近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドシノン牝3歳 中川公成厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.07.03 : ミホ分場→ノーザンファーム空港
今日か明日、ノーザンファーム空港に向けて出発します。

2020.07.01 : ミホ分場
関係者間で協議した結果、患部を手術した上で現役を続行することになりました。全治半年との診断ですが歩様には目立った異常がなく、程度としては軽度であること、前走でようやく良化の兆しを見せ始め、血統的な背景からもまだ奥があると考えられることからの判断となりました。しっかり患部を治し、体質面の強化を図った上で改めてチャレンジさせていただきます。馬運車の手配が整い次第、ノーザンファーム空港に移動し、社台クリニックで手術を行う予定です。

中川調教師「デビュー前から期待していた馬ですし、前走でようやく形になってこれからと思っていたので、ありがたくやらせていただきます。楽な戦いは望めないかもしれませんが、降級制度が廃止されて未勝利馬でも1勝クラスに出られる可能性が高くなっていますし、力さえあれば通用します。まだ出し尽くしたとは思っていませんし、血統的にも期待している馬なので、何とか結果を出せるように最善を尽くします。会員様にはしばらくお待たせしますが、どうぞよろしくお願いします」

2020.06.25 : 美浦:中川公成厩舎→ミホ分場
舎飼。
中川調教師「引き続き舎飼で様子を見ています。歩様は大丈夫ですし、両膝患部の熱感も昨日より落ち着いていますね。体調自体は悪くなさそうです。もう少し経過を見た上で、今後どうするか決めさせてもらえればと思います」
※明日ミホ分場に移動します。

2020.06.24 : 美浦:中川公成厩舎
舎飼。
中川調教師「今朝の馬体チェックの際に両前膝に熱感と浮腫みが見られたので、獣医を呼んでレントゲン検査を受けたところ、両前膝上の内側部分に骨折が判明しました。歩様は問題ありませんし、程度としては軽いものですが、両脚ということで全治は半年とのこと。元々脚元が丈夫な方ではなかったのでケアしながら進めてきたのですが、この様なことになってしまい申し訳ありません。今後については関係者間で協議して決めたいと思います」

2020.06.21 : 6月21日レース後コメント(6着)
中川調教師「スタートが決まればスピードを生かして前で運ぶ形を取れればとジョッキーとも相談していたのですが、ゲートの出は良かったんですけど芝コースでダッシュがつかず、予定より後ろの位置になってしまいました。それでも前半はリズム良く走れていて、仕掛けどころでもスッと上がっていけましたね。ただ、前走同様に手前を替えてからは内にモタれていましたし、その影響でスムーズに加速できなかったのが痛かったです。石川騎手は『最初のポジションが後ろになってしまったのは想定外でしたが、そこからはちゃんとリカバリーして走れていました。直線ではこの前のように右手前に変えるとトモの入りが弱くなってしまって苦しそうに走っていました。距離はこれくらいまでは対応できるので、もう少しトモに力が付いてきて欲しいですね。馬の調子は前走よりも良かったですよ』と話していました。最低限ここは権利は取りたかったのですが…すみません。この後は節ですぐに使うのは厳しいと思いますので、一度放牧に出すことにします」

2020.06.18 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを曳き運動。
中川調教師「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。運動中の歩様は問題ありませんし、脚元も落ち着いています。飼葉もしっかり食べています。今週もD1400mは節で使えそうにないですし、来週まで待っても使える保証もないので日曜日の1600mに回ろうと思います。距離は少し延びますが、対応は出来ると思います。想定上では出走できそうなので、他のレースから回って来て除外されないことを願いたいですね。乗り役は石川騎手にお願いしました」

2020.06.17 : 美浦:中川公成厩舎
Aコースを半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 68.2-52.7-39.0-13.1 仕掛け
内レッドパラス馬なりに5F1.8秒先行1F併せ0.4秒遅れ
中パシフィスタ馬なりに5F0.6秒先行1F併せ0.4秒遅れ

中川調教師「ウッドコースで3頭併せの先頭で追い切っています。今週も節の関係でレースに使えるか分からないので息を整える程度にしておきました。それでも、動きはスムーズですし、最後は後ろを走っていたパラスら2頭に抜かれましたが、変にムキになったりせず自然体で走れていました。追えばまだ動けそうでしたよ。上がりの息や歩様は良く、使える状態にはあるので、想定を見ながら使えるレースを探したいと思います」

2020.06.11 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを曳き運動。
中川調教師「昨日追い切ったので厩舎周りを曳き運動で調整しています。追い切り後も飼葉を完食しているように体調に不安はありませんし、今日の運動中も多少煩いところは見せていましたが、脚取りはスムーズでした。右前膝も日々ケアしていますので大丈夫ですよ。想定を見たところ、日曜の東京D1600m(牝)ならギリギリ入るかもしれませんが、他のレースから回ってこると除外になりますし、出来る事ならもう一度D1400mをもう一度使いたいと考えているので、今週は投票せず、来週に向けてしっかり調整していければと思います」

2020.06.10 : 美浦:中川公成厩舎
Aコースを半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 68.7-53.7-39.8-12.8 馬なり

中川調教師「今日はウッドコースを単走で追い切っています。節でレースを使えるかどうか分からないので無理のない程度にやりましたが、直線は促せばスッと動けそうでしたし、馬なりでも反応は良かったと思います。追い切り後の歩様もスムーズですし、脚元や爪の状態も変わりません。午後も入念にケアに努めます。想定を見てシノンの条件に合った使えそうな番組があれば投票しようと思います」

2020.06.04 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にBコースを1周。
中川調教師「昨日に続き坂路とBコースを軽めに乗っています。右前膝は小康状態ですが、稽古ではバランス良く走れていますし、違和感はないですよ。想定を見る限り、短い距離のレースでは節で使うのは厳しいと思いますが、来週から函館が始まればその辺りも少しは緩和してくると思いますし、来週以後の出走を考えてこのまま在厩で進めていきます」

2020.06.03 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にBコースを1周。
中川調教師「坂路を1本乗ってからBコースで軽めに乗っています。まだ右前膝の熱感はありますが、稽古中はスムーズな脚取りで動けていますし、気合いはしっかり乗っています。状態を見ながら今後のレースを考えます」

2020.05.28 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場で運動。
中川調教師「昨日に続き角馬場で軽めに乗っています。今日も歩様はスムーズでしたし、気も乗っているので大きくガタっと来た感じはないですよ。右前膝に熱感はありますが、ケアしていけば問題ない程度なので、在厩して乗り進めながら使えるレースを探していきたいと思います」

2020.05.27 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場で運動。
中川調教師「レース後、以前骨折した右前膝に熱感が見られたので、昨日レントゲン検査を行いました。幸い骨には異常はなかったですが、少し骨膜が出ている状態なので入念にケアしています。今日は角馬場で歩様の確認程度に乗りましたが、気が張っていたこともあって歩様は大丈夫そうでしたよ。今のところ続戦のつもりなので、しっかり状態を整えていきたいと思います」

2020.05.24 : 5月24日レース後コメント(11着)
中川調教師「スタートは悪くないのですが、二の脚がそこまで付かず、思っていたよりもポジションは後ろ目になってしまいましたね。コーナーワークや直線でもスムーズさを欠いてしまいましたし、最後もダラーっと走ってくる感じになってしまいました。騎乗してくれた石川騎手は『左手前の時は走りも良いのですが、右手前になってからはトモがバラバラになってしまい、すんなり加速できなくて直線でもフォームを崩しながら走っていました。距離はこれくらいが合っていますが、左右のバランスがもう少し良くなってくれば走りはもっと良くなると思います』と話していました。次開催は函館が始まるまで2場開催となるので、続けて使うには最低でも権利を取りたかったのですが…申し訳ありません。脚元や爪のこともありますので、まずはしっかりケアして様子を見ながら今後のプランを決めたいと思います」

2020.05.21 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。元気はありますが、テンションがそこまで高いというわけではありませんし、歩様もしっかりしています。爪や脚元も入念にケアしていますし、追い切った後も体調に不安もなく順調ですよ。良い状態に仕上がったと思いますし、ワンターンの今回のコースは合うと思うので、何とか結果を出したいですね」

2020.05.20 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
ウッド 69.6-54.0-39.9-13.0 強め
外スピードオブラブ馬なりを5F0.7秒追走1F併せ0.2秒遅れ

中川調教師「シノンが追走して追い切りました。石川騎手とタイミングが合わなかったので、助手を背にやっています。気持ちが先走ることもなく、動きも追い切るごとに素軽くなってきた印象です。モタれる面も見せていなかかったですし、直線も余力残しで動けていました。稽古後の息の戻りも早かったです。態勢が整ったので、予定通り今週の東京を石川騎手で使います。距離を短縮するので、この馬のスピードを生かした競馬ができればと思います」

2020.05.14 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場運動後、ウッドコースで追い切り
ウッド 67.7-53.4-40.7-13.0 強め
内アッタヴァンティ馬なりに5F0.8秒先行1F併せ併入

中川調教師「シノンが先行する形で追い切りました。力むこともなく、終始自然体で走れていました。最後まで持ったままの手応えで左右にモタれることもなかったですし、やればまだまだ動けそうでした。先週より息遣いも良化していますし、体調も上がってきていると思いますよ。レースの鞍上は石川騎手にお願いしました。タイミングが合えば、来週の追い切りに乗ってもらうつもりです」

2020.05.13 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路2本。
中川調教師「今日は坂路2本のメニューです。稽古中も気持ちをしっかりセーブ出来ていますし、体調面も安定していますね。だいぶ気温が暑くなってきましたが、毛ヅヤがキレイで飼葉も毎日完食しているように、バテた様子もなく体調も良さそうです。明日はウッドコース追い切る予定です」

2020.05.07 : 美浦:中川公成厩舎
Aコースを半周後、ウッドコースで追い切り
ウッド 70.6-55.3-40.3-13.3 馬なり
外ストームウォリアー仕掛けを5F0.4秒追走1F併せ併入

中川調教師「ウッドコースでシノンが追走する形で追い切りました。テンからリラックスして入る事が出来ましたし、道中も周りを意識することなく自分のリズムで走れていました。3、4コーナーでも乗り手の指示にすぐに反応してスッと並び掛けてくれましたし、最後まで楽な手応えで併入の形に持っていけました。騎乗してくれた宮崎騎手は『良いバランスで動けていましたし、左右にモタれる感じもなかったです。ただ、最後まで馬なりでしたが、まだ息遣いは荒く感じたので、その辺りは追い切りを重ねて良化して欲しいと思います』と話していました。今のところ5月24日の東京1R(牝/D1400m)を目標に進めていきます」

2020.05.06 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にAコースを1周。
5/3(日)坂路 53.9-39.5-26.2-13.5 馬なり
中川調教師「日曜日に坂路で追い切ってみましたが、バランス良く走れていましたし、素軽い動きが目立っていました。今日は坂路とAコースで軽めに乗っていますが、動きに力みもなく、気も程よく入っています。この中間は左前の爪が擦り減ってしまい、釘を打てる状態ではないので、左前だけ接着装蹄にしています。それでも歩様は問題ないですし、騎乗運動でもスムーズなので、このまま進めていきたいと思います。明日追い切りをかける予定です」

2020.05.01 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にAコース1周。
中川調教師「昨日帰厩させました。今日は運動初日なので坂路1本とAコースで軽めに乗っています。煩い面もそこまで見せず落ち着いて走れていましたし、フットワークも軽快でした。爪や脚元も問題ありません。今週末から脚慣らし程度の追い切りを始めていき、来週から本格的に時計を出していきたいと思います。牧場でも入念に乗り込んでもらっていましたし、仕上がりも早そうなので、2回東京開催の後半辺りを目標にやらせてもらいます」

2020.04.30 : 美浦:中川公成厩舎
本日、美浦トレセンに移動しました。

2020.04.29 : ノーザンファーム天栄→中川厩舎
4月30日(木)美浦トレセンに移動します。

2020.04.24 : ノーザンファーム天栄
518キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。先週から大きく変わったところはありませんが、動きや息遣いには安定感がありますし、体調も上がってきています。脚元や爪の方も悪化している感じはありません。帰厩のプランは決まっていませんが、ここまでは良い流れで来ています」

2020.04.17 : ノーザンファーム天栄
509キロ。
担当スタッフ「今週も坂路にて14-13のペースで乗っています。このペースにも慣れてきて抑え切れない手応えでグイグイ進んでいきますよ。活気があって雰囲気も良いですね。脚元や爪の状態は変わりないですし、そろそろ帰厩の声が掛かっても良いと思うので、この調子で進めさせてもらいます」

2020.04.10 : ノーザンファーム天栄
503キロ。
担当スタッフ「今週も坂路にて14-13のペースで乗っています。このペースでも動きはしっかりしていますし、最後まで余裕を持って動けています。息遣いも良化しています。乗り込みながらも脚元や爪の状態は変わりませんし、この調子で進めていきたいと思います」

2020.04.03 : ノーザンファーム天栄
505キロ。
担当スタッフ「今週は坂路で14-13のペースで乗っています。終いのペースを上げてみましたが、軽快なフットワークで駆け上がって来ますし、息遣いも良化していますね。背中の感触もしっかりしていて、爪の状態も大丈夫です。まだ具体的な帰厩のプランはありませんが、態勢も徐々に整いつつありますよ」

2020.03.27 : ノーザンファーム天栄
503キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-14を乗っています。背腰の感じもしっかりしていますし、フットワークも良好。脚元や爪の状態も変わらず落ち着いています。飼い食いも安定していますし、調整はしやすいですね。この後もしっかり乗り込んでいきますよ」

2020.03.20 : ノーザンファーム天栄
500キロ。
担当スタッフ「先週の木曜日に入場しました。先週までマシン運動で様子を見ましたが、特に大きなダメージも無く飼葉もしっかり食べてくれているので、今週から坂路で乗り出しています。昨日は14-14のペースで動かしてみましたが、走りもしっかりしていて、気持ちもちゃんと入っていますよ。立ち上げてからは今のところ順調だと思います」

2020.03.12 : 中川厩舎→ノーザンファーム天栄
本日、ノーザンファーム天栄に移動。
中川調教師「昨日に続いて曳き運動で調整していますが、トモの入りは昨日より良くなっていて全体の歩様もスムーズになってきました。まだ体重は計っていませんが、飼い食いも良いので体も戻せていると思います。検疫が取れたので、今日ノーザンファーム天栄に移動させますが、次走は春の東京開催を考えているので、状態次第ではすぐに立ち上げてもらおうと思います」

2020.03.11 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを曳き運動。
中川調教師「使った後なので厩舎周りの曳き運動で調整しています。歩かせてみると左トモに疲れが若干見られますが、硬さはそこまで無いですし、今のところ大きくガタっときた感じはありません。飼葉の食いもしっかりしています。ただ、一度心身ともにリフレッシュさせてあげたいので、検疫が取れ次第放牧に出す予定でいます」

2020.03.07 : 3月7日レース後コメント(8着)
中川調教師「スタートが決まったので内枠を生かして競馬ができればと思いましたが、縦長で馬群がバラける形になり、外に壁を作ることもできず、終始左に張っていました。三浦騎手は『追い切りの時と同じでずっと左に張りながら走っていたのでかなり距離のロスもありましたし、溜めをつくれなかったので、勝負どころではすでに手応えが無かったです。距離的にもワンターンの1400mくらいが合っていると思います』と話していました。上がりの歩様などは問題なかったので、まずは馬体のメンテナンスを入念に行います。この後は次の東京開催で使いたいので、一息入れる方向で考えています。良い結果を出すことができず申し訳ありませんでした」

2020.03.05 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。運動中も終始大人しかったですね。追い切った後ですが、疲労で大人しいわけではなく、自分のリズムで歩けていたのだと思います。飼葉の食いは落ちていませんし、馬体重も496kgと維持できています。新馬戦なのでやってみないと分からない面はありますが、稽古で動ける馬ですし、良い状態なので期待しています」

2020.03.04 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
シノン      53.4-39.0-25.5-12.8 馬なり
バーンパッション 52.5-38.5-25.1-12.7 仕掛け

助手「坂路でシノンが先行する形で追い切っています。下ろしがけからスムーズでしたし、道中の我慢もきていて仕掛け処での反応も早く、最後まで脚色が鈍ることはなかったです。良いスピードを見せてくれました。今日は左側に併せる馬がいたので、左にモタれる感じはなかったですが、トモがまだしっかり入って来ない面は残っています。それでも終いの加速も十分でしたし、息も出来上がっているので走れる態勢にありますね。レースまでしっかりコンディションを整えていきたいと思います」
中川調教師「今日は左に馬がいたことで、それを壁にして最後までスムーズに動けていたと思います。レースでも内枠を引いて今日のような形で運ぶのが理想ですね。しっかり仕上がったので、予定通り今週の土曜の中山4R(D1800m)に三浦騎手で向かいます」

2020.02.27 : 美浦:中川公成厩舎
厩舎周りを乗り運動。
助手「今日は厩舎周りの乗り運動で調整しました。追い切った後も疲れは見せていませんし、寒い中でも体は硬くはなっていませんよ。脚元にも違和感はありません。飼葉もしっかり食べていて覇気もありますね。来週デビューになりますが、順調に態勢も整ってきています。今週の馬体重は494kgでした」

2020.02.26 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
シノン     54.2-39.0-25.0-12.5 馬なり
クレインギフト 54.6-39.4-25.3-12.6 馬なり

三浦騎手「レースで乗せて頂くことになったので、追い切りで感触を確かめさせてもらいました。角馬場では入りのダクから走りの感じが良かったですし、良い雰囲気を感じました。坂路は追走しましたが、下ろしがけからスムーズで背中の感じも良い馬だと感じましたね。終いで左手前に替える時、左に張りながら走る感じはありましたが、口向きが悪いとかではなく、まだトモがしっかりしていない分だと思います。助手さんから、『まだ前とトモがリンクしていない』と聞いていた通り、今はまだ力が付き切っていないのでしょう。それでも気の良い馬のようで、最後まで集中を切らさず走れていましたし、やればまだまだ動けそうでしたよ。息遣いも悪くなかったですし、追い切りを重ねて順当に良化しているなと感じました」
中川調教師「レースの鞍上は三浦騎手にお願いしたので、追い切りから乗ってもらいました。最後まで無理なく動けていましたし、少し左にモタれるところはあるものの、走りにはそこまで影響はないと思います。ここまで良いリズムで調整できているので、今週末、来週と追い切れば良い状態に仕上がりそうですよ」

2020.02.20 : 美浦:中川公成厩舎
角馬場運動後、坂路にて併せ馬で追い切り
シノン     55.3-40.6-26.9-13.4 馬なり
クレインギフト 54.7-39.4-25.9-13.1 馬なり

助手「角馬場で体をほぐしてから、坂路にてシノンが先行する併せ馬で追い切りました。まだ前脚とトモがリンクしいないところはありますが、日曜日よりペースが速かったのがむしろ走りやすかったのか、体の使い方はしっかりしてきたように思います。相手は稽古駆けする馬でしたが、こちらも最後まで馬なりの手応えでしたし、追えばもっと伸びてくれそうでしたよ。息遣いも悪くありませんし、上がりの歩様も大丈夫でした。脚元も今のところ不安なく調整ができていますし、飼い食いも良いので、デビューに向けてこのまま進めていければと思います。今週の馬体重は500kgでした」
中川調教師「3F40秒くらいのところを予定していたので、時計的にもちょうど良かったし、最後まで無理していませんが素軽い動きができていたと思いますよ。これから追い切りを重ね、順調なら3月7日の中山4R(D1800m)で使う予定です」

2020.02.19 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にAコースを1周。
中川調教師「日曜日に坂路で15-15くらいを乗ってみたのですが、前脚とトモが上手く連動せず、フォームがぎこちない感じでした。それでも背中の感触や息の入りは良かったと思います。今日は坂路とAコースで軽めに乗っていますが、1頭でも周りを気にする素振りは見せなかったです。明日、1本目の追い切りをやってみて、どれだけ動けるのか確かめたいと思います」

2020.02.14 : 美浦:中川厩舎
504キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13を消化しました。相変わらずバランスの良い走りができていますし、前進気勢もありますね。息遣いも大丈夫ですし、納得のいく状態に整ったので、今日帰厩することになりました。爪が小さく脚元も丈夫なタイプとは言えませんが、間違いなく能力はあるので、デビュー戦を楽しみにしています」

2020.02.13 : ノーザンファーム天栄
明日、美浦トレセンに移動します。

2020.02.07 : ノーザンファーム天栄
508キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13を消化しています。このペースでも安定して動けていますし、息遣いも良化しています。脚元も良い意味で変わりませんし、馬体のメンテナンスも入念に行っているので不安なく乗り込めていますよ。今週の帰厩予定はありませんが、近々トレセンに移動することになると思います」

2020.01.31 : ノーザンファーム天栄
510キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。乗り込みながらも脚元に違和感は出ていませんし、坂路でのフットワークもしっかりしていますね。軽快さも目立っています。飼葉の食いも安定していますし、調子の良さがうかがえます。早ければ来週にも帰厩のプランがあるので、引き続きしっかり乗り込んでいきたいと思います」

2020.01.24 : ノーザンファーム天栄
513キロ。
担当スタッフ「今週も坂路で14-13のペースで乗っています。引き続き余裕を持って動けていますし、体の使い方が上手な馬ですね。脚元もケアしながら進めていますし、違和感等もなく進められています。ここまでは不安なく乗り込めていますし、そろそろ先生と相談して帰厩のメドも立てていきたいと思います」

2020.01.17 : ノーザンファーム天栄
513キロ。
担当スタッフ「先週末から坂路に入れて14-14のペースで乗ってみましたが、緩めた割には動きも良かったので、今週はさらに上げて14-13を消化。このペースでも楽に動けていますし、右前膝も良い意味で変わりなく来ています。背中の感触は相変わらず良く、力はある馬だと思います。この調子で乗り込んでいきます」

2020.01.10 : ノーザンファーム天栄
518キロ。
担当スタッフ「年末に右前膝に浮腫みと熱感が見られたので、1週間はマシン運動とトレッドミルの調整に控えましたが、年明けには患部も落ち着いて、現在は周回コースで軽めに乗っています。動きは問題ありませんし、稽古後も脚元は大丈夫そうですね。今週末に坂路に入れて14-14のペースで乗る予定です」

2019.12.27 : ノーザンファーム天栄
512キロ。
担当スタッフ「今週も坂路にて14-14のペースで乗っています。しっかり坂路で負荷をかけていますが、バランスの良いフットワークで動けていますし、稽古を重ねながらもこの馬なりに飼い葉も食べていて、好馬体を維持することができていますよ。脚元も今のところ大丈夫ですので、帰厩に向けてこの調子で乗り込んでいきたいと思います」

2019.12.20 : ノーザンファーム天栄
510キロ。
担当スタッフ「先週の木曜日に入場しました。週末まではマシン運動で楽をさせて、今週から坂路に入れています。火曜日には14-14のペースで乗ってみましたが、力強いフットワークで走れていましたし、背中の感触が良いですね。追い切った後も息の入りが早いし、能力のありそうな馬です。この中間に右前膝のレントゲン検査を受けましたが、骨に異常はなかったので、このまま進めていきたいと思います」

2019.12.12 : 中川厩舎→ノーザンファーム天栄
本日、ノーザンファーム天栄に移動。
中川調教師「ここまで乗り込んで来ましたが、調子落ちはありませんし、飼葉も食べていますね。脚元の方も落ち着いています。それでもデビューは来年2月の東京開催を予定しているので、一旦天栄に出して、レースに向けて乗り込んでもらおうと思います」

2019.12.11 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にAコースを1周
中川調教師「日曜日に坂路で15-15を乗ってみましたが、良いフットワークで走れていましたし、バランスもしっかりしていました。今日は坂路とAコースで軽めに乗っていますが、トレセンの環境にも慣れて来たこともあり、どっしりと構えて稽古に臨めています。この後は天栄の馬房が空き次第、移動の予定です」

2019.12.06 : 美浦:中川公成厩舎
坂路1本後、ゲート試験を受け合格。
助手「ゲート試験は入りから良く駐立も落ち着いていていましたね。初めて通常ゲートでしたが、音に驚いたりすることもなく、2本ともしっかり出てくれました。二の脚も速かったですよ。ここまで練習した事が試験でも出来て良かったです。脚元もケアしながら進めているので、ここまで違和感はありません。坂路での動きも良いので能力もあると思います。この中間の飼葉の食いも良好で今週の馬体重は504kgでした」
中川調教師「1、2本目とも、入り、スタートともにスムーズでしたし、問題なく合格する事できてまずは一安心ですね。利口で物覚えも良い馬なので、ここまでは予定通りに調整できていますよ。この後は一旦ノーザンファーム天栄に移動させますが、天栄の方が混んでいるとのことなので、今週末に坂路で脚慣らし程度の追い切りを消化して、来週に移動させる予定でいます」

2019.12.05 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習
助手「今日も坂路を1本乗ってからゲート練習を行いました。昨日の練習でスタートも良くなっていて、ある程度形はできているので、先生と相談して、ゲート前とゲート裏で音を聞かせたり、ゲートを見せたりして、慣らすことを中心にしました。物怖じせずに落ち着いて対応していましたね。スタートはあえて中には入れず、ゲートの横を通ってコースを走らせましたが、リズム良く走れていましたよ。とても利口で物覚えが良く、学習能力の高い馬ですね。あとは試験時の通常ゲートで、ゲートが開いた音に驚かなければ試験もクリアできると思います」
中川調教師「昨日もゲート練習は順調でしたし、あまり煮詰め過ぎるとゲート試験の時に出なくなる可能性も考慮して、今日はゲートを慣れさせる感じの内容にしました。特に問題はなかったですし、リラックスしていましたね。ここまで練習してきたことを、いつも通りやれば合格できるレベルになっているので、明日ゲート試験を受けることにします」

2019.12.04 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「坂路を軽めに乗ってからゲート練習を行いました。フットワークに力強さがありますし、馬場が悪い中でもきれいなフォームで走れる馬ですね。ゲート練習は、消音ゲートで入りからスタートまで、レースと同じ感覚でやってみましたが、慣れもあって今まで出一番スタートが速かったです。出てからも物見をすることもなくなっているので、トレセンの環境にも馴染めているのでしょうね。脚元も落ち着いていますし、ここまで順調に来ています」
中川調教師「消音ゲートとはいえ、通しでやってスムーズに対応できるのはいいですね。明日もう一度練習してみて大丈夫そうであれば、金曜日に試験を受けることも考えています」

2019.11.28 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「今日も消音ゲートで入りと駐立を確認して、手開けのダク出しでやりました。ゲート内でも大人しく待つことができますし、ゲートが開いてからも一緒に練習している馬よりも速く出てくれました。ただ、出てからは先頭だったこともありますが、ずっと物見をしていたように、まだトレセンに慣れていない部分も見られるので、その辺りは気を付けながら進めていきたいと思います。歩様は硬いタイプですが、前進気勢がありますし、推進力が上や左右にいくことも無く、ちゃんと前に出る感じで走りに無駄がないです。良い走りをする馬ですね」
中川調教師「ゲート脚元のことも考慮してゆっくり進めていこうと考えているので、今日も昨日と同じメニューです。昨日よりゲートの出は良くなっていましたし、入りと駐立も問題なかったので順調ですよ。馬体重は504kgと北海道の時から大幅に減っていますが、輸送もありましたし、こちらでの飼葉も今のところ完食しているので体が絞れたと見ていいでしょうね。明日もゲート練習の予定です」

2019.11.27 : 美浦:中川公成厩舎
坂路下馬場で運動後、坂路1本、最後にゲート練習。
助手「坂路1本軽めに乗ってから、ゲート練習を行っています。馬場は荒れていましたが、大型馬で馬力もある馬なので、気にすること無く駆け上がっていました。フットワークも良いものを感じましたね。ゲート練習では始めに何度かゲートを通過させてみて、問題なくクリアできていたので、消音ゲートから手開けでダク出し。気も良い馬でスッと反応して出てくれましたし、乗り手に対しても従順です。今日はそこまで無理していませんが、手応えは感じました。明日以降もゲートを中心に進めていきます」
中川調教師「先週金曜日に入厩させました。今日はゲートを主体に調整しています。脚慣らし程度に消音ゲートから練習しましたが、変な癖などもなかったですし、初日にしては良かったですね。まずは試験合格を目標に進めていきます。馬格がある割に骨は細そうなタイプですし、育成時に右前膝のクリーニング処置もしているので、入念に脚元はケアしていきます」

2019.11.22 : 美浦:中川公成厩舎
本日、美浦トレセン・中川厩舎に入厩しました。

天栄スタッフ「昨日の午前中に北海道から到着。輸送熱もなく脚元も落ち着いていました。移動中の飼葉の食いも良かったようですし、こちらに着いてからも与えた飼葉はきちんと食べてくれました。体調面の問題もなく、予定通り今朝、美浦トレセンに向けて出発しています」

2019.11.21 : ノーザンF空港→中川公成厩舎
入厩に向けノーザンファーム空港牧場を出発しています。明日22日(金)美浦トレセンに移動の予定です。

2019.11.15 : ノーザンファーム空港
馬体重520キロ。
引き続き坂路主体に順調に乗り込んでいます。脚元の不安もなく馬体も順調に絞れてきました。今月中の移動を目標に引き続き坂路主体に乗り込んでいきます。ペースは現行のF14秒を継続の形となるでしょう。このぐらいなら余裕を持って動けています。気性的にも難しい面を見せず、今は良いリズムで調整できていると思います。

2019.10.31 : ノーザンファーム空港
馬体重544キロ。
この中間、リフレッシュのため1週間マシン運動のみにとどめましたが、その後は坂路で週5回を順調に乗り込んでいます。リフレッシュ前は周回と坂路を併用していましたが、移動に備え、先週から坂路のみでピッチを上げています。ペースはF15秒までですが、しっかり負荷は掛かっています。乗りながら馬体重が540キロを越してきたように、食いが旺盛で精神的にも安定しています。明らかに太い感じこそありませんが、まだ余裕が感じられますし、脚部への負担を考えると移動までにもう少し絞っていければと思います。

2019.10.15 : ノーザンファーム空港
馬体重534キロ。
この中間は坂路で2本16-15を週2回、週1回は坂路2本16-16、週2回は周回コース2500mのキャンターという内容で進めています。12日に故障箇所の状況をレントゲン検査で確認しましたが、良い意味で変化なし。引き続き乗り込みを継続しながら、移動準備を進めていきます。まだ具体的な移動プランは届いていませんが、稽古での動き、気配とも良好ですので、コンディションをしっかりと整えながら移動の声に対応できるよう準備をと考えています。

2019.09.30 : ノーザンファーム空港
馬体重542キロ。
リフレッシュ明け後はすぐに坂路で15-15を再開しています。レントゲンによる経過観察でも問題なかったですし、ここ最近の動きはスピードが乗って良い頃の雰囲気に戻ってきているので、ここからさらにピッチを上げていきたいです。飼食いが良く体重がなかなか絞れませんが、来月の移動に向けてもうひと絞りシェイプさせていければと思います。

2019.09.13 : ノーザンファーム空港
馬体重540キロ。
この中間も順調にきていましたが、立ち上げてから休みなく乗られているため、先週末から一週間ほどの予定でリフレッシュを入れています。それまでは坂路でF16まででしたが、リフレッシュ明けからもう一段ペースアップを図れればと思っています。脚元は問題なく、10月中の移動を目標に進めていきますが、現状、腹回りにかなり余裕があるので、このひと月でしっかりシェイプしていければと思います。

2019.08.30 : ノーザンファーム空港
馬体重536キロ。
この中間から坂路も開始し週3回のペースでF16秒までを乗っています。週2回の周回キャンターも継続しているように運動量は増えていますが、それでも馬体重は増えています。飼い葉をしっかり食べて肉付きも良くなっている証拠ですが、脚元のことを考えるとオーバーウェイトには気をつけたいです。経過観察のレントゲンでも問題なしとの見解だったので、徐々にペースを上げていきます。

2019.08.15 : ノーザンファーム空港
馬体重528キロ。
この中間からは坂路調教を再開、現在は週3回F16秒まで進めています。乗り出してからも脚元は問題ありません。徐々に体が絞れて緩さも解消しつつありますし、見た目にも引き締まってきました。今後の進捗次第にはなりますが、このまま予定通り進められれば、10月の移動が視野に入ってくるでしょう。

2019.07.31 : ノーザンファーム空港
馬体重526キロ。
この中間からロンギ場調整、角馬場調整を経て周回コースでのキャンター2500m調整を開始しています。ここまで予定通りに来ており、脚元の違和感もありません。ただ、馬体重は徐々に減っているとはいえ、まだ上体は立派。これだと脚元にも負担が掛かります。しばらくキャンター調整を入念に行いながら、体を絞って坂路入りに向けて作り直していければと思います。

2019.07.16 : ノーザンファーム空港
馬体重536キロ。
この中間もトレッドミルを継続しています。週ごとにペースを上げていますが、脚元の不安もなく経過は良好です。ここまで予定通り来ているといって良いと思います。馬体重も530キロ台を保てているのでまずは安心。精神的に安定していて飼食いが良いので引き続き太めには気をつけていきます。このまま経過が順調なら再来週あたりから乗り運動再開の目処も立っています。

2019.06.28 : ノーザンファーム空港
馬体重534キロ。
この中間も脚元の状態は変わりなく落ち着いており、週6回行っているトレッドミルのペースも週ごとに上げている状況です。負荷を上げながらも体重が増えているように体調面は良好で、このまま脚元が治癒すれば、またバリバリと負荷を強めていけそうです。ただ、いまは段階を踏みながら徐々にペースを上げているところですし、もうしばらくはトレッドミル主体の調整が続く見込みです。太りすぎに注意して調整を継続していきます。

2019.06.14 : ノーザンファーム空港
馬体重526キロ。
今月7日に経過確認のためのレントゲンを撮ったところ、経過良好で問題なしとのことでした。引き続きマシンを続けていますが、まもなくトレッドミルに移行できると思います。通常これだけ運動を控えていると煩い面を見せるものですが、この馬は気性が穏やかでそういうところがありません。その点は助かります。ただ、そういう気性の分、食欲も旺盛で身体はだいぶフックラしています。決して悪いことではないので、これから徐々に絞っていければと思います。

2019.05.31 : ノーザンファーム空港
馬体重520キロ。
この中間からマシン運動を開始しています。経過は順調で予定通りにステップアップを図れています。もうしばらくマシンを続けて問題なければトレッドミルという流れになるでしょう。馬体の張り艶は上々で、表情を見ても穏やかに過ごせていると思います。

2019.05.15 : ノーザンファーム空港
舎飼。馬体重517キロ。
5月に入ってから引き運動を開始しました。運動開始後も患部の状態は落ち着いており、徐々に運動量を増やしていけると思います。楽をさせているので体は当然増えていますが、そこまで厚ぼったくは映りませんし、毛艶も悪くありません。脚元をケアしながら少しずつ負荷を上げていきます。

2019.04.30 : ノーザンファーム空港
舎飼。馬体重504キロ。
クリーニング処置後に患部に炎症等の不安は出ておらず、馬も普段通りの様子で過ごしています。飼い葉食いもよく体調面に不安はありませんが、これからしばらく舎飼が続くので、精神面のケアはしっかり対処していきたいです。頓挫は残念ですが、幸い程度としては軽度のものだったので、これを良い機会として心身の成長に繋げていければと思います。

2019.04.15 : ノーザンファーム空港
舎飼。
状況としては前回報告と変わらず、現在はクリニックの調整が付くのを待っている段階です。馬は落ち着いていて、飼い葉の食いも良く、体調自体は良さそうです。

【追記】
本日クリニックにてオペを行いました。レントゲンでは右橈側手根骨の剥離という所見でしたが、実際に内視鏡で中を確認したところ、第3手根骨の軟骨組織の傷みということで、内部のクリーニング処置が取られました。当面は休養に充て、2ヶ月後をメドにトレッドミルを開始、3ヶ月後くらいから乗り出すイメージで進めていく方針です。

2019.04.12 : ノーザンファーム空港
昨日の周回キャンターの調整後、右前膝に腫れと熱感を生じ、ハ行も見られたためレントゲン検査を行ったところ、右橈側手根骨の骨片が剥がれていることが判明しました。今後さらに詳しい状況を確認しつつ、クリニックの調整がつき次第、骨片除去の手術を行う予定です。

2019.03.29 : ノーザンファーム空港
馬体重489キロ。
週3回坂路2本、週2回周回キャンター2500mを消化しています。坂路では引き続き15-15を消化していますが、相変わらず力強いフォームで駆け上がってきますし、大型馬でも重苦しさは一切ないですね。稽古を重ねても馬体は減らさず、見た目の張り艶も抜群。牝馬らしいシルエットの中に力強さも感じさせます。体調も良いので、早期移動も視野に入れてしっかり乗り込んでいきます。

2019.03.15 : ノーザンファーム空港
馬体重486キロ。
現在はリフレッシュ期間でマシン運動にとどめていますが、それまでは週2回周回キャンター2500m、週2回坂路で2本目に15-15を消化していました。F15なら楽に動けますし、走りにパワーと力強さを感じます。馬体の張り艶も良く伸びやかさもあって綺麗な立ち姿をしていますね。父の産駒ということで硬さはありますが、調教を重ねながら以前よりはマシになってきています。順調なら5月中に本州への移動があるかもしれません。

2019.02.28 : ノーザンファーム空港
馬体重488キロ。
この中間は週1回周回キャンター2500m、週3回坂路でF16~15秒のところを乗っています。しっかり乗り込めていますし、現時点では特に課題はないですね。体力がついてきたことで馬自身も楽に動けるようになっていますし、これだけ調教を続けてきてもカリカリしたところを見せてこないのは、内面の強さもあるのだと思います。真面目に稽古に取り組んでくれますし、脚元含め馬体面に問題はないので、今後のメニューも順調に進むと見ています。当面は現行のF15を重ねて上積みを出していきたいです。

2019.02.15 : ノーザンファーム空港
馬体重493キロ。
この中間は週1回周回キャンター2500m、週2回坂路でF16秒のところを乗っています。状態に変わりはなく、間もなくF15も再開する予定です。一度増えた体重がまた少し減り出していますが、馬体には十分な厚みがあって以前より張りも出てきました。トモ幅も増しているように、稽古がしっかり実になっています。

2019.01.31 : ノーザンファーム空港
馬体重492キロ。
現在はリフレッシュのためマシン運動にとどめていますが、それまでは坂路でF16のところをしっかり乗っていました。今後F15までペースを上げますが、父の産駒らしい硬さがあるのと、馬体重の割に細身のつくりなので、肉付きをよくするために適時リフレッシュを設けながら進めています。飼い葉は食べていますし、性格もよく難しいところはないので、様子を見ながら間もなく坂路を再開します。

2019.01.15 : ノーザンファーム空港
馬体重500キロ。
年末年始はリフレッシュを挟みましたが、先週から坂路を再開してF16まで戻しています。調教で負荷をかけながらも体重が増えているように、飼食い、体調面など不安な面もなく順調です。この調子なら2月中旬頃にはF15秒までペースを上げていけるでしょう。少し硬さのある馬なので、そのあたりはしっかりケアしつつ、この調子で乗り進めていきたいです。

2018.12.25 : ノーザンファーム空港
馬体重480キロ。
今月を通して週3回の坂路でしっかり乗り込まれています。1本目F17、2本目F16を入念に乗り込んできて体力が備わってきたように思います。気持ちも前向きに坂路をまっすぐに駆け上がってきますが、やみくもに動くわけではなく、鞍上との息も合っています。普段も落ち着いているので扱いやすい馬ですよ。馬体の厚み、毛艶など、寒くなっても良い状態を保っているので体調面も良いと思います。

2018.11.30 : ノーザンファーム空港
馬体重480キロ。
適時リフレッシュを挟みながら周回コースと坂路を併用して順調に乗り込んでいます。坂路ではF17秒程度でじっくり。おかげで体重も減らずふっくらと見せています。乗り込むにつれてほぐれてきたのか、硬さが解消して歩様が良くなり、調教の動きも力強くなっています。馬体の張り艶も良く、体調の良さもうかがえます。相変わらず気性も落ち着いていて扱いやすいのもありがたいですね。とても順調にきていますよ。

2018.10.31 : ノーザンファーム空港
馬体重479キロ。
10月に入ってからも調整は順調で、週1回のキャンター2400mと週2回の坂路調整(F18-17)のメニューを消化しています。現在はリフレッシュのためマシン運動にとどめていますが、間もなく元のメニューを再開します。乗りながら胸部、トモの厚みが増し、バランスの良い馬体に成長してきました。しっかり負荷をかけられながら体重を増やしているように肉体面のタフさに加え、調教時の落ち着きはらった様子から精神面の強さも備えていると思います。若駒にとってメンタルの強さは今後の調整過程において大きな武器になると思います。

2018.09.28 : ノーザンファーム空港
馬体重455キロ。
入場後は段階を踏みながら馴致を消化しています。マシン、ロンギ場調整、周回キャンター、坂路でのスクーリングを経て、先週から坂路でF20ぐらいのペースで乗り出しています。負荷を上げても疲れも見せず、むしろ運動量が増すにつれ、以前よりも前の出が良くなり、動きやすくなったことで踏み込みもしっかりしてきました。体重も10キロ以上増えて、伸びやかさのあるバランスの良い馬体に厚みも増してきました。順調そのものなので、近々坂路のペースを上げていきます。

2018.08.31 : ノーザンファーム空港
馬体重443キロ。
空港牧場に移動後も落ち着いています。多くの馬が新しい環境に移ると落ち着きを無くす中で、この堂々とした立ち振る舞いは頼もしい限り。馴致もスムーズに進めていて、すでに週2回は角馬場での乗り慣らしも行っています。馬体は伸びやかさがあって張りも良く、とても綺麗な立ち姿をしています。歩きもしなやかで力強く、フェアリードール一族の良さを彼女も引き継いでいるように思います。

中川調教師「カジノドライヴ産駒らしい力強い馬体をしてますね。歩かせてもパワフルですし、気性も落ち着いていて先々が楽しみな馬なので、このまま順調に成長してほしいですね」

2018.08.22 : ノーザンファームYearling→ノーザンファーム空港
育成牧場のノーザンファーム空港へ移動しました。

2018.07.31 : ノーザンファームYearling

このページのトップへ