近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドブロンクス牡4歳 石坂正厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2021.01.15 : ノーザンファームしがらき
馬体重512キロ。
引き続き周回コースと坂路で調整しています。坂路入りするのは週2回で15-15ほどの時計を出していますが、以前よりも前進気勢が強く、騎乗スタッフも抑えるのに苦労するくらい。以前よりトモにボリューム感が出てパワーがありそうな体つきになっているのを見ても、心身ともに充実期にあるようです。帰厩までしっかり乗り込んでいきます。

2021.01.08 : ノーザンファームしがらき
馬体重506キロ。
年末に乗り出し、現在は周回コースと坂路で調整しています。坂路でのペースも15-15まで上げました。調教を強めてからも疲れは見られませんし、心身ともにドッシリしてきた印象で飼い葉食いは安定していますし、運動中も高い集中力を保って走れるようにもなりました。動きにも力強さがあります。今後も週2回は時計を出して帰厩に備えていくつもりです。

2020.12.25 : ノーザンファームしがらき
馬体重487キロ。
レースで走り切ったせいか入場後は疲れた様子を見せていましたし、馬体も寂しく映ったため、ウォーキングマシン運動のみにとどめて疲労回復に努めました。昨日(木)からトレッドミル調整に切り替えたところですが、日に日に雰囲気や見た目も戻ってきたことから、週明けには乗り出すことになりそうです。

2020.12.19 : 12月19日レース後コメント(2着)
石坂正調教師「勝った馬は強かったですが、展開も前有利でした。砂を被らずいけば、終いはいい脚を使えるようになってきましたね。一度ここで放牧に出しますが、うちにいるうちに勝てるようにまた頑張ります」
※レース後そのままノーザンファームしがらきへ移動します。

2020.12.17 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場。馬体重474キロ。
助手「今朝は角馬場でハッキング調整。昨日は獣医師に疲労回復のケアとヒアルロン酸だけ入れてもらいました。馬に乗り掛かっていくくらい元気はいいですし、状態は引き続き良さそうです。テン乗りになりますが、癖も特にない馬ですし、出たなりで進めて外を回す競馬をしてもらおうと考えています」
※12月19日(土)中京8R・3歳上1勝クラス(若手・ダ1400m)に富田暁騎手で出走します。

2020.12.16 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂路 53.2-39.1-25.9-13.1 一杯

助手「乗り手から少し硬い感じがすると言われましたが、今日は気温が低く、馬場が硬かったせいもあると思います。元々下が硬いのを気にする馬ですからね。昼から獣医師にチェックしてもらいます」 
※今週19日(土)中京8R・3歳以上1勝クラス(若手・ダ1400m)を富田騎手で予定。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2020.12.10 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整。前走は1年ぶりの検体で、おしっこをしようとするのですが、採取の容器を持っていくと引っ込めてしまい、だいぶ時間が掛かりました。またいつ検体に行っても大丈夫なように、たまに練習しています」馬体重は472キロ。

2020.12.09 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂路 助手 56.2-41.8-27.9-13.7 馬なり

助手「先週の日曜日にいくらか動かしたので、今週はメンコを着けたままで追い切りました。来週の競馬に使う予定なので、来週の稽古ではメンコを外してスイッチを入れる予定です」
※12月19日(土)中京8R・3歳上1勝クラス(若手騎手・ダ1400m)を富田暁騎手で予定しています。

2020.12.03 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂路 助手 65.3-47.4-31.1-15.8 馬なり

助手「今朝も角馬場から坂路へ。今週からCWコースにも入れていき、来週からの追い切りに対応できるように乗っていきたいと思います」

2020.12.02 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂路 助手 68.8-50.5-33.0-16.0 馬なり

助手「今朝は角馬場から坂路へ。今週は速い時計は出さない予定です。先週の日曜日くらいからムキにならなくなってきました。レース後もいい状態をキープできていると思います」

2020.11.26 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝も引き続き角馬場でハッキング調整です。特に問題もなさそうなので、明日から坂路に入れる予定です。今週はコースでは乗らずに、坂路で軽めの調整に留めることにしています」

2020.11.25 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場調整
助手「レース後も異常なく、落ち着いています。だいぶ大人になってきた感じです。前走はゲートを出た後、外から被されて下げる形になりましたが、『結果的に外をスムーズに回ったことが良かった』とジョッキーは話していました。中2週くらいで続戦と聞いているので、今年中に勝てるように頑張ります」

2020.11.22 : 11月22日レース後コメント(3着)
石坂正調教師「スタートして外からカットされる不利があり後ろからになってしまいましたが、結果的に前のペースが速くなり、終いの脚がたまったとも言えますね。パドックでも非常に馬は良く見ましたし、具合の良さも生かせました。レース上がりの状態に問題がなければ、またどこか1400mを使おうと思っています」

2020.11.19 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整。昨日、獣医師に診てもらいましたが、『今回は久々に状態がいいんじゃないか』と言ってもらえました。想定では除外もなさそうですし、頑張って欲しいと思います」
※11月22日(日)阪神7R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)に北村友一騎手で出走します。

2020.11.18 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂路 助手 52.7-38.5-25.1-12.5 末強め

助手「朝一番に単走で追いました。馬場がいい時間帯だったので時計は予定よりも速くなりましたが、最後まで手応えは良かったです。状態が良さそうなだけに、何とか今週使いたいですね」
※11月22日(日)阪神7R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)に北村友一騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.11.12 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「状態が良いので使いたかったのですが、節が足りずに除外となりました。来週から2場開催となるので使えるかわかりませんが、いまの好状態をキープしていきたいですね」
※今週のレースは除外となったため、来週以降のレースを予定します。

2020.11.11 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.1-39.8-25.9-13.0 G前仕掛け

助手「道中の行きっぷりがすごかったので、引っ張った分、終い仕掛けてから伸びなかったです。溜めても伸びるタイプではなさそうなので、競馬では道中気持ちよくスムーズに運んだ方が良さそうですね」
※今週14日(土) 阪神7R 3歳以上1勝クラス・ダ1400mに古川騎手で出走を予定しています。想定からは除外対象となっています。

2020.11.05 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路。馬体重472キロ
坂路 助手 68.6-50.6-33.7-16.9 馬なり

助手「坂路で乗りましたが、止め際で止まり切れないくらい気合が乗っていました。少しスイッチが入り過ぎている感じがします。入るようなら来週使う予定ですが、ブリンカーはやめてメンコを外すだけにする予定です」
※11月14日(土)阪神7R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)を北村友一騎手で予定。

2020.11.04 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「競馬ではいつもと違い、パドックから気合いが入っていてグイグイと歩いていましたし、中間ブリンカーを着けた効果はあったと思います。ジョッキーは『追走は楽でしたが、最後は体の芯がない感じで伸びきれなかった』と話していました。最近、レース後はすぐに息が入っていましたが、今回は一生懸命走った感じがしました。レース後も馬体に異常はなく、飼い葉もよく食べています」

2020.10.31 : 10月31日レース後コメント(7着)
石坂正調教師「ブリンカーが効いていきっぷりは良かったですが、スペースがないので引っ張るしかなかったですね。その分手綱を離してから伸びを欠いてしまった感じ。今日はパドックからスイッチが入ってしまっていて、ジョッキーを乗せた時に突っ走っていきましたし、レースではプラスに働いていましたが、マイナスの作用もありました。外枠を引いてうまく前に行ければ良さそうですけれどね。続戦するかはレース上がりの状態を見て判断します」

2020.10.29 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「優先出走権持ちの馬が多く、相手は骨っぽそうですが、馬のやる気スイッチは入った気がするので頑張って欲しいですね」
※10月31日(土)京都8R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)に北村友一騎手で出走します。

2020.10.28 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.4-38.8-25.7-13.2 馬なり
内バラーディスト一杯と併せで0.2秒先着

助手「先週ブリンカーを着けて追い切ってから、行きっぷりが良くなってきました。うるさい面も出てきて、2歳時の雰囲気に近づいてきたように感じています。調子が良さそうなので、競馬で結果に繋がってくれないかなと思っています」
※今週31日(土)京都8R(1勝クラス/ダ1400m)に北村友騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.10.22 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場。馬体重476キロ。
助手「昨日の獣医師によるチェックでは、まだ緩さはあるものの、先週より状態は良くなってきているとの診断でした。今週末はCWコースに入れてサッとやる予定です」

2020.10.21 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.4-39.5-26.1-13.3 一杯
アーデルワイゼ一杯と併せで0.3秒先着

助手「ブリンカーを着けて一杯に追い切りました。終いまでしっかり動けていましたし、後半の馬場状態の悪い時間帯だったので、良い時計だったと思います。レースでもブリンカーを着ける予定です」

2020.10.15 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「前捌きは良くなってきましたが、トモの張りがなかなか良くなってきません。金曜日と日曜日に馬場で乗って、トモに負担がかかるように調整してみようと思います」

2020.10.14 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.6-41.5-27.4-13.9 馬なり
アーデルワイゼ馬なりと併入

助手「今朝はメンコを外して追い切りました。道中は引っ張り切れないくらいの手応え。来週はブリンカーを着けて追い切る予定ですが、余りに効きすぎるようなら、競馬でつけるか外すか相談しようかと考えています」

2020.10.08 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整。明日はゲートの確認に行って、日曜日にCWコースで15-15を乗る予定。雨が続きそうなので、脚元と感冒には気を付けて進めていきます」
※10月31日(土)京都8R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)を予定。

2020.10.07 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 57.7-43.0-28.2-13.9 馬なり

助手「坂路2本目に時計を出しました。帰厩してからも順調に乗り込めていますし、具合は良さそうです。走りも大きく、ここ最近では一番体を使えていると思います」

2020.10.01 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 服部 69.3-50.9-34.0-16.3 馬なり

助手「初日なので坂路1本、服部が乗りました。放牧前よりトモが緩い感じがしますが、調教を進めて行けば解消してくると思いますとのことでした。元気で体調は良さそうですが、放牧へ行っていたこともあり、少し冬毛が生え始めてきています」

2020.09.30 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.09.25 : ノーザンファームしがらき
馬体重500キロ。
調整は順調に進んでおり、今週も火曜日に14-13ほどの時計を出しました。体を大きく見せていますし、苦しいところがないせいかこれまでより走ることにも前向きで動きも力強いです。来週までに帰厩する予定で、あす(土)も強めの調教を行うことにしています。

2020.09.18 : ノーザンファームしがらき
馬体重500キロ。
引き続き順調に調整しています。週2回は14-14ほどの時計を出していますが、動きは軽快ですし、以前より集中力も感じられます。先週1度だけブリンカーを装着した後から雰囲気が変わってきた印象を受けます。帰厩は早くても来週以降の予定となりました。

2020.09.11 : ノーザンファームしがらき
馬体重499キロ。
今週からペースアップし、坂路入りする日は15-14ほどのペースで乗っています。疲れもなく、体調は良好で調教の動きも軽快です。昨日の調教でブリンカーを試してみたところ、これまで以上の手応え、行きっぷりの良さを見せるなど大きな効果があったので、今後トレセンでの調教やレースで着用を検討してもいいかもしれません。早ければ来週中に帰厩する予定です。

2020.09.04 : ノーザンファームしがらき
馬体重499キロ。
予定どおり今週から坂路でも調整を始めました。毎日17秒から16秒ほどのペースで2本乗っています。以前と比べて少しおとなしい印象を受けますが、疲れも夏負けもなくコンディションは良好です。このままいけば来週から15-15を始めるなど調教を強めていけそうです。

2020.08.28 : ノーザンファームしがらき
馬体重490キロ。
今週月曜日に乗り出し、現在は周回コースのみで軽めの調整を行っているところです。硬さはなく、体の戻りも順調、日に日に活気も感じられるようになってきました。来週から坂路での調整も始めることにしています。

2020.08.21 : ノーザンファームしがらき
馬体重480キロ。
入場後はマシン運動で疲れを取っています。レースによる疲れからか背腰の肉付きが物足りず、全体的にスッキリ見せていましたが、思った以上に回復が早くて活気も戻ってきました。目立ったダメージも感じられないことから、週明けすぐに一度跨って状態を確認することにしています。

2020.08.18 : 栗東:石坂正厩舎→ノーザンファームしがらき
本日ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2020.08.16 : 8月16日レース後コメント(9着)
石坂正調教師「いいところがなかったですね。西村騎手は『なぜここまで走らなかったのか、よくわかりません』と話していましたが、今日のレース内容では芝は厳しいのかなという印象。ダートに戻そうと思いますが、1800mだと少し長く、1400mだとスピードに対応できるのかというところもあるので、帰ってからの状態次第ではありますが、小倉4週目の1700mを使うことも視野に入れています」

2020.08.13 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場。472キロ
石坂正調教師「今朝は角馬場で調整しています。昨日の追い切りは遅れましたが、相手が走りすぎたということもあるのでね。ここ最近ダートで結果が出ていないこともあり、今回改めて芝でどんな走りをしてくれるのか期待はしています」
※今週16日(日)小倉7R(1勝クラス/芝2000m)に西村騎手で出走します。

2020.08.12 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.3-38.6-25.7-13.3 一杯
内ブライティアルア一杯と併せで0.5秒遅れ

助手「併せ馬で追い切りました。全体時計はいい時計が出ましたが、やはり終いが甘くなってしまうので、欲を言えばもう少し終いまで頑張ってほしかったところ。いい状態はキープできていると思うので、このまま競馬に行けたらと思います」
※今週16日(日)小倉7R(1勝クラス/芝2000m)に西村騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.08.06 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場。476キロ
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。アブを嫌がって尻っ跳ねをしたり、追い切り後でこの暑さでも元気いっぱいな様子でした」
※8月16日(日)小倉7R(芝2000m)を予定。鞍上は調整中。

2020.08.05 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.7-41.5-27.9-14.2 馬なり 
内ブルーメンクローネ馬なりと併せで0.8秒遅れ

助手「今朝は坂路で併せて追い切っています。次走は芝2000m戦に向かうことになりましたが、メンコをすることで追い切りでも落ち着いて折り合うようになってきたので、このタイミングでの距離延長はプラスに働きそうな感じがしています」

2020.07.30 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.8-49.4-32.0-15.9 馬なり

助手「今朝も引き続き坂路1本の調整です。状態に変わりはありません。昨日西村騎手と話しましたが、パンパンの馬場ならやれると言ってくれました。明日はCWコースに入れて調整します」
※馬体重478キロ

2020.07.29 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.7-47.8-31.0-15.5 馬なり

助手「今朝は坂路1本の調整です。小倉開催の予定なので、先週は楽をさせました。今週も速い時計を出す予定はありませんが、緩ませないようにしっかり乗り込んでいきます」

2020.07.23 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場。馬体重478キロ。
助手「今朝も角馬場でハッキング調整でした。レース後も飼い葉食いに問題はなく、馬体重もレースの時と変わらないくらいまで戻ってきていたので、明日から坂路に入れていく予定です」

2020.07.22 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「レース後も疲れも見られず、とても元気なため、今日から角馬場で乗り出してハッキング調整しています。順調に立ち上げていけると思います」

2020.07.18 : 7月18日レース後コメント(13着)
石坂正調教師「道悪で苦しかったと思いますが、いつものような怯むところを出さなかったのは収穫でした。体重が増えていたのも良かったですね。騎乗した西村淳騎手は『今日はどこを通っても悪い馬場でした。気にして進んでいかないところもありましたが、内容は悪くなかったですし、距離はもっとあっても大丈夫だと思います。もう一度芝を試させてください』と話していたので、小倉でもう一度芝を使ってみたいと思います」

2020.07.16 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。昨日は装蹄を行いましたが、とてもヤンチャで装蹄師をだいぶ手こずらせていました。ただ、ここまでヤンチャできるのも、体と心に余裕があり、状態のよい証拠ではないかと思います」
馬体重482キロ
※今週18日(土)阪神12R・3歳以上1勝クラス・芝1600m(外)に西村敦騎手で出走します。

2020.07.15 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.1-38.6-25.2-12.7 一杯
外シトラスノート一杯と併せで0.1秒遅れ

助手「メンコをして力むところがなくなったからか、最後まで折り合って、終い12秒台でしっかり走れていました。最近の調教では終いが少し甘くなってしまう印象がありましたが、これなら前回以上の状態で競馬に向かえるのではないかと思います」
※今週18日(土)阪神12R・3歳以上1勝クラス・芝1600m(外)に西村淳騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.07.09 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。今週、前歯が上下2本抜けました。もう生え変わっていてもおかしくない時期なので、体の成長が少し遅いタイプなのかもしれません。昨日の獣医師によるチェックでは、まだ少し緩さはあるものの、特に悪いところはないとのことでした。来週にはきっちり仕上がりそうです」
※馬体重482キロ

2020.07.08 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.0-40.2-26.4-13.0 一杯
外ポンペイワーム強めと併せで0.2秒先着

助手「今日はメンコをつけて追い切ってみました。雨で馬場状態も悪く、前も見えないほどの状況でしたが、道中脚がたまるくらい落ち着いていて、最後までしっかりと伸びていました」 

2020.07.02 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。昨日の追い切りではメンコをしてみたのですが、先週より力みが取れ、リラックスして走れていたので、競馬でも試してみようと思っています」

2020.07.01 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.8-41.7-28.1-14.0 馬なり
外ポンペイワーム馬なりと併せで0.2秒先着
石坂正調教師「今朝も時計を出していますし、馬は元気ですが、まだトモがついてきていない状態です。しっかりしてくるには、もう少し乗り込んでいく必要がありそうですね」

2020.06.25 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場
石坂正調教師「今朝は角馬場でハッキング調整でした。馬は元気いっぱいの様子です。次は芝を使おうと考えています」
※7月18日(土)阪神12R(芝1600m)を西村騎手で予定。

2020.06.24 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 58.4-43.6-28.1-14.1 馬なり
助手「今朝は単走で追い切りました。メンコを外したせいか、少しハミを噛みすぎている感じがありましたが、走り自体はいい動きをしていたと思います」

2020.06.18 : 栗東:石坂正厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.9-47.5-30.7-15.3 馬なり
助手「今朝は坂路を1本乗りました。放牧前より、走り方がピッチになってきたように感じました。短距離タイプにシフトしてきているのかもしれません」

2020.06.17 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.06.12 : ノーザンファームしがらき
馬体重509キロ。
調整は順調で週2回坂路で14-14や14-13といった強めの調教を行っています。
体重が増えてひと回り大きくなった印象を受けますが、重苦しさはなく、スピード感のある走りを見せていますし、日々の鍛錬で力強さも備わってきました。来週中には栗東・石坂厩舎に帰厩することになりそうです。

2020.06.05 : ノーザンファームしがらき
馬体重507キロ。
週に2回14-14ほどの時計を出すなど調整は順調です。びっしり乗り込んでも体重が減らず体の成長は感じますが、たんたんと走っているような印象を受けるため併せ馬を増やすなど工夫して改善を図っているところです。引き続き定期的にケアしながら乗り込んでいきます。

2020.05.29 : ノーザンファームしがらき
馬体重506キロ。
引き続き周回コースと坂路を併用して調整しています。週2回は坂路で15-14ほどの時計を出していますが、動きは問題ありませんし、調教を強めてからもテンションが高まることもありません。カイバは多めに食べさせているので乗りながらでも体重は増加傾向にあります。今後は7月中旬の阪神開催での出走を目標に乗り込んでいくことにしています。

2020.05.22 : ノーザンファームしがらき
馬体重500キロ。
今週も周回コースと坂路を併用して乗り込んでいます。ここ数戦、結果が伴わないため前回滞在時のようなトレッドミルを併用しての調整から毎日騎乗調教を行うメニューへと変更したところです。動き自体は悪くありませんが、まだ活気が物足りないため、調教にメリハリをつけて心身のコンディションの良化を図っていきます。

2020.05.15 : ノーザンファームしがらき
馬体重498キロ。
周回コースを長めに乗ったり、日によっては坂路で15-14ほどの強めの調教も行ったり調整は順調に進んでいます。体重が示すとおり体を大きく見せていますし、毛ヅヤもピカピカで内面のコンディションよさそうです。帰厩予定が立つまでは週2回15-15や15-14ほどの時計を出していくことになりそうです。

2020.05.08 : ノーザンファームしがらき
馬体重492キロ。
馬体重が大きく回復しましたし、体調も問題ないため、予定どおり今週乗り出しました。すでに15-15も1本消化したところです。来週以降はトレッドミルを併用しながら週2回は強めの調教を行うことになりそうです。

2020.05.01 : ノーザンファームしがらき
馬体重447キロ。
火曜日に入場し、現在はマシンで調整していますが、歩様の硬さなどはなく目立った疲れは確認されていません。今週いっぱいはマシンでの運動にとどめて馬体の回復を図り、週明けからトレッドミルでの調整を始める予定、順調に回復すれば週半ばには乗り出すことになりそうです。

2020.04.28 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2020.04.26 : 4月26日レース後コメント(8着)
石坂正調教師「今日は前目で競馬をさせる予定でしたが、ゲートのタイミングが合わず、後ろからになってしまいました。展開は合った感じもしますが、外を回った分もあり、捲り切れませんでしたね。直線で下がってからは、砂を被ってよれてしまっていました。どうもイメージしている競馬ができていません。この後も番組はありますが、まだ若馬ですし、もう一度使うか放牧に出すかは、上がりの様子を見てから考えます」

2020.04.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。昨日の獣医師の馬体チェックでは、首の硬さも取れ、前後のバランスも前走より良化が見られるとのことでした」
476キロ
※今週26日(日)京都6R3歳1勝クラス・ダ1800mに浜中騎手で出走します。

2020.04.22 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.2-39.5-26.0-13.6 一杯
外ストーミーバローズ一杯と併せで0.3秒遅れ

助手「今日はテンに少し力むところがありましたし、馬場状態もかなり重かったので、終いの時計が物足りなかったのですが、状態自体は変わらず良さそうです」
※今週26日(日)京都6R3歳1勝クラス・ダ1800mに浜中騎手で出走を予定しています。想定ではフルゲート16頭のところ19頭が出走の意思を示しており、除外の可能性があります。

2020.04.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整を行いました。昨日の獣医師によるチェックで首の筋肉に少し硬さが見られるとのことだったので、レーザー治療しながら進めて行きます」
472キロ

2020.04.15 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 58.6-43.7-29.3-14.5 馬なり
助手「中間も順調に調整していて、今朝は坂路で時計を出してみました。競馬後のイライラした感じがなくなり、落ち着きが出てきました」

2020.04.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.3-49.0-32.6-16.1 馬なり
助手「今朝も跨ってからとても元気が良かったので、坂路を1本上げました。レースの疲れもなさそうですし、順調に立ち上げて行けそうです」
474キロ
※4月26日(日)京都5R(ダ1800m)を浜中騎手で予定。

2020.04.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整を行いました。競馬明けですが元気が良く、明日も今日くらい元気なようなら、坂路を1本上げてみてもいいかなと思っています」

2020.04.05 : 4月5日レース後コメント(6着)
石坂調教師「スタートは出て、ある程度のポジションで競馬はできましたが、リズムに乗れないというか、スムーズな競馬ができませんでしたね。久しぶりの分もあったかもしれませんが、今日の競馬の内容には納得がいっていません。レース後の状態に問題がなければこのまま厩舎に置いて、またどこかで競馬を使うつもりです」

2020.04.02 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でした。馬体重は478キロと先週と変わりありませんでしたが、乗り込んできたことで太め感も見られず、まずまず仕上がったのではないかと思います」
※今週5日(日)阪神5R3歳1勝クラス・ダ1800に浜中騎手で出走します。

2020.04.01 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.0-39.0-25.5-12.9 一杯
内ルナステラ一杯と併入
助手「先週テンからびっしりやっているので、今週の追い切りは終い重点でやりました。これで仕上がりは問題ないと思います」
※今週5日(日)阪神5R3歳1勝クラス・ダ1800に浜中騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.03.26 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「追い切った後なので、角馬場でハッキング調整です。馬体重は478キロ。明日は確認でゲート練習に行く予定になっています」

2020.03.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.1-39.0-25.5-13.1 一杯
助手「中間も順調に乗り込めていて、だいぶ太め感もなくなってきました。今朝はびっしり追ったので、この一追いで良くなってくると思います」
※次走の鞍上は浜中騎手の予定です。

2020.03.19 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場で軽めの調整です。昨日の獣医師のチェックでも、まだ心音がこもったような音でまだまだ重い、頑張ってどんどん乗り込んでくださいとのことでした。体調面で不安はないので、負荷をかけてレースまでになるべく絞っていきたいと思います」

2020.03.18 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.5-42.1-27.9-14.0 馬なり
助手「坂路で時計を出してみましたが、まだ帰ってきたばかりなので、見た目も中身もまだ重さを感じさせますね。トモの傷はもうすっかり治っていますし、今回は脚あてもつけているので問題ありません」

2020.03.12 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.1-47.6-31.6-15.7 馬なり
助手「坂路を1本上がりましたが、かなり行きっぷりがよく押さえるのが大変でした。状態に関しては特に問題なさそうなので、順調に進めて行けそうです」
※4月5日(日)阪神5R(ダ1800)を予定。

2020.03.11 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.03.06 : ノーザンファームしがらき
馬体重506キロ。
引き続き周回コースと坂路で調整しています。帰厩に備えてペースを上げたところで週2本坂路で15-14を消化しています。しっかり乗り込んで鍛えたことで背中やトモの筋肉が戻り、動きにも力強さが感じられるようになりました。態勢はほぼ整っており、来週中に栗東・石坂厩舎に帰厩する予定です。

2020.02.28 : ノーザンファームしがらき
馬体重505キロ。
今週も周回コースと坂路を併用して調整しています。脚元に不安もないため、日によっては坂路を15秒ほどのペースで2本乗るなどしっかり負荷をかけています。まだいい頃と比べてトモの張りに物足りなさを感じますが、乗り込むうちに戻ってくるでしょう。来週以降も15-14といった強めの調教を行うなどして鍛えていきます。

2020.02.21 : ノーザンファームしがらき
馬体重504キロ。
球節の不安が解消し調整は順調に進んでいます。現在は周回コースで長めをじっくり乗りながら週に2回坂路入りしており15-15ほどの時計も出しています。この時期としては毛ヅヤが良好、張りが出て体も大きく見せるなどコンディションは着実に上向いてきています。来週も同じようなメニューで調整することにしています。

2020.02.14 : ノーザンファームしがらき
馬体重495キロ。
傷腫れは治まりましたし、球節も落ち着いているため、今週から乗り出しました。現在は周回コースと坂路で調整しているところで坂路ではすでに15-15を1本消化しました。いまのところ反動は見られないことから来週以降、周回コースで長めに乗ったり週2本強めの調教を行ったりすることにしています。

2020.02.07 : ノーザンファームしがらき
馬体重494キロ。
先週末、右トモに傷腫れを発症したため、マシンやトレッドミルでの調整にとどめてきましたが、日を追うごとに腫れが引いてきたことから、あす(土)乗り出すことになりました。休んだことで体重が増えているのでこれ以上太らないようしっかり乗り込んでいきます。

2020.01.31 : ノーザンファームしがらき
馬体重474キロ。
入場後はマシンで調整していますが、右トモは運動前こそモヤっとしますが、午後には比較的すっきり見せています。いまのところあす(土)トレッドミルで調整して歩様などを確認する予定。今後の調整メニューについてはもう少し脚元の状態をチェックしたうえで決めることにしています。

2020.01.29 : 石坂厩舎→ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきへ移動しました。
助手「蹄鉄を削ったり、脚あてをつけたりして対策はしていたのですが、再度右トモ脚をぶつけて傷口から細菌が入って腫れてしまい、放牧に出すことになりました。蹄冠部の皮膚が弱ってしまっているので、まずはそこをしっかり治した方が良さそうです」

2020.01.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.3-48.4-32.0-16.0 馬なり
助手「放牧に出すほどではないですが、一頓挫あったことから予定を延ばすことになりました。もう影響はないですし、昨日は坂路の乗り初めでうるさかったですが、今日は落ち着いていました。馬体重も休ませている間は飼い葉を加減していた割に増えています」
470キロ
※2月15日の東京4R(ダ1600)か同日京都7R(ダ1800)を予定。

2020.01.22 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.8-50.2-33.5-16.8 馬なり
助手「先週の金曜日に左トモの蹄冠部を交突させてぶつけてしまい、挫跖してしまいました。幸いぶつけた場所が蹄冠だったので、すぐに膿も排出されて大事には至りませんでした。昨日から角馬場に入れ始めて、今日からは坂路に入れています。蹄鉄も直して交突しないように注意したいと思います」

2020.01.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 65.9-49.0-32.8-16.0 馬なり
助手「今朝も坂路で普通キャンターの調整です。速いところを始めるのは来週からになりそうですが、今週末はCWコースに入れて大きめに乗っておくつもりです」
468キロ

2020.01.15 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 2本目 65.6-48.4-31.7-15.7 馬なり
助手「立ち上げ後も順調に調整を続けています。使ってからピッチ走法になってきたのかなという印象を受けます。次使って結果が出ないようなら距離を詰めてもいいのかなという感じはしています」

2020.01.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝から角馬場で乗り出しました。かなりうるさかったですし、大きな疲れはなさそうです。明日も角馬場で調整して、あさってから坂路に入れていく予定です」
※2月2日(日)京都3R(ダ1800m)をフォーリー騎手で予定。

2020.01.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「久々が影響したのか、レース後は息が入るのに時間がかかりました。こちらに戻ってからはすぐに飼い葉食いも戻りましたし、大きな反動は見られません。この後は在厩のまま続戦させる予定です」

2020.01.06 : 1月6日レース後コメント(6着)
福永騎手「勝ち馬の後ろにつけられましたし、道中の感じも悪くなかったです。直線もうまく外に出せたのですが、そこから思ったより反応がなく、伸びきれませんでした。馬体重はこれくらいでいいと思いますが、一気に増えすぎた反動で今回は動ききれなかったのかもしれません」

2020.01.03 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.2-38.7-25.3-13.0 一杯
グラットシエル一杯と併せで0.5秒遅れ
助手「併せたのはうちの厩舎の調教番長で、2F目は12.3秒でついていってしまったし、最後苦しくなったのは仕方のないところ。ここまで順調に調整ができましたし、前走は直線だけの競馬。昇級戦の今回も楽しみです」
※来週6日(月)京都6R3歳1勝クラス・ダ1800mに福永騎手で出走します。

2019.12.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.3-38.6-25.2-12.7 一杯
内ニューボート一杯と併せで0.1秒遅れ
助手「先週末CWコースで追った時は、直線内にもたれて苦しいところを見せていましたが、今朝は最後までしっかりまっすぐ走れていました。一追いごとに良くなってきていますし、来週追えばさらに状態は上がってきそうです」

2019.12.19 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「メンコは思惑通り効いてくれていて、人馬とも安全に調教に臨むことができるようになりました。追い切りと競馬の時以外はこのスタイルで進めて行こうと思います」
馬体重472キロ

2019.12.18 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.1-38.8-26.5-13.5 馬なり
助手「単走で14-14くらいの予定だったので、少し時計は速くなりましたが、全く無理はさせていません。芯が入ってきた感じで、しっかりとした走りをしています。引き続き順調に来ています」

2019.12.12 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は追い切った後なので角馬場での調整。今回音や動くものに敏感で物見が激しいので、普段からメンコを着けてみることにします。競馬では効果があるので、これで落ち着いてきてくれるといいですね」
472キロ

2019.12.11 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.4-41.3-27.1-13.5 馬なり
内ダーヌビウス馬なりと併せで0.1秒先着
助手「15-14くらいの予定でしたが、迫力のある素晴らしい動きでした。休ませたことで馬が成長して動きが変わってきました。体調もいいですし、楽しみです」

2019.12.05 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.8-47.5-33.1-15.6 馬なり
助手「体高が伸びて帰ってきた気がします。前捌きも良くなり歩様に柔らかみも出ました。ただ、今日は力みながら走っていたので、もう少しリラックスして走ってほしいですね。レースはおそらく年明けになるでしょう」

2019.12.04 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.11.29 : ノーザンファームしがらき
馬体重498キロ。
調整は順調で週2日坂路で15-14ほどの時計を出しています。相変わらず動きは軽快でこの時期としては毛ヅヤも良好です。成長著しく、乗りながらも体重が増えてさらに迫力も出てきました。早ければ来週中に帰厩する可能性もあるため、あす(土)以降も強めの調教をおこなって態勢を整えていきます。

2019.11.22 : ノーザンファームしがらき
馬体重492キロ。
今週から15-15を週2本に増やしました。ペースを上げてからも体重に変動が見られないようにだいぶしっかりしてきましたし、全体的に筋肉がついてどっしり大きく見せています。見た目とともに動きも着実に良化しており、ダート馬らしい力強い動きで坂路を駆け上がっています。来月中旬以降の帰厩を視野に入れて乗り込んでいきます。

2019.11.15 : ノーザンファームしがらき
馬体重494キロ。
トレッドミルと坂路で調整を行っています。ふだんはF17秒ほどで乗っていますが、週1本15-15ほどの時計を出しています。背中にも肉がついてくるなど全体的にパワーアップしていますが、成長とともにもうひと回り大きくなってきそうです。来週から少しずつ時計を詰めるなどペースを上げることにしています。

2019.11.08 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重487キロ。
予定どおり今週火曜日に15-15を消化しましたが、帰厩まで時間があるため、そのほかの日は角馬場やトレッドミルで調整しました。動きは問題ありませんし、時計を出し始めてからも背腰などに疲れはありません。来週以降もトレッドミルと坂路を併用し、メリハリをつけた調教で成長を促しつつ鍛えていきます。

2019.11.01 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重486キロ。
調整は順調で坂路での調整をメインに進めています。ペースはF17秒から16秒ほどです。体重は十分回復しましたし脚元などに疲れもないため、来週くらいから15-15を始めるなどペースを上げていくことになりそうです。

2019.10.25 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重480キロ。
先週末からトレッドミル調整を始めましたが、馬体重が予想以上に早く回復したため、今週月曜日に乗り出しました。現在は坂路をF17秒ほどのペースで乗っています。脚元はまったく問題ありませんし、筋肉の疲れも感じません。次走はしばらく先になりそうなので、メリハリをつけた調教で成長を促しながら鍛えていきます。

2019.10.18 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重450キロ。
入場後はマシンで運動しています。筋肉などに痛みはありませんが、体重は減っていてトップラインの肉付きも寂しく映るので楽をさせて回復を待っているところ。いまのところあす(土)からトレッドミルでの調整を始めることにしています。

2019.10.16 : ノーザンファームしがらき
月曜日にノーザンファームしがらきへ移動しました。

2019.10.13 : 10月13日レース後コメント(1着)
ルメール騎手「はじめてのダートでしたが、走りは全く問題なかったですし、道中は終始良い手応えで自信を持って乗れました。直線もいい脚を使ってくれて今日は完勝でしたね。能力を感じましたし、この内容なら次も楽しみです」
石坂調教師「お待たせしてしまいましたが、ダートに変わって期待通りの走りを見せてくれました。中々飼い葉が身にならない馬で、今日も腹周りはすっきり見せてしまっていたので、検疫の兼ね合いもありますが、一度放牧に出す予定でいます」

2019.10.10 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場調整で、引き続き順調に来ています。速い脚は使えないのでダートに変わるのはプラスに働きそうですし、調教ではだいぶ前向きさも出てきているので、そろそろきめておきたいところです」
馬体重454キロ
※今週13日(日)京都2R2歳未勝利・ダ1800mにルメール騎手で出走します。

2019.10.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.1-40.2-26.2-13.4 強め
ラルナブリラーレ馬なりと併せで0.1秒遅れ
助手「併せ馬で追って最後わずかに遅れましたが、後半で馬場も重かったですし、あまり気にする必要はないでしょう。ここにきてだいぶ動きも軽くなってきているので、状態も上がってきていると思います」
※今週13日(日)京都2R2歳未勝利・ダ1800mにルメール騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.10.03 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー 角馬場
助手「角馬場で軽めに調整を行いましたが、出掛けの歩様も問題なかったですし、落ち着いて運動できていたと思います。まだ緩さはあるものの、走りに対しては前向きですし、成長と共に緩さも解消してくると思います。まずは来週のレースに向けて、状態を上げていきますよ。今週の馬体重は456キロでした」

2019.10.02 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー 角馬場→坂路
ブロンクス    54.1-39.9-25.8-13.0 強め
ダイアナブライト 53.5-39.4-25.5-12.9 強め

石坂調教師「先行して追い切りましたが、下ろしがけからイライラする感じもなかったですし、道中も我慢の利いた走りができていました。最後も乗り手のアクションにきちんと反応してくれて長く良い脚を使えていました。次走はダート戦を使う予定ですが、普段の稽古から力強い走りができているようにダートは合うはずなので、この調子で乗り込んで来週の競馬に良い状態で送り出したいと思います」

2019.09.26 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「角馬場で軽めの調整を行いましたが、元気いっぱいでした。けさ馬体重を量ったところ460キロでした。これまでと数字は大きく変わらなくても、精神的なものなのか、筋肉が戻り切っていないのか思ったほどふっくら見えませんね。鍛えていくことでたくましくなってほしいです」

2019.09.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.8-41.0-27.2-14.0 馬なり
助手「飼い葉食いはいいのですが、中々身になってこなかったので、中間から胃潰瘍治療薬を入れながら進めています。その後はだいぶ肉付きもよくなってきたので効果はありそうです。今朝は坂路で追いましたが、楽な手応えで息遣いもよかったです」
※10月13日(日)京都2R・ダ1800mをルメール騎手で予定。

2019.09.19 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 服部 58.2-42.8-28.0-14.0 馬なり
外ダイアナブライト馬なりと併入
服部騎手「15-14の指示でテンはゆっくり入ったのですが、行きっぷりが良く手綱を抑えるのがかなり大変でした。最後まで手応えよく楽に併入できましたし、動きは良かったと思います。いい馬です」
※10月13日(土)14日(日)のダ1800Sを予定。

2019.09.18 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 2本目 助手 66.3-48.2-31.1-15.6 馬なり
助手「帰厩後も順調に調整しています。以前に比べると、少し行く気を見せるようになってきたかなという印象です。明日は時計を出してみることにしています」

2019.09.15 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.09.13 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重482キロ。
先週末に14-13を、今週に入っても2本速い時計を出しました。動きや見た目は大きく変わっていませんが、日に日に反応はよくなっていますし、前向きさも感じられるようになっています。定期的に高周波治療を施していることで背腰などの疲れもほとんどありません。近日中の帰厩が予定されています。

2019.09.06 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重481キロ。
今週に入ってからの調整も順調ですでに15-15を2本消化しました。体重こそ大きく変わらないものの、全体的にしっかりしてきて調教での動きも力強くなっていますし、時計を出したあとも疲れは見せていません。あす(土)も15-15を消化するなど、帰厩に向けてペースアップを図っていきます。

2019.08.30 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重479キロ。
調整は順調できのう(木)は併せ馬で15-15を消化しました。トモに力がつき、体を起こして走れるようになるなど前後のバランスが整ってきていて、きのうも手綱を持ったままの状態で楽に時計が出ました。体重が増えて全身の肉付きもよくなってきていますし、前進気勢も強くなるなど心身の成長を感じます。

2019.08.23 : ノーザンファームしがらき
トレッドミル調整、坂路1本。馬体重477キロ。
週明けからトレッドミル調整を始め、火曜日には坂路で乗り出しました。ペースはF17秒から16秒ほどです。疲れはほぼ解消し、食欲もあるため体重は回復しましたが、まだ背中からトモにかけての筋肉が落ちているので乗りながら戻していきたいところです。

2019.08.16 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重450キロ。
火曜日に入場しました。入場後はおとなしい様子ですが、カイバは食べていますし、脚元などに疲れも見られません。来週からトレッドミルで調整する予定ですが、まずは馬体の回復を優先して進めていきます。

2019.08.14 : ノーザンファームしがらき
昨日、ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2019.08.10 : 8月10日レース後コメント(3着)
北村友騎手「もう一脚使えれば勝てるんですけどね。直線はフラフラしていました。まとまっていて乗りやすくいい馬なんですが、小さい器の中でまとまってしまっている感じで、今のまま芝を使っているとこのままだらだら未勝利で勝ちきれない競馬をしてしまいそうな感じもします。ダートで終いを生かす競馬を試してみたりしてもいいかもしれません」

石坂正調教師「芝を続けて使っても今日と同じような競馬が続くかもしれないので、次走はダートを使うことも考えます。暑い時期を2度使ったので、一旦放牧に出して一息いれることにします」

2019.08.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
石坂調教師「ある程度脚をためるような競馬をさせたいと考えています。今回結果が出ないようなら路線の転換を考えなければなりませんが、一度使って良くなっているので巻き化してくれると思います」
452キロ
※今週10日(土)小倉2R2歳未勝利・芝1800mに北村友騎手で出走します。

2019.08.07 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.3-40.8-25.9-12.5 馬なり
内ニューリリース強めと併入
助手「もう少し全体の時計を出しても良かったですが、新馬相手にペースを合わせる形でしたからね。もう少しガツンと来るところが欲しいところではありますが、息遣いは一追いごとにかなり良くなってきていますね」
※今週10日(土)小倉2R2歳未勝利・芝1800mに北村友騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2019.08.01 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場で1周半歩様だけ確認しました。暑いので夏バテしないようになるべく前半で乗るようにしていますし、飼い葉も食べています。昨日追ってカチッとはまってきた印象はあり、週末もCWコースで乗る予定。来週追えばさらに良くなるでしょう」

2019.07.31 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.7-39.9-26.8-13.8 馬なり
外オクラホマ馬なりと併せで0.1秒遅れ
助手「併せ馬で追いましたが、前に馬を置いて馬なりの内容。全体の時計は予定より少し速くなりましたが、前回は少し攻め馬が軽すぎた感じもするので、かえって良かったと思います。息の入りなどは前回使う前よりかなり良化しています」

2019.07.25 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.1-50.1-33.1-16.3 馬なり
石坂調教師「今朝から坂路に入れていますし、状態は変わりありません。前走の敗因がつかみきれませんが、良馬場で見てみたいのでもう一度芝を使ってみることにします。先入観なく乗ってほしいので、次走はジョッキーを変えてみます」
454キロ
※8月10日(土)小倉2R(芝1800)を北村友騎手で予定。

2019.07.24 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「メンコをしていったので、装鞍所から落ち着いていましたし、ゲート裏でもジョッキーから返し馬で馬場を気にしている様子はないとの話だったので、これなら勝負になると思っていたのですが、結果を出すことができず申し訳ありませんでした。レース後は馬体に問題もなく、昨日から角馬場で乗り出しています。昨日は立ち上がったりしてうるさかったですが、今朝はガスも抜けて落ち着いていました。明日からは坂路に入れていくと思います」

2019.07.20 : 7月20日レース後コメント(5着)
松山騎手「返し馬では馬場を気にしているようなところもありませんでしたし、デビュー前に調教に乗せていただいた頃より、成長してしっかりしている印象を持ちました。前回の競馬のイメージから早めに踏んで行ったのですが、反応が悪く、4コーナーでは内の馬に寄られてトモを落とす不利があったにしても、そこから直線も伸び切れませんでした。乗り味からはこのような結果になるような馬ではないはずなのですが、今日は敗因が掴み切れません」

2019.07.18 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「今朝は角馬場でハッキング調整でしたが、前回の最終追いの時よりは落ち着いていて、気性面の成長とゆとりを感じます。厩舎から一番近い体重計がここ2週間故障していて体重を量れていないのですが、見た目は変わりないので同じくらいで出走できると思います」
※今週17日(土)中京1R2歳未勝利・芝1600mに松山騎手で出走します。

2019.07.17 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.1-38.3-24.9-12.6 一杯
内マリアバローズ一杯と併せで0.1秒遅れ

助手「能力的にも併入できるイメージで乗りましたが、今回はそこまで攻めてないせいか追ってから少し反応が悪かったですね。相変わらず乗り味は良いですし、しっかり追っておいたので、今日の一追いで目覚めてくれると思います」
※今週20日(土)中京1R2歳未勝利・芝1600mに松山騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.07.11 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「角馬場でハッキング調整しましたが、追い切り後も問題ありません。今週末はフラットコースで追うよう指示がでていますし、来週さらに追えば問題なく仕上がりそうです」

2019.07.10 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.2-41.0-26.9-13.3 馬なり
内マリアバローズ馬なりと併入

助手「今日は14-14の予定でしたが、終いは少し伸ばし気味にやっておきました。動きも問題なかったですし、上がりの息の入りも早く、あまり太め感も感じなかったです」

2019.07.04 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 70.9-52.1-34.5-16.8 馬なり
助手「環境が変わるとダメなタイプなのか、昨日の検疫馬房ではかなりうるさかったです。一晩経って今朝はすっかり落ち着いていましたし、坂路もゆっくり上がることができていました。大きく変わったところはないですが、少し背は伸びた気もします」
※次走の鞍上は松山騎手を予定。

2019.07.03 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.06.28 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重482キロ。
週2本坂路で14-13ほどの速い時計を出しています。まだ若さを見せることはありますが、体の使い方はよくなってきましたし、パワーも備わってきたため、入場当初より楽に坂路を上がれるようになりました。来月20日(土)のレースに向けて、来週中に栗東・石坂正厩舎に帰厩する予定です。

2019.06.21 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重473キロ。
調整は順調で先週末から坂路で14-14を始めるなどペースを上げました。背腰は定期的に低周波による治療を施しており、治療をするたびに張りがとれて痛みも和らいでいます。苦しいところがなくなったためカイバ食いもよくなり、体重も徐々に増えてきました。中京開催後半での出走が予定されており、帰厩まで速い時計をコンスタントに出しつつ、しっかり距離も乗っていきます。

2019.06.14 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重466キロ。
予定どおり先週末乗り出しました。現在は周回コースと坂路を併用していますが、すでに坂路で15-15を2本消化するなど調整は順調です。レースを走ったことによる全身の筋肉疲労があったので低周波をあててケアしましたが、若馬ということもありすぐに回復しました。体が楽になってから立ち上がろうとするなど、うるさいくらいに元気な様子を見せているので、さらに調教を強めても問題なさそうです。

2019.06.07 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重451キロ。
入場後はマシン調整で疲れを取っています。以前滞在していたより背中の肉付きが物足りなく映りますが、元気いっぱいですし、念のため行ったレントゲン検査でも脚元にも異常は見つからず、これまでのところレースを走った反動は確認されていません。あす(土)から乗り出す予定ですが、すぐにペースアップできそうです。

2019.06.04 : 栗東:石坂正厩舎→ノーザンファームしがらき
本日ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2019.06.02 : 6月2日レース後コメント(2着)
浜中騎手「スタートは出てくれましたが、二の脚や道中の感じを考えるともう少し距離があった方が良さそうですね。直線も内を割って伸びてくれましたし、最後まで頑張って走ってくれました。素直な馬ですし、すぐにチャンスはくると思います」
石坂正調教師「装鞍所ではうるさいところもありましたが、パドックでは落ち着きを取り戻してくれました。今日はいかにも新馬戦という走りでしたが、直線は内を割ってくるなどいいところもありましたね。入厩からここまで詰めて調整してきたので、ここで一旦ノーザンファームしがらきへ放牧に出して一息入れてあげることにします」

2019.05.30 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「昨日獣医師によるチェックでも、どこにも問題はありませんでした。ここまで飼い葉食いも悪くならず、入厩からここまでとても順調にくることができました。あとは競馬場で落ち着いてレースを迎えることができれば、初戦からいい競馬をしてくれると思います」
448キロ
※今週2日(日)阪神5R 2歳新馬 芝1400m(内)に浜中騎手でデビューします。

2019.05.29 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 浜中 54.3-39.6-25.8-12.6 仕掛け
外レイジングブレイズ一杯と併せで0.4秒先着
浜中騎手「厩舎から聞いていた通り、特に癖もなく乗りやすかったですし、指示通り終い1Fだけ伸ばしました。先着できた通り仕掛けてからの反応も良く、初戦からいい勝負ができる状態にありそうです」
※今週2日(日)阪神5R2歳新馬芝1400m(内)に浜中騎手でデビューを予定しています。想定から除外はありません。

2019.05.23 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「昨日追い切ったので、今日は引き運動だけにして楽をさせてあげました。変わらず落ち着いていますし、馬体重も先週と同じで450キロ。このままならいい状態でデビューを迎えることができそうですね。来週は浜中騎手に乗ってもらい、感触を確かめてもらうことにしています」

2019.05.22 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.4-39.4-25.7-12.9 一杯
外レッドフラヴィア馬なりと併せで0.1秒先着
助手「先週に引き続きレッドフラヴィアとの併せ馬。まだ走り方がわかっていない感じで、追ってからグッと沈むようなところはありませんでしたが、後ろから追いかけていましたし、終いも12秒台でまとめたので、2歳新馬としては十分な時計が出ていると思います」
※鞍上は浜中騎手の予定です。

2019.05.16 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場
助手「物見をするようなところもないですし、まだ速く走ることを分かっていないので道中の手応えはあまりありませんでしたが、促すとスッと反応してくれました。CWコースで乗っても息は乱れることもないですし、獣医師もまるで古馬みたいだと評価してくれています。明日は松山騎手にまたがってもらう予定でいます」
※6月2日(日)阪神5R(芝1400m)を松山騎手で予定。
(当初の予定に誤りがございましたので訂正させていただきました)

2019.05.15 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.7-41.5-27.6-13.7 馬なり
内レッドフラヴィア馬なりと併入
石坂正調教師「1本目なので14-14くらいの予定で追いましたが、素晴らしい動きでした。距離適性などはまだわかりませんが、高いポテンシャルを感じています。このまま阪神開催でのデビューに向けて進めていくことにします」

2019.05.09 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:ゲート試験(合格)
助手「二の脚は相変わらずあまり速くありませんでしたが、無事合格することができました。この後は、このまま厩舎に置いておくことになったので、追い切りを始めてからの動き次第ですが、阪神開催でのデビューを目指していくことになりそうです」

2019.05.08 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:ゲート練習
助手「今日も発馬練習を行いました。発馬もだいぶ出るようになってきましたし、いい併せ馬の相手も見つかったことから、明日、試験を受けてみることになりました。二の脚が少し遅いので、そこだけクリアできれば合格できる水準まで来ています」

2019.05.02 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:ゲート練習
助手「今日は通常ゲートから発馬練習を行いました。入りと駐立は引き続き問題ないですが、まだ発馬は出ていかないので練習が必要ですね。賢い馬なので、練習していけばすぐに出ていくようにはなりそうです。来週中に試験を受けられるように進めていきたいところです」

2019.05.01 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:ゲート練習
助手「今朝からゲート練習を始めました。今日は前扉を手開けで出しましたが、入りや駐立も問題なかったので、あとは発馬だけ練習していけばというところですね。今日の感じなら、ゲート試験までそう時間もかからなそうです」

2019.04.26 : 栗東:石坂正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 70.7-52.9-34.9-17.3 馬なり
助手「検疫厩舎からこちらに来るときは、先頭を歩いておとなしく移動できていましたし、今日の調教も落ち着いて臨めていました。ゲートに行く馬がいたので、一緒についていき、後ろで輪乗りをして待っていましたが、ゲートを怖がるようなところもなかったです。飼い葉もよく食べています」

2019.04.25 : 栗東:石坂正厩舎
本日、栗東トレセン・石坂厩舎に入厩しました。

2019.04.19 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重470キロ。
週2日は坂路で時計を出すなど調整は順調です。今週火曜日には14-14を消化しましたが、古馬の後ろで折り合い、後半しっかり加速していました。前運動中に立ち上がろうとすることはありますが、走り出してからは素直でコントロールも利いているので、1頭で走っても動じることはなさそうです。早ければ来週中に栗東・石坂正厩舎に入厩する予定となりました。

2019.04.12 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重464キロ。
今週から坂路でも調整を始めており、すでに15-14も1本消化しました。前向きでスピード感も十分、血液検査の結果でもこの程度の負荷ではまったく堪えていないということです。イライラすることもなく、カイバ食いも悪くないので負荷をかけてからも体重はキープしています。成長途上のため脚元がむくむことがありますが、長引くものではないので日々のケアを続けていけば心配いらないでしょう。あす(土)も強めの調教を行うことになりそうです。

2019.04.05 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター3000m。馬体重465キロ。
予定どおり月曜日に周回コースで乗り出しました。ペースはF20秒あまりでゆったり長めに運動しています。前向きさを感じますし、いい乗り味をしています。また、この時期に移動してきたことでもわかるように体力面にも不安はありません。早ければ2週間後にも入厩する予定のため、来週から徐々にペースを上げていきます。

2019.03.29 : ノーザンファームしがらき
馬体重458キロ。
けさ到着しました。長距離輸送が続いたことで疲れてしまったのか馬房ではおとなしく過ごしています。あす、あさってとマシン調整で疲れを取り、乗り出すのは週明け月曜日からになりそうです。

2019.03.27 : ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき
この中間も順調な乗り込みを消化。今週も引き続き坂路を15-16ほどのペースで駆け上がっており、動きはもちろんコンディションに関しても不安のない状態にあることから、予定通り今朝10時の積み出しでノーザンファームしがらきへ向けて出発しました。天栄を経由して29日(金)にしがらき到着の予定となっています。直近の馬体重は454キロです。

2019.03.15 : ノーザンファーム早来
馬体重456キロ
現在は週1回、屋内坂路コース800mを2本登坂(1本目3ハロン50秒、2本目3ハロン45秒のペース)、週2回は屋内坂路コース800mを1本登坂(3ハロン45~46秒のペース)、週3回は屋内周回コース2250mをハッキングで乗り込んでいます。乗り込みを重ねるごとに馬体は引き締まり、筋肉にはハリがあってアスリートのような体つきになってきました。今では坂路2本を楽な手応えで登坂できるようになってきており、基礎体力はしっかりとついてきた印象です。気性も本馬なりに気持ちをコントロールできるようになってきており、着実な成長がうかがえます。ここまでとても順調にきていることから、3月27日に早来を出発、天栄を経由して29日(金)到着の予定でノーザンファームしがらきまで移動する予定です。

2019.02.28 : ノーザンファーム早来
馬体重463キロ
その後も順調教に調教が進んでおり、坂路の登坂回数を増やす日を設けました。現在、週1回は屋内坂路コース800mを2本登坂(1本目3ハロン50秒、2本目3ハロン46秒のペース)、週2回は屋内坂路コース800mを1本登坂(3ハロン45~47秒のペース)、週3回は屋内周回コース2250mをハッキングで乗り込んでいます。初めて1日に坂路を2本登った日は、脚捌きも一杯になりきつそうでしたが、2回目はしっかりと走ることができました。体力は着実についてきている印象で、またフットワークも力強く動きそのものが良くなっています。馬体重に大きな変化はありませんが、メリハリのある好馬体をキープしており、精神面も本馬なりに徐々に落ち着きが出てきました。今後も焦らずじっくりと進めていきたいと考えています。

2019.02.15 : ノーザンファーム早来
馬体重466キロ
現在は屋内坂路コース800mを3ハロン46~47秒のペースで週3回の登坂、残りの日は屋内周回コース2250mをハッキングで乗り込むか、ウォーキングマシンでの運動をおこなっています。坂路での動きは前向きで手応え十分。馬体についても毛艶は良好で、引き続き変わりなく順調にきています。ただ、今後は一段と心身の成長を促したいため、坂路に替わってダート周回コースでの運動をおこなう日を設けるなど、調教メニューに強弱をつけていければと考えています。気性面は、普段とは違う環境に直面するとテンションが上がりやすくなる傾向がありますので、本馬が慣れていけるように上手くコントロールしていきます。

2019.01.31 : ノーザンファーム早来
馬体重461キロ
順調に調教が進んでおり、現在は屋内坂路コース800mを3ハロン46秒のペースで週2回、週1回は3ハロン47秒のペースで登坂、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。馬体は少しずつ競走馬らしい張りのある体つきになっている中で、特にトモの筋肉が充実してきた印象があり、着実な成長を感じています。気性面は段々と落ち着きが増してきていますが、依然として気難しさを見せることがありますので、今後も注意深く接していきます。坂路調教では乗り手の指示に対する反応が良く、脚捌きにも余裕がありますので、これからさらにタイムを詰めていっても苦にならないでしょう。

2019.01.15 : ノーザンファーム早来
馬体重468キロ
年末年始のリフレッシュ期間を挟み、現在は週1回、屋内坂路コース800mをハロン15~16秒のペースで登坂、週3回は屋内周回コース2250mをキャンターで乗り込み、週3回はウォーキングマシンでの運動をおこなっています。馬体は程よく張りがありますが、シルエットはシャープで変わらず状態は良好です。動きに関しても、力強さと柔らかさを兼備した走りを見せており、坂路のペースアップにも問題なく対応することができています。まだまだ気性面は幼いながらも、騎乗時には徐々にリラックスして動ける場面が増えてきている印象です。ここまで順調に進められていますので、引き続きじっくりと乗り込んでいきます。

2018.12.25 : ノーザンファーム早来
馬体重466キロ
その後も順調に坂路コースで調教を進めています。現在は週3回、屋内坂路コース800mをハロン16秒のペースで登坂、残りの日は屋内周回コース2250mをキャンターで乗り込むか、ウォーキングマシンでの運動をおこなっています。動きに関しては余裕のある手応えで坂路を登坂することができており、騎乗者も乗り味を高く評価しています。締まりのある馬体をしており、毛ヅヤも良くコンディションは良好と言えます。一方で気性面は、一定の成長が見られるものの落ち着きを欠いてしまうところがありますので、先頭を歩くなど新しい環境を経験させていくことで精神面の充実を促していきます。

2018.11.30 : ノーザンファーム早来
馬体重464キロ
引き続き、坂路コースで順調に調教を進めています。現在、週3回は屋内坂路コース800mをハロン16~17秒のペースで登坂、週3回は屋内周回コース2250mをキャンターで乗り込んでいます。キャンター時の脚捌きには柔らかさと力強さがあり、現時点では文句なしの動きといえるでしょう。だいぶ寒くはなってきましたが、毛艶は綺麗で代謝の良さが窺えます。気性面は、騎乗時・手入れ時ともにテンションが上がりやすいところがありますので、落ち着いた状態で調教に臨めるよう注意して進めていきます。

2018.10.31 : ノーザンファーム早来
馬体重460キロ
ロンギ場での騎乗馴致が順調に進み、10月6日からは坂路コースでの調教を開始しました。現在、週3回は屋内坂路コース800mをハロン18~19秒で登坂、週3回は屋内周回コース2250mをハッキングで乗り込んでいます。騎乗スタッフは『背中をとても柔らかく使うことができる』と話しており、大きなフットワークでキャンターができています。性格面では相変わらず我の強いところがありますが、普段から活気があり、走ることにもとても前向きです。馬体にはまだ幼さを感じるものの、飼い葉の喰いが旺盛で乗り込みながらも馬体重は増加していますので、今後も着実にペースを上げていけそうです。

2018.09.28 : ノーザンファーム早来
馬体重436キロ
9月12日にノーザンファーム早来・伊藤厩舎に入場しました。現在はウォーキングマシンでの運動を1時間とロンギ場での運動をおこなっています。放牧がなくなったことで馬体はやや引き締まっていますが、体調等は変わりなく良好で飼い葉もしっかりと食べています。元気一杯な本馬ですが、気性面ではやや我の強いところを見せており、運動時にも体力強化というよりは乗り手の指示を理解させることに重点を置いて取り組んでいます。今後は状態を確認しながら次のステップへと進めていきます。

2018.09.11 : ノーザンファーム早来
明日、育成牧場のノーザンファーム早来へ移動します。

2018.08.31 : ノーザンファームYearling
馬体重452キロ。
順調に夜間放牧をおこなっています。もともとバランスの良い馬でしたが、この夏を越してさらに良くなり、各部に筋肉がついてきてメリハリのある馬体に成長しています。放牧地では群れの中で強く、負けん気もあり、闘争心を前面にだして活発に走り回っています。

2018.07.31 : ノーザンファームYearling

このページのトップへ