった感じで、現状芝よりはダートのほうが勝ちやすいのではないかと考えます」
※今週5日(日)3歳未勝利・ダ1400mに岩田望騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.03.26 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場
松田調教師「今朝は坂路下の角馬場で速歩を踏んで歩様の確認をしています。ブリンカーの深さや併せ馬の形など、どのような形が一番能力を引き出せるかを探りながら進めて行きます」

2020.03.25 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 鮫島良 53.6-39.0-25.5-13.0 一杯 
松田調教師「今朝はジョッキーに騎乗してもらいました。オーバーにいうと、ステッキを入れて気合いをつけないとやめようとするところがあり、併走馬に並んでからも、見せ鞭や肩鞭を入れないと気を抜くところがあったようです。動くには動きますが、追いかける形は良くなさそうなので、競馬では後ろから突かれる形でブリンカーを着けた方が良いかもしれません」

2020.03.19 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場
松田調教師「追いきった後なので、速歩で歩様の確認だけしています。厩舎から出ていくときに少しトモの緩さを感じたので、これからまた獣医師と装蹄師とも相談しながら調整を進めて行くつもりです」

2020.03.18 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.2-39.2-25.6-12.9 一杯
松田調教師「先週と同じ馬と併せる予定だったのですが、先週動いたことから乗り手が後ろから構えて乗ったところ、道中ハミを取らなかったようで、実質単走の形になってしまいました。馬体に異常はなく、中間も順調に乗り込むことができています」

2020.03.12 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しました。追い切りに騎乗した助手からは、仕掛けてからの反応が良すぎるくらいで、前回とは違うとの話でした。脚元も問題ありません。週末から15-15くらいを始めて問題なければ、来週からさらに攻めていきたいと思います」
520キロ

2020.03.11 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 54.7-40.3-26.5-13.4 馬なり
内プチティラン一杯と併せで0.2秒先着
松田調教師「併せ馬で追いました。馬場が重い中で終いは時計がかかったものの、しっかりと先着できましたし、まずまずの動きだったと思います。前回1番人気で期待を裏切ってしまっているので、いろいろと修正していきながら進めているところです」

2020.03.05 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.7-50.1-32.4-15.3 馬なり
松田調教師「厩舎を出発する前に馬っ気を出していましたが、すぐに落ち着いていました。休養を挟んで、馬体の成長が感じられますね。日曜日くらいから坂路を2本にして徐々にペースを上げていこうと思います」

2020.03.04 : 栗東:松田国英厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.02.28 : グリーンウッドトレーニング
馬体重511キロ。
今週火曜日にも坂路で13-13ほどの時計を出しました。本数を積んできたことでだいぶ素軽さが感じられるようになりましたし、楽な手応えのまま坂路を駆け上がれるようにもなっています。すでに態勢は整っており、来週中に帰厩することになりそうです。

2020.02.21 : グリーンウッドトレーニング
馬体重509キロ。
調整は順調で今週火曜日にも坂路で13-13ほどの時計を出しました。息づかいも良化してきましたし、体の使い方も悪くありません。調教を強めてからも疲れを見せず、元気いっぱい、体力面も強化されており、いつでも帰厩できる状態にあります。

2020.02.14 : グリーンウッドトレーニング
馬体重512キロ。
この中間の調整も順調です。今週火曜日に1本目の13-13を消化しましたが、多少フワフワしていた程度で動き自体もまずまずといったところでした。成長期にあるのか以前より筋肉はつき、幅も出てきたように感じます。帰厩に備えて来週以降も13-13といった強めの調教を行っていきます。

2020.02.07 : グリーンウッドトレーニング
馬体重515キロ。
引き続き調整は順調で今週火曜日に15-15を消化しました。ペースを上げたことで体は引き締まってきましたが、まだモタモタして動きが重く感じるのでもうしばらく乗り込む必要がありそうです。来週火曜日には13-13ほどの時計を出すなどさらに調教を強めていくことにしています。

2020.01.31 : グリーンウッドトレーニング
馬体重520キロ。
今週は周回コースを2周半、坂路をF17秒ほどのペースで乗るなど運動量を増やしました。運動量を増やしたことで体は徐々に引き締まってきていますし、動きも素軽くなっていています。いまのところ来週火曜日に入場後1本目の15-15を消化することにしています。

2020.01.24 : グリーンウッドトレーニング
馬体重520キロ。
今週から周回コースと坂路での調整を始めました。乗り出してからも体に違和感はありませんし、大型馬の割に動きに重苦しさもありません。帰厩に向けて来週月曜日から周回数を増やすなど運動量を増やすことにしています。

2020.01.17 : グリーンウッドトレーニング
馬体重528キロ。
予定どおり今週はトレッドミルでキャンター調整を行っています。筋肉などに疲れは感じませんし、馬体重も順調に回復、フレッシュな状態のため、来週から騎乗調教を始めることになりそうです。

2020.01.10 : グリーンウッドトレーニング
馬体重511キロ。
入場後はマシンで調整しています。1度ショックウェーブ治療を施しましたが、これまでのところ脚元や筋肉に目立ったダメージは確認されていません。来週からトレッドミルでの調整を始め、再来週から乗り出すことになりそうです。

2020.01.08 : 松田国英厩舎→グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2020.01.06 : 1月6日レース後コメント(11着)
福永騎手「ゲートは速いと聞いていましたが、駐立は大人しかったものの発馬してからは出て行かず、後方からになりました。調教の感触からもっとやれると思っていましたが、今日は噛み合いませんでした。もう一度作り直して仕切り直しですね」

松田調教師「疲れを残さないように今週の追い切りをポリトラックコースにして加減しましたが、想定していたより馬体重が増えてしまっていました。土曜日にゲートを確認した際には速い発馬を見せていたのですが、今日は出ていきませんでしたし、勝負所で上がっていく脚も使えず同じ脚色になってしまいましたね。もう少しメリハリのある調教をするべきでした。しっかり作り直したいと思います」

2020.01.03 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
1/2 DP 助手 81.6-64.6-50.5-37.7-12.5 仕掛け
外ハギノエスペラント一杯と5F併入
松田調教師「レース当該週なので、回復が早いようにポリトラックコースで追いました。体力があるのか乗り進めても馬体は萎まないですし、バランスのいい走りで動きもいいです。ここまで順調にメニューを消化して、ジョッキーも先週乗って癖はつかんでくれているはず。スタートも速いので楽しみです」
※来週6日(月)京都2R3歳新馬・ダ1800mに福永騎手でデビューします。

2019.12.25 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 福永 53.5-38.9-25.3-12.7 強め
外シュテルクスト強めと併入 
福永騎手「素軽い動きではありませんが、長く平均的に脚を使えていました。芝かダートかはなんとも言えませんが、シュッと動ける感じではないので中距離くらいが合いそうです。今日終いしっかり追っておいたので、これで状態は上がってくるでしょう」
※1月6日(月)京都2R(ダ1800m)を福永騎手で予定。

2019.12.19 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:引き運動
松田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。馬体に異常はありませんので、このまま進めて行きたいと思います。パワー型で力で競馬するタイプに見えますので、体が慣れるまではダートを走らせた方がいいかもしれません」

2019.12.18 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート試験
坂 助手 78.2-56.5-37.0-17.8 馬なり
松田調教師「僚馬2頭とゲート試験を受験して合格しました。発馬してからも12.6-13.0のラップで走ることができていましたし、中々の内容でしたね。まもなく明け3歳になってしまいますし、馬体をチェックして異常がなければこのままデビューに向けて進めて行く予定です」

2019.12.12 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 85.6-63.1-40.4-20.0 馬なり
松田調教師「今日はゲート練習はしないつもりでしたが、へこたれている様子もないので予定を変更して発馬練習を行いました。昨日よりゲートの出は良くなっていました。来週中にゲート試験を受けられるように進めて行きます」

2019.12.11 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 79.1-57.4-37.4-17.6 馬なり
松田調教師「今朝は消音ゲートから出した後、音ありのゲートからも出してみました。引き続き入りと駐立はおとなしいですし、あとは発馬の練習だけですね。今日の感じならもう少し練習したら試験を受けることができそうです」

2019.12.05 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
松田調教師「今朝も手開けで出してから消音ゲートでの発馬練習を行いました。今日は3頭で行ったこともあり、だいぶ発馬のほうは良化してきました。まだ運動中先頭で歩くことができないので、慣らしながら進めて行きます」

2019.12.04 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート
助手「今朝も引きつづきゲート練習を行っています。消音ゲートからの発馬練習でしたが、まだ2回目だったので馬も理解していない様子で、促さないと出ていきませんでした。入りと駐立に関しては問題ありませんが、発馬に関してはまだまだ練習が必要です」

2019.11.28 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.4-49.2-31.7-15.1 馬なり
松田調教師「坂路の時計が予定より速くなってしまったので、今朝は無理はさせずゲート練習は行いませんでした。明日は発馬までやるつもりです。馬に合わせて焦らずやっていきます」

2019.11.27 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート→Eコース
松田調教師「今朝は坂路を上がってからゲートで駐立確認を行いました。まだトモが緩い感じがしますが、落ち着いて練習できていますし、ここまでは順調ですね。明日は発馬練習を行う予定です」

2019.11.22 : 栗東:松田国英厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路→ゲート→Eコース
助手「今朝は坂路を上がってからゲートの後ろ出しでの駐立確認、そのあとEコースを半周して馬場見せを行いました。調教中はおとなしかったですが、上がってきてから洗い場で牡馬相手に少し馬っ気を見せていました。昨日から見ている限り、基本的には性格のいい馬だと思います。飼い葉もよく食べています」

2019.11.21 : 栗東:松田国英厩舎
本日、栗東トレセン・松田厩舎に入厩しました。

2019.11.20 : グリーンウッド→松田国英厩舎
土曜日に入厩の予定でしたが、入れ替える馬の放牧先の馬房が一杯だったため、明日入厩の予定に変更となりました。

2019.11.15 : グリーンウッドトレーニング→松田厩舎
馬体重518キロ。
予定どおり今週火曜日に1本目の15-15を消化しました。まだ乗り込み量が十分ではないせいか息づかいに荒さはありますが、乗り手の指示には従順で手前の替え方もスムーズです。ゲート練習も順調にこなしていて入りや駐立などもまったく問題ありません。入場後は休まず乗り込んで態勢はほぼ整ったため、あす(土)の検疫で栗東・松田厩舎に入厩することになりました。

2019.11.08 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター3000m、坂路1本。馬体重520キロ。
引き続き周回コースと坂路を併用して調整を進めていて予定どおり今週から運動量を増やしました。ふだんからおっとりしていますが、まだ体をもてあましていることもあり、少し重たく感じます。現在坂路ではF17秒ほどのペースで乗っていますが、来週火曜日に1本目の15-15を消化する予定、入厩に向けてゲート練習も重ねていくことにしています。

2019.11.01 : グリーンウッドトレーニング
周回キャンター1500m、坂路1本。馬体重519キロ。
今週水曜日に乗り出し、現在は周回コースと坂路で調整しています。まだ時計は出していませんが、体つきの割に重苦しさはなく、俊敏な動きを見せています。入厩に備えて来週から周回数を増やすなどさらに負荷をかけていくことにしています。

2019.10.28 : グリーンウッドトレーニング
予定通り昨日グリーンウッドに到着。輸送によるダメージは確認されませんでしたので、明日からトレッドミルでの運動を開始。問題なければ明後日より乗り出しを開始する予定となっています。

2019.10.25 : 山元トレーニングセンター→グリーンウッドトレーニング
担当スタッフ「グリーンウッドへ向けて明日こちらを出発します。この中間は周回コースからの坂路で17-18くらいのところを消化。明日から15-15に移行という予定だったのですが、移動が決まりましたので、明日はトレッドミルで動かす程度にとどめて送り出そうと思います。馬体重は513キロ。動き自体は悪くないのですが、馬体は立派すぎる感じで、まだまだ体も脚元も水っぽいですね。とりあえず関西への長距離輸送で絞れたらいいかもしれません。こちらでは一度ゲート確認の意味で通してみましたが、変な癖やバタバタするようなところもなくスムーズでした。脚元や体調面に関しての不安はありませんので、無事に輸送をクリアしてもらって、またあちらで元気に入厩準備を進めてもらえればと思います」

2019.10.17 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「今朝こちらに到着しました。馬体重は506キロで、馬体などに輸送によるダメージは見られませんでした。輸送熱もなく疲れなど体調面も問題はなさそうなので、さっそく明日から跨っていこうと思っています。どのタイミングで関西圏へ運ぶことになるか分かりませんが、移動も頭に入れながら進められるところはしっかり進めていきたいですね」

2019.10.15 : 社台ファーム→山元トレーニングセンター
10月16日(水)山元トレーニングセンターに向けて出発します。
12日に坂路で3F13.0-12.5-12.1の加速ラップを刻みました。パワフルな動きで気持ちの面でも前向きになっています。まだ伸びしろはあると見ていますが、こちらでは十分乗り込みました。あとは山元での状態を見て今後のスケジュールが決まると思います。

2019.09.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重514キロ。
この中間は3F14.0-13.9-13.9の時計を計時しました。コンスタントに乗り込みを重ねて気合乗りが良化してきました。積極性が出てきたのは何よりだと思います。まだ伸びしろの見込める状況なので、さらに強めのラップを課して仕上げに向かいます。

2019.09.13 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重510キロ。
砂のぼりの影響は少なく、今月に入ってから坂路で15-15、15-14といったところを再開しています。まだ体を使いきれていない感じはしますが、休み明けということもあるでしょうし、こちらも乗りながら伸縮を利かせた動きができるよう気をつけていきます。しっかり動き切れれば切れのある動きができそうですよ。馬体の幅、張りは良好で体調面に不安はなさそうです。

2019.08.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重500キロ。
この中間は坂路で3F13.6-13.1-12.8の好時計をマークして好調をアピールしてくれたのですが、その後、右前蹄に砂のぼりを発症したので騎乗を控えて治療を優先しました。すぐに排膿できたので大きなビハインドにはならず、今週に入って騎乗調教を再開したところです。そう緩めていないので、すぐに元のペースに戻れると思います。

2019.08.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重495キロ。
週4回の坂路メニューでしっかり乗り込んでいて、そのうち3回は2本乗りと負荷も十分。6日に3F14.3-14.3-14.8、10日に15.0-14.4-15.0を消化しています。これだけやっても疲れも見せず以前のひ弱さはなりを潜めています。強いて言えば速めに行った時にもう少し沈み込む感じが欲しいところ。時計ほどグッとくる感じがないという乗り役の話があります。まだギアを隠しているようなので、今後はそこを引き出していければと思います。

2019.07.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重496キロ。
この中間も坂路主体に順調で、3F13.3-13.8-13.9とオール13秒台も計時、別の日には15.3-14.8-15.3と十分な負荷をかけています。当初の精神的な弱さも鳴りをひそめていますし、時計的にも十分なのですが、もう少しハミをしっかりくわえ込んで体も沈んでくれば尚良しといったところ。まだ緩さも感じるので、この後もしっかり鍛えていきます。

2019.07.16 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
6日に坂路の2本目に15.5-14.8-14.8、9日に14.6-15.5。時計的には動けていますし、以前に比べると全体にしっかりしてきたことは確かです。ただ、まだ動き切れていないというか、もっと動けるという感触もあります。もっと良くなるはずですよ。調教師から山元トレセンに移動させる意向もあったのですが、現状を報告してもう少しこちらで鍛錬を重ねていくことになりました。

2019.06.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重487キロ。
この中間も下痢の症状も見られずコンスタントに時計を出しています。坂路で3F14.0-13.9-15.0、3F15.5-14.4-14.9の2回強めを消化しましたが、乗り込みに比例して徐々に反応にシャープさが出てきました。馬体の張り艶、筋肉の張り出しなどにも良化がうかがえます。

2019.06.14 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重492キロ。
この中間も坂路主体に順調です。6月4日に15.4-15.3-15.0、8日15.4-15.4-15.6、11日に15.1-14.2-15.1とコンスタントに時計も出せています。これだけやっても下痢の症状は見せていませんし、内面からしっかりしてきた印象を抱いています。体重に変動はなくても、アウトラインに締まりが出て見栄えも良化。それでもまだ変わってくるはずです。筋肉の張り出しをもっと出していきたいと思います。

2019.05.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重488キロ。
この中間は下痢の症状も見せず順調。先週は2F15.8-15.3を3頭併せの中に入れて、今週は3F14.3-14.0-14.7を消化しているように、ここにきて再び軌道に乗ってきた感すらあります。動きも力強く活気がありますし、気性も男馬らしい煩い面が出てきました。集中力に課題のあった馬ですが、併せの中に入れるなどして、集中を持続させるシフトを汲んでいきます。

2019.05.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
週3回の坂路主体に順調に乗り込んでいます。順調ではありますが、強めにいくと下痢をすることがあるので、状態に合わせてメニューを組んでいます。先週は坂路のペースを16-16程度のラップにとどめていましたが、おとといは坂路で2F15.3-14.7を計時しました。馬体もずいぶん締まりが出て、動きも素軽さを増しています。定期的に強めを課すのはもう少し内面を強化してからの予定ですが、おおむね順調にきています。

2019.04.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重492キロ。
ここにきて心身の成長が見られ調教進度も上がってきています。坂路では直近2F15.3-14.8を計時しました。見た目にはそんなに速く見えないのに時計が出ているというのは悪いことではないですね。そういうタイプなのでスピードタイプというよりはパワー優位で距離の融通も利きそうだと思っています。早い組でしっかり乗っている割に体つきが変わってこないので、引き続きどんどん動かしていきます。脚元は丈夫なので、その点は調教を進める上で頼もしい限りです。

2019.04.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重489キロ。
前回お伝えした下痢については一過性のもので心配ありません。その後も通常メニューで順調に乗っています。この中間は坂路でラスト2F15.6-13.3をマーク。思いのほか動きます。速いところにいってよいタイプかもしれません。それでもまだ促されつつという感じがあるので、前進気勢が出てくれば尚いいですね。まだ体つきも丸く、伸びしろも大きいと思いますし、これからの馬ですよ。今はしっかり乗り込みを重ねていくことが大切だと思います。

2019.03.29 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重485キロ。
中間下痢の症状があり、ケアを優先してペースを落としました。それ自体はすぐに回復して今は通常メニューに戻していますが、まだ馬格に見合った内面が伴っていないのかもしれません。体型を見てもトモが高く、これからの成長待ちという感じもあります。それでも今日の稽古では、半マイルから16.0-13.7-14.3-15.6で動けたので、やはりいいものは持っていますよ。終いにかけてラップが落ちているのは、最後は流しているためで、脚色が一杯ということではありません。このメニューだと、たいがいの馬はラスト16秒、17秒かかるものなので、現状でこれだけ動けたのは立派です。

2019.03.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重500キロ。
坂路と周回、トレッドミルを交えてしっかり乗り込んでいます。乳酸値も通常値で目立った疲労感も見られません。こちらが促さないと積極的に動かない面は残りますが、馬体はトモ幅が増すなど着実に成長していますし、動きも力強くなっています。気持ちの面が大きいと思うので、併せ馬なども積極的に消化しながら、前進気勢を出していければと思います。

2019.02.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重493キロ。
週3回の坂路を主体に順調に進めています。合間の周回キャンターではフォームの確認なども行っています。まだ全体に緩さはありますが、早い組のメニューで進めることができているので、これから徐々に変わってくると思います。気持ちの面でもまだおっとりした面はありますが、促すと徐々にノッてくる感じですね。自らハミをとってガツンと動けるようにどんどん促していきたいです。体調面に不安なく順調に乗れているので、ここからの変わり身に期待しています。

2019.02.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重490キロ。
週3回坂路でF18-17秒、うち1回は2本乗りを設け、それ以外は周回ウッドキャンター、トレッドミルキャンターの調整です。2本登坂を開始してから、動きが良化してきました。ピリッとした面が出て前向きさがアップしています。普段は大人しいのですが、騎乗して変わるのは悪くないですよ。早い組のメニューで進められているように軌道に乗ってきましたが、馬体はまだ丸みがあって絞れる余地があるので、しっかり動かして絞り込んでいきたいです。

2019.01.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重481キロ。
週3回坂路で3FからF18秒のメニューを主体にコースやトレッドミルを織り交ぜて乗っています。まだ背腰の緩さはありますが、以前よりも全体に筋力増強できている感触はあります。それに伴い前進気勢も出てきているので、走りにも力強さを感じるようになってきました。馬体面も徐々にメリハリが利いてきましたし、ここにきてよい変わり身を見せてくれています。

2019.01.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重485キロ。
週3回坂路をF18秒、週2回周回ウッドをキャンター2000m、週1回トレッドミルキャンターのメニューで調整しています。まだ背腰に緩さはありますが、スピードに乗ればラストまで余力を持って動けるようになりました。気の入りなども走路入り当時に比べるとずいぶん良化してきましたし、引き続き前進気勢を働かせるようにしっかり動かしていきます。

2018.12.25 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重470キロ。
周回ウッドでキャンター調整を開始してからは休まず乗り込んでいます。乗り込みに比例して少しずつ気合乗りが良くなってきましたし、競走馬としての自覚も出てきたようですね。動きも機敏さが出てきました。馬体も引き締まって、伸び、張りなどが先月から大きく良化。まだ体力面はこれからという感じですが、それは今後の乗り込みで解消してくるでしょう。体調に不安はないので、しっかり鍛錬していきます。

2018.11.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重469キロ。
周回ウッドコースでキャンター調教を開始しています。まだ気合不足で周囲の馬について走っているような状況ですが、これは調教を重ねて競走馬としての自覚が出てくれば自ずと改善してくるでしょう。こちらも前進気勢を出させるように意識して動かしていきます。まだ緩さはありますが、身のこなしや動きに柔軟性が出てきたのは成長ですし、これから調教負荷に比例して大きく変わってきそうな馬だと思っています。

2018.10.31 : 社台ファーム
馬体重463キロ。
順調に駆け足訓練を行っていましたが、先日右前に挫石の症状が見られたので、現在は騎乗運動を控えマシン60分で治療を優先しています。排膿すれば問題ないので、処置次第、騎乗再開の予定です。駆け足訓練では騎乗者の指示に従順かつスムーズに動けていたので、再開すれば元のメニューに戻るのも早いと思います。馬体もメリハリの利いた見栄えのある体躯に変貌しています。

2018.09.28 : 社台ファーム
馬体重458キロ。
9月14日に社台ファームに移動しています。夜間放牧を行いながら日中に初期馴致を行っています。主にサイドレーンを装着してマシン運動を行っています。気性が落ち着いているのでここまでの調整は順調。移動や馴致を経ても体がしっかり増えているように精神的にもしっかりしていそうです。全体に肉付きの良い馬ですが、特に胸とトモの筋肉が柔らかそうで好感が持てますね。背腰のラインも理想的。強制運動を課しながら背腰の筋力を強化させていきたいです。

2018.08.31 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重440キロ。
夜間放牧と日中の乗り慣らし訓練を行っています。背馴らし訓練は覚えが早く、順調にクリアしました。馬体の成長も顕著でボリュームのある逞しい馬体は柔らかみもあります。欧州血統特有の重苦しさは感じさせません。体を上手に使ってスムーズに動けているので、馬場でどのような動きを見せるか楽しみです。

2018.07.31 : 社台ブルーグラスファーム

このページのトップへ