近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドカルマン牡3歳 手塚貴久厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2020.02.14 : リバティホースナヴィゲイト
557キロ。
担当スタッフ「今週もペースは上げず、周回コースで15-15を乗っています。だいぶこのペースにも慣れてきたようで、動きが板についてきましたし、良い手応えで走れています。息の入りもしっかりしていますし、体も少しずつ締まって来たので、この調子で進めていきたいと思います」

2020.02.07 : リバティホースナヴィゲイト
562キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースで15-15のペースで乗っています。先週より馬場が良かったので動きも良かったですし、最後まで楽に動けるようになっていますね。息遣いも良化していますよ。引き続き午後はトレッドミルに入れて、しっかり負荷を掛けています。もう少しこのペース乗り込んで、問題なければ更にピッチを上げていきたいと思います」

2020.01.31 : リバティホースナヴィゲイト
560キロ。
担当スタッフ「今週も雨で馬場が悪くなりそうだったので、先週の土曜日に周回コースで15-15を乗ってみました。前半はスムーズに走れていましたが、距離が延びるにつれて最後は苦しくなっていましたね。それでもこちらが促すと反応はあって、最後まで頑張る姿勢は見せてくれました。息遣いも荒かったですが、まだこのペースに慣れていないのもあると思います。今週から午後もトレッドミルに入れて運動量を増やしています。明日もう一度15-15のペースで乗ってみるので、どう変化しているか楽しみです」

2020.01.24 : リバティホースナヴィゲイト
562キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースで20-18を乗っています。ペースを上げることも視野に入れていましたが、雨の影響で馬場も重かったので先週と同じメニューにしました。徐々にですが動きも活発になってきましたし、この馬なりに前向きに走れるようになっていますよ。来週も天気が悪くなりそうなので、現行メニューで進めていく予定です」

2020.01.17 : リバティホースナヴィゲイト
565キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースで20-18のペースで乗っています。先週に比べて動きは良くなっていますが、まだ気持ちの面でシャキっとしていませんし、ペースを上げても終いはダラっとなりそうなので、先週とメニューは変えていません。馬格がある割に道悪馬場だと上手に走れていないので、まずは土台をしっかり作っていきたいと思います」

2020.01.10 : リバティホースナヴィゲイト
569キロ。
担当スタッフ「今週も周回コースで20-18のペースで乗っています。脚元は問題ありませんが、まだ動きに緩さが残っていて、ペースアップしても動き切れそうな感じではないので、もう少し現行メニューで進めます。気持ちの面でも前向きな姿勢が足りないので、もう少しピリッとして欲しいと思います。馬体重は大きく増えているので、体を持て余さないように気を付けていきます」

2019.12.27 : リバティホースナヴィゲイト
540キロ。
担当スタッフ「今週から周回コースにて20-18のペースで乗っています。まだ動きに緩さが目立ちますが、気は悪い方には出ていませんし、乗り込んでいきながら力を付けていければと思っています。脚元も落ち着いており、飼葉は毎日完食してくれていますので、まずはしっかり土台を作っていきますよ」

2019.12.20 : リバティホースナヴィゲイト
534キロ。
担当スタッフ「昨日入場しました。馬体を入念にチェックしましたが、傷んでいる箇所もありませんし、馬自身は元気一杯。脚元も問題ありませんね。飼い食いもしっかりしていて状態は良好なので、今日まではマシン運動ですが、明日から乗り出していきたいと思います」

2019.12.19 : リバティホースナヴィゲイト
本日、リバティホースナヴィゲイトに移動しました。

2019.12.18 : 手塚貴久厩舎→リバティーホースナヴィゲイト
角馬場運動後、Aコース1周
手塚調教師「日曜日に坂路で15-14くらいの時計を出していますが、まだ動きに余力がなく最後も苦しそうでした。ゲート試験も無事に合格しましたし、無理せず、ここで一息入れたいと思います。明日放牧に出しますが、山元トレセンが坂路工事中のため、美浦近郊にあるリバティホースナヴィゲイトにします。トレセンでも乗り込んでいるので、早いうちから15-15まで進めてもらい、まずは土台をしっかり作ってもらいます」

2019.12.13 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ゲート試験を受け合格。
嶋田騎手「入りからスムーズでしたし、駐立も我慢してくれました。スタートは2本ともワンテンポ遅れるような形でしたし、1本目は出てから尻っ跳ねする素振りを見せていたのでどうかと思いましたが、無事に合格できて良かったです。もう少し慣れは必要ですが、この馬なりに学習したことは覚えてくれているので、このまま成長してくれればと思います」
手塚調教師「スタートとゲートを出てからのお行儀がそこまで良くなかったのでどうかと思いましたが、合格することが出来てまずは一安心です。今後もゲート練習は必要になるでしょうね。まだ全体的に体付きも緩いですし、一息入れて牧場で乗り込んでもらいます。土台を作ってから戻そうと思っています」

2019.12.12 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ゲート練習。
嶋田騎手「今日のゲート練習では他厩舎の馬と一緒に出来たこともあって、1、2本目とも通常ゲートが開く音に反応はしてくれました。ただ、まだ体付きがボテっとしていて、2テンポくらい遅れて出る感じですし、馬っ気の強い馬なので出てからもずっと鳴いていました。全体的に集中力に欠けるところがありますね。それでも走りそのものは悪くないと思います。練習を重ねてきてこの馬なりに成長はうかがえるので、明日試験を受ける予定です。何とか合格できるように乗りたいと思います」
手塚調教師「まだスタートが速くないところがありますが、昨日よりは出るようになっていますね。入りから駐立は落ち着いているので、明日は練習のつもりで嶋田騎手を背に試験を受けようと思います」
※馬体重は鞍を着けた状態で542kg。

2019.12.11 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、ゲート練習。
助手「今日は角馬場で運動してからゲート練習を行っています。角馬場では先週より落ち着いて走れるようになっていましたし、フットワークもしっかりしています。ゲート練習では入りからスタートまで通しで、1本目は消音ゲート、2本目は通常ゲートでやりました。入りまではスムーズでしたが、スタートは1頭ということもあって2本ともスッとは出られなかったですね。それでも音に驚いたりはしなかったですし、促せば行く気も見せてくれたので、練習しながら1つ1つ覚えていければと思います」
手塚調教師「今日は遅い時間の組だったこともあり、1頭で練習することになり、スタートは少しフワフワするところがありましたね。明日は朝一番の組で頭数が多い時に練習したいと思います。明日もう一度スタートまで通しでやってみて、内容が良ければ、金曜日に試験を受ける事も考えています」

2019.12.05 : 美浦:手塚貴久厩舎
角馬場運動後、Aコースを1周、最後にゲート練習。
手塚調教師「昨日入厩させました。今日は運動初日になりますので、角馬場とAコースで軽めに乗っています。まだ全体的に緩さが目立ちますし、他馬が近付くと馬っ気を出していて走りに集中していなかったですね。環境への慣れもあるとは思いますが、もう少し落ち着きが欲しいと思います。最後に角馬場にあるゲートで、前扉が開いた状態で2回ほど通過させましたが、その時は落ち着いていたのでスムーズに通過してくれました。まずはゲート試験の合格を目標としているので、明日から本格的に練習していこうと思います」
※馬体重は鞍を着けた状態で540kg

2019.12.04 : 美浦:手塚貴久厩舎
本日、美浦トレセン・手塚厩舎に入厩しました。

2019.11.28 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「この中間も14-14のペースで乗っています。本数を重ねてきたことでトモの動きが良くなってきましたし、少し気になっていた左右差も無くなってきました。まだ付くべきところに良い筋肉が付ききっていないため、パワー不足で走りに余裕がないんだと思いますが、ゲート試験合格が目標ですからね。こちらで追い込む必要はないので、ビシビシと攻めてはいません。ゲート試験合格後、ある意味本格的なメニューになっていきますから、そこで実戦向きの体や動きを身につけていければというところ。曜日は未定ですが来週のトレセン入厩が予定されましたので、今週末も同じくらいのところを乗って準備していきます」

2019.11.21 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「この中間も順調に乗り込むことができていて、先週末、今週とラスト1ハロンは14秒ペースで進めています。馬任せですし時計自体には対応できていますけど、やはり走りにあまり余裕はないですね。来週のトレセン入厩が予定されたので今週末も同じくらいのところをやりますが、本数も消化していますから動きに関しても良い変化が見られればと期待しています。馬体重は520キロ。付くべきところに筋肉が付いてくれば、走りもシルエットも変わってくると思います。まずはゲート試験合格が今回の入厩の目的となりますが、トレセンでもう一段階のレベルアップを図ることができればというところ。コンディションに不安はないので、好状態で送り出せるはずですよ」

2019.11.14 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「昨日、先生と話をして、一度トレセンヘ運ぼうということになりました。まずはゲート試験ということにはなりますが、早ければ来週あたりの移動になるかと思いますので、コンディションを整えつつ乗り込んでいきます。この中間も周回コースからの坂路という形で15-15を消化。まだ気持ちに余裕がないのか、この時期ですが発汗も目立ちますし、動き自体も重い感じがします。輸送が控えているので進めても15-14くらいまでと考えていますが、週末もしっかりと乗っていくつもりです。こちらでもゲートは確認していますが、スタートは速くはないですけど変な癖もなく試験には合格できるレベルにありますので、入厩後も試験に向けてスムーズに進めばというところですね」

2019.11.07 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「先週末も17-16くらいのところを乗りましたが問題は見られなかったので、今週は火曜日に15-15でやってみました。一杯いっぱいということもなくペースに対応はしてくれましたけど、まだ全体にバラバラな走りでどうも定まっていないという印象でした。トモの緩さなどもそうですが、まだ芯が通っていないというような感じでしょうか。先生からも進めていってという指示を受けていますし、脚元や体調などに不安はありませんのでどんどん乗り込みを重ねていきますが、乗り込んでいく過程で大きな変化を期待したいですね。馬体重は506キロ。今週末も同じくらいのところを乗る予定です」

2019.10.31 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「周回コースで17-18くらいのところを乗っていますが、問題なく動けていますね。今週いっぱいはこのくらいで進めてみて、特に気になるところがなければ来週から15-15に移行しようかと考えています。北海道でもハロン13秒くらいのところを乗っていた馬ですしね。具体的な移動予定は入っていませんので、しっかりと乗り込みながら準備をしていきたいと思っています。馬体重は514キロ。トモの緩さは気になりますが、そのあたりも良い方向に向けていけるよう意識しながらメニューを組んでいきます」

2019.10.25 : 社台ファーム→山元トレーニングセンター
社台ファームを出発し、山元トレセンに明日入場の予定です。

2019.10.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重516キロ。
引き続き坂路主体に順調に乗り込んでいます。5日に2F14.1-14.2、9日に3Fから15.5-13.6-13.5の時計をマークしているように、この中間は左トモ球節の疲労感も目立たず十分な負荷をかけられています。速めを出す時は道中おさえて上がり重点に動かすよう心がけています。徐々に気持ちの面で前向きな面は出てきていますが、もう少しこちらで乗り込んでおきたいと思っています。

2019.09.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
この中間は坂路で3F13.4-12.1-13.1、2F15.2-14.8を計時しています。体重が変わっていないようにいくぶん重めは残りますが、12秒台のラップにも対応できるように着実に動きは良化しています。ただ、時計ほどにシュッと切れる印象はないので、より速い脚を使えるように太め解消に向けてさらに鍛えていきます。左トモに疲労感が出やすくなっているので、そこはしっかりケアしていきます。

2019.09.13 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
この中間は坂路で3F15.4-13.7-13.6と引き続き速めも定期的に消化しています。ただ、時計的には十分なのですが、まだ全体的に重めというか、乗り手に動かされているという感覚は残ります。トモの張りに厚みを増し緩さも徐々に解消、踏み込みの力強さも出ているだけに、もう少し気持ちの面での成長が見られればというところ。引き続き前進気勢を出していけるよう心がけていきます。

2019.08.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重516キロ。
この中間も坂路主体に順調です。3F14.0-13.8-13.2の時計も計時したように動けるようになっています。気合乗りも良くなって反応面も上昇しています。まだ速いところにいくと少し呼吸の荒さが目立つので、今後もしっかり乗り込んで内面から作りこんでいきます。脚元含め体調面は問題ありません。

2019.08.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重515キロ。
この中間も坂路主体に順調に乗り込んでいます。時計になるところもコンスタントに乗れていますが、体は更に締めていきたいところです。体全体を見ればメリハリがついて良く見せるようになっていますが、まだトモの力強さは物足りないように感じています。脚元含め体調面は安定しているので、トモの強化、集中力の持続を課題として取り組んでいきます。

2019.07.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重518キロ。
徐々に運動レベルを上げており、この中間は坂路で終いを強めに乗る形でF14秒。このペースなら楽に動けますし、気合乗りも良くなってきて精神面での成長もうかがえます。このように動きや馬体に関しては逞しさを増しているのですが、もう少し体は絞っていきたいところ。引き続き集中力を上げるメニューを続けながら体を締めていくことも意識していきます。

2019.07.16 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重522キロ。
7月2日に坂路で終い1F15.6、6日に15.4-14.8-15.5、9日と11日はF16秒で2本乗り。目立って速い時計こそ出していませんが、運動量は豊富でしっかり体力強化を図れていますし、今のこの馬には速い時計よりもいかに集中して走らせるかが大事なので、集中力を要求されるメニューを課すことにしています。体調面に不安はないので引き続き乗り込みを重ねていきます。

2019.06.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
坂路主体に順調に乗り込んでいます。2週に一回の間隔で坂路3Fからの強めを消化していますが、この馬の強みは負荷を上げても脚元に不安を見せないところ。全体をみても丈夫に成長していると思います。ただ、以前からの課題であるズルい面は容易には改善されません。体に不安はないので、さらに乗り込みを強化して、前向きな気持ちを引き出していければと思います。

2019.06.14 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
週4回の坂路調整を主体に乗り込んでいます。6月4日に坂路で15.6-14.8と後傾ラップで集中力を最後まで保つように心がけて動かしました。相変わらずマイペースなところはありますが、やれば動きますし、15-15もコンスタントに消化できているので、問題なく順調かと思います。馬体重に変動はなくても、以前よりも無駄肉が落ち、その分張りが増しています。緩さも解消してきましたね。稽古後に捌きに硬さが出ることがあるので、そこはしっかりケアしながら進めていきます。

2019.05.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重514キロ。
この中間も休まず時計を出していますが、F15を乗った後、上がりで少し蹄を気にして硬さを見せることがあるので、そこは注意しながら取り組んでいきます。坂路の動きは悪くありませんが、相変わらずのマイペースぶり。本気で走ったらどんだけ動けるのかという期待もあるのですが、そのためにも自ら動いていく前進気勢を出させないといけませんね。引き続き併せ馬でやる気を引き出していきます。

2019.05.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重516キロ。
週3回坂路、週3回周回ウッドを併用してしっかり乗り込んでいます。直近の坂路では2Fから15.1-14.7を計時しています。相変わらず相手なりですが、遅れることはありません。合間に行うトレッドミルの負荷も強めにかけていますが、しっかり対応できているように体も内面からしっかりしてきていると思います。乗り込みに比例して脂肪が落ち見栄えもグッと良化してきました。

2019.04.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重516キロ。
坂路主体に順調に乗り込んでいます。坂路では先週頭に2F13.7-15.6、週末に1F15.1を計時したようにコンスタントに15-15を消化できています。この程度なら余裕残しで動ける体力面もついてきました。順調な組で乗れていますし、人の指示にも従順ですが、促さないと相手なりにしか動かない面はまだ残っています。引き続き併せ馬を主体に闘争心を引き出していきたいですね。デビューに関してはそこまで遅くなるイメージはありません。

2019.04.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
坂路とコースを併用して順調に乗り込んでいます。だいぶ無駄肉が削げて引き締まってきた印象です。張りが出た分、体重は微増。それに伴い、以前の緩さも解消してきたように思います。おっとりした気性のため、動きに関しては前向きさに欠ける面が残りますが、この中間も坂路でF13秒をマークするなど動き自体は良化の傾向。引き続きコンスタントに時計を出して前進気勢を出していきます。

2019.03.29 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重515キロ。
週3回の坂路調教では2本乗りの日も設けて乗り込み強化を図っています。相手なりにしか動かない面は相変わらずですが、引き続き併せ馬など積極性を促すメニューで対応していきます。F15程度なら楽な手応えで力強く動けるので、あとは気持ちの問題。乗り込んでいけば、どこかでスイッチが入るとは思うのですが。この中間は脚元の疲労感もなく、体調自体は良好で、ちょうど今日半マイルから15.7-13.5-14.7-16.5の時計を出しました。坂路に入ってすぐのフラットなところから出して勢いをつけ、最後はそのまま流すというメニューなので、2F目が最も速くなります。終いも一杯ではないですよ。

2019.03.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重516キロ。
週3回坂路、週2回周回キャンター、週1回トレッドミルキャンターを継続しています。脚元に疲労が出やすい現状ですが、しっかりケアしているので大丈夫です。この中間は一段ペースを上げて、直近の坂路では1F15.6秒も掲時。動きはスムーズで踏み込みも良くなっていますが、相手なりにしか走らない面は相変わらず残ります。動けるのだから力はあると思うのですが、いかにして競走馬としての自覚を引き出すかが今後の課題でしょう。日々この馬のやる気スイッチを模索していきます。

2019.02.28 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重520キロ。
週3回坂路でF18-17秒を消化しています。順調にメニューを消化していますが、まだ大きな馬体を持て余しているところはありますね。気持ちもまだ目覚めていないところがあるので、積極的に併せ馬で乗っていますが、相手がいれば動けるようにまだ全力は出し切っていない様子。乗りながらピリッとしたところを引き出していければと思います。また、速いところを消化した後に脚元に疲労感が出やすいので、そちらもしっかりケアしていきます。心身ともにこれからといった印象はありますが、秋口のデビューを目標にじっくり育てていければと思っています。

2019.02.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重512キロ。
週3回坂路でF18-17秒を消化し、うち1回は2本登坂しています。他の日は周回ウッドとトレッドミルキャンター。この馬なりに前向きさは出てきていますが、まだ相手なりにしか動かない面があります。2本乗りも始めているように体力面は問題ありませんが、気持ちの面でもう少し積極性が欲しいところです。幼い面を残しているので、その分これからの伸びしろ、変わり身に期待しています。

2019.01.31 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重510キロ。
週3回坂路で3FからF18秒を主体に周回走路とトレッドミルを併用してしっかり乗り込んでいます。乗り込むごとにズルい面が解消して前進気勢を見せるようになっています。それと同時に馬体の緩さも解消傾向にありますね。まだまだ変わってくると思いますが、この中間だけでも精神的な面で前進が見られたのは何より。馬体面は今後の乗り込みで自ずと変わり身を見せてくれるでしょう。蹄の減りが早いので、前肢には蹄鉄を履かせて対応しています。

2019.01.15 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m、坂路。馬体重506キロ。
週3回坂路をF18秒、週2回周回ウッドをキャンター2000m、週1回トレッドミルキャンターのメニューで調整しています。相手なりにしか動かない感じのズルさはありますが、体を動かすこと自体は好きなようで、馬場ではいつも気分よく走っています。先週末も坂路で57.7-36.7-17.6で動かしましたが、この時計でも楽に動けますね。前駆の発達が良好で胸が深くなってきた印象も受けます。でん部の筋肉はこれからですが、トモが強化してくれば今以上に楽に動けるようになるはずです。

2018.12.25 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重500キロ。
周回ウッド走路でキャンター主体に順調に乗り込んでいます。まだ大型馬特有の緩さはありますが、パワーは十分。それに馬体重を増やしながら見た目には締まりが出てくるという理想的な成長過程を描けていますよ。負荷を上げてきても気性は落ち着いていますが、相手なりにしか動かないようなズルさは残っています。おそらくまだ馬自身にも余裕があるのだと思うので、自分から動いていけるよう鍛錬に励みます。

2018.11.30 : 社台ファーム
マシン60分、常歩3000m、ダク1200m、周回2000m。馬体重486キロ。
中間に馬房内で額を外傷しましたが、調教には影響なく周回キャンターで順調に乗っています。調教を始めてからも気性は落ち着いていますし、無駄肉も落ちて動きも良化しています。ハミ受けも良くブレずに走れています。ただ、体が動くようになってきたことでずるい面を見せるようになっているのでそこは注意していきます。これから調教の強度を上げれば馬体に張りが出て、今以上に見栄えのする体に変わってきそうです。

2018.10.31 : 社台ファーム
馬体重477キロ。
放牧を継続しながら日中に駆け足訓練に取り組んでいます。先月の挫石の影響はなく、元気に駆け足に励んでいます。ここにきての成長ぶりが著しく、体重だけ見ても今月一時は500キロ近くまで増えました。体重の増加は挫石の影響も多少はあったと思うので、駆け足訓練を始めてからはグッと体が引き締まり、もともとシルエットの綺麗なラインがさらにシャープさを増した印象です。毛艶も良くてトモの厚みも増していますね。本格的な調教に移行したら更に大きく変わってきそうな一頭です。

2018.10.05 : ブルーグラス→社台ファーム
10月8日(月)社台ファームに移動します。

2018.09.28 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重470キロ。
中間、挫石のため鉄を履かせ放牧は日中のみにとどめていましたが、挫石の影響も抜けてきたので夜間放牧を再開し、いまはしっかり動いてもらっています。順調に体重が増え、馬体に厚みと伸びやかさが出てきたように思いますし、背腰のラインもよくなっていますね。張り艶も良く体調も良さそうです。もう少し夜間放牧を継続して問題なければ乗り馴らしへ移行、そこから負荷を上げていくプランです。

2018.08.31 : 社台ブルーグラスファーム
馬体重461キロ。
放牧地での運動量が増えた事で無駄肉が削げ引き締まってきました。馬自身も動きやすくなったのか歩きも以前よりスムーズになっています。筋肉がしなやかな馬で乗り運動を始めてからさらに良くなる感触があります。しっかり乗り慣らしを進めてから本場に移動させる予定です。

2018.07.31 : 社台ブルーグラスファーム

このページのトップへ