近況情報|現役馬情報

現役馬情報

レッドアウローラ牝3歳 音無秀孝厩舎

  • RSS 2.0
  • 最新情報をメールで受け取る

近況情報

2019.04.19 : グリーンウッドトレーニング
マシン調整。馬体重436キロ。
入場後は60分間のマシン運動で疲れを取っています。目立ったダメージはありませんが、カイバ食いがゆっくりなところを見ると内面に疲れがたまっているのかもしれません。来週からトレッドミル調整を始めますが、目標も決まっていないため、しばらくは軽めの調整を続けることにしています。

2019.04.18 : グリーンウッドトレーニング
本日、グリーンウッドトレーニングへ移動しました。

2019.04.17 : 栗東:音無秀孝厩舎→グリーンウッド
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.6-47.9-32.1-16.3 馬なり
音無調教師「勝ちっぷりが良かったですし、中1週で牝馬限定の番組があったので、放牧に出さずに使うことも考えましたが、ここまで4走してきていますし、やはり馬のことを考え、明日グリーンウッドトレーニングへ移動させることにします」

2019.04.13 : 4月13日レース後コメント(1着)
松山騎手「これまでのレース内容を確認し、気持ちを切らさないように積極的に乗ろうと考えていました。上手にスタートを切ってくれたので出ムチを入れてハナへ。道中は物見をしてフワフワしていましたし、直線もフラつくなど幼いところを見せていましたが、しぶとく伸びてしのぎ切ってくれました。能力は高いので、これから気性面が成長してくればもっと活躍できるでしょう」
音無調教師「残り1Fのところでは手応えも見劣っていたので、一旦は負けも覚悟しましたが、そこからよく粘ってくれました。きょうは集中力を切らさないように乗ってくれたジョッキーの好判断もあったと思います。このあとは放牧に出すことにしました。火曜日にグリーンウッドトレーニングへ移動させる予定です」

2019.04.11 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「今朝は厩舎周りの乗り運動で調整しています。追い切り後も気配は変わらないですし、運動中も落ち着いていました。普段は勝ち気なのですが、競馬にいくと周りの馬を気にしたりするので、もう少しレースでも前向きさが出てきてほしいところですね。前回が思っていたより動けなかったので、なんとか巻き返して欲しいです」
※今週13日(土)阪神4R3歳未勝利(牝)芝2000mに松山騎手で出走します。

2019.04.10 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.7-40.3-26.3-13.3 一杯
外ミッキーバティーラ一杯と併せで0.1秒遅れ
助手「雨が降って馬場が悪かったですが、この馬なりに走っていましたし、乗ってみる感じは悪くなかったです。少しずつ良くなってきているのかなという印象ですね。あとは今週はいるかどうかですね」
※今週13日(土)阪神4R3歳未勝利(牝)芝2000mに松山騎手で出走を予定しています。想定からは除外の可能性があります。

2019.04.04 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.3-47.9-31.9-16.1 馬なり
音無調教師「引き続き軽めに調整していますが、状態に問題はありません。来週から出走を考えていきますが、阪神を本線に想定次第で福島での出走も考えていきます」

2019.04.03 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.3-48.7-32.3-16.2 馬なり
助手「中間も坂路で軽めの調整をしていますが、普通キャンターの走りは悪くありません。あとはパワーがついてきてくれればいいのですが、体調に特に問題はないのでこのまま進めていきます」

2019.03.28 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路 
坂 松若 62.8-47.1-30.9-15.9 馬なり
音無調教師「今日から乗り出してみましたが、調教中は落ち着いていて歩様も問題なかったので、このまま進めていくことにします。権利がないので、想定を見ながら阪神か福島で使うつもりです」

2019.03.27 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
音無調教師「小倉の内容からもう少しやれると思っていたのですが、結果を出せず申し訳ありませんでした。納得のいかない内容だったので、明日から跨ってみて問題なければ、このまま厩舎に置いておくつもりです」

2019.03.23 : 3月23日レース後コメント(9着)
中谷騎手「今週の追い切りでも、前に馬がいる時より並んでからの方が馬がやる気になっていたので、後ろから突かれる形の方がいいと思いスタートから出していきました。それでも外の馬に前に入られてしまったので、もう少し内目の枠を引いて、もっと前目のポジションを取りたかったですね。道中の感じは前走より良かったですが、まだ馬が非力で直線は伸び切れませんでしたし、広いコースだとこの距離も少し長いと感じました。これから成長して、もっと力をつけてきて欲しいと思います」

2019.03.21 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「普段の調教でチークを試したところ、気にしてうるさいところがあり、レースでつけると逆効果になる可能性があるので、今回はメンコを外して舌を縛って臨むことにします。調教の動きは未勝利を勝てるレベルくらいにはきているので、あとは集中して前向きに走れるかどうかでしょう」
※今週23日(土)中京4R3歳未勝利(牝)芝2000mに中谷騎手で出走します。

2019.03.20 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 中谷 52.3-38.3-25.3-12.8 一杯
内サンライズアキレス一杯と併せで0.1秒先着
中谷騎手「時計は出ていますが、競馬と一緒で道中は持ってためるところがなかったですね。状態に問題はないので、あとはレースで馬具を着けてみてどこまで変わってくれるかでしょう」
※今週23日(土)中京4R3歳未勝利(牝)芝2000mに中谷騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2019.03.14 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「今朝は坂路上まで乗り運動へ。だいぶ落ち着いて歩けるようにはなってきました。後は成長してこれからトモに力がついてくればさらに良くなってくるでしょう。来週のレースに向けて調整は順調に進んでいます」

2019.03.13 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.9-39.4-26.0-13.3 一杯
内ロフティネス馬なりと併入
助手「道中1馬身ほど追走はしていたものの、最後はほぼ一杯の手応えでした。少しずつは良くなってきていますし、どこが悪いとかはないのですが、動きにもうワンパンチほしいというのが正直なところです」

2019.03.07 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.7-49.9-32.4-15.6 馬なり
助手「今朝も坂路で軽めの調整です。状態に変わりはないので、今週末から15-15を始めて、少しずつ次走に向けてペースを上げていくことにしています」

2019.03.06 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.1-48.7-32.3-16.4 馬なり
助手「レースの疲れは抜けてきました。飼い葉食いはいいのですが、相変わらず調教中はチャカチャカしているところはありますし、もう少し体はふっくらさせていきたいところですね。明日も坂路で普通キャンターの予定です」

2019.02.28 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
音無調教師「明日から乗り出す予定ですが、疲れも見られるので予定通り中3週あけてじっくり立ち上げていきます。前走もうまく乗ってくれましたし、あまりコロコロ鞍上を変えたくないので、引き続き中谷騎手に依頼しています」
※3月23日(土)中京4R(牝/芝2000m)を中谷騎手で予定。

2019.02.27 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「小倉競馬場へ到着後も思っていたより飼い葉も食べてくれて、そこまで馬体重減らずにすみました。もう少し反応が良ければ良かったですが、次はメンコを外すので、そのあたりも変わってくることに期待します。レース後は全身筋肉痛で疲れが見られるので、明日までは引き運動で調整することにしています」

2019.02.23 : 2月23日レース後コメント(5着)
中谷騎手「返し馬で1頭になると物見をしていたので、レース中も気をつけていましたが、それでもフワッとするところがありました。なかなか自分から進んでいこうとしなかったので向こう正面でステッキを入れましたが、叱りつけるとしぶしぶながらハミをとっていました。最後もジワジワながらもきていましたよ。能力は感じますし、きょうキツく怒られたことでメンタルにも変化がでるはずなので、次はレースぶりがよくなるはずです。今回は耳まで覆うメンコで競馬をして反応が乏しかったので、次は耳を覆わないメンコにしたりチークピーシーズをつけたり馬具を工夫してレースに臨んだ方がいいかもしれません」

音無調教師「ズブかったですが、距離を延ばしたことで内容がよくなりました。体が減っているので、次は中3週での競馬を考えています」

2019.02.21 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切って馬房では少しピリピリしていましたが、運動中は落ち着いて歩けていました。馬体重は444キロで先週より少し減ってしまっていましたが、飼い葉は食べているので、あとは輸送がうまくいくかどうか。前走は忙しそうでしたし、距離延長はプラスに働きそうです。調教の動きはいいので、一変を期待しています」
※今週23日(土)小倉5R3歳未勝利・芝2000mに中谷騎手で出走します。

2019.02.20 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.7-39.8-26.1-13.1 馬なり
内デルマカトリーナ馬なりと併入
助手「先週除外になって1週延びていますし、輸送もあるのでやりすぎないように気を付けました。最後まで無理はさせていませんが、引き続き最後まで動きはよく、いい状態を保てていると思います」
※今週23日(土)小倉5R3歳未勝利・芝2000mに出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.02.14 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「テンションが上がりやすい馬なので、今朝は坂路上まで行かず、厩舎周りの引き運動で調整しました。落ち着いて歩けていましたし、引き運動にして正解でした。馬体重は446キロと前走時とほぼ変わらずですね。今週は抽選にはかかっていたのですが、残念ながら除外になってしまいました。まだまだ良化途上の馬で、1週延びることはマイナスにはならないと思うので、来週に向けてさらに体調が上向けるよう調整していきます」
※今週16日(土)小倉5R3歳未勝利・芝1800mに出走を予定していましたが、除外となりました。

2019.02.13 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.1-38.7-25.3-12.8 馬なり
内セブンティサン馬なりに併入

助手「終いはグッと沈み込むフォームになり追いたくなりましたが、中1週になるのでやりすぎないように我慢しました。乗り味は変わらず未勝利クラスではありませんし、距離が延びた方が良いタイプでしょう。予定していた牝馬限定戦は節が足りず除外対象なので、想定上頭数の少ない芝1800m戦に向かうことも考えます」
※今週16日(土)小倉5R/3歳未勝利・芝1800mに出走を予定しています。想定からは除外の可能性があります。

2019.02.07 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手  69.9-51.4-33.6-16.6 馬なり
助手「今日から担当になり始めて跨りました。牝馬らしい神経質なところはありそうですが、馬格もありいい馬です。飼い葉も食べていますし、立ち上げは問題ないので、来週から投票を入れていく予定です」
※2月16日(土)小倉3R(牝/芝2000m)を松若騎手で予定

2019.02.06 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「もう少し好位で競馬できると思っていましたし、終いももっと脚を使ってほしかったですね。いい馬なので、これから力をつけていけば変わってくると思います。レース後も飼い葉はしっかり食べていて、馬体にも異常はないので、このまま続戦の予定です。明日くらいから坂路に入れていくことになると思います」

2019.02.03 : 2月3日レース後コメント(9着)
松山騎手「まだどうしたらいいのか分かっていないせいか、スタートからモタついていてステッキを入れながらの追走になりました。直線も勝ち馬のすぐ後ろにいて十分なスペースもありましたが、全体的に緩いので追ってからの反応も薄く、伸び切れませんでした。道中もノメッて走りにくそうだったので、タフな馬場も苦手なのかもしれません。おとなしくてクセもなく、すごく乗りやすい馬。経験を積んでいけば変わってくるはずです。まずはきれいな馬場で走らせてあげたいですね」

2019.01.31 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「今朝は坂路上で乗り運動での調整です。だいぶピリピリしてきてはいるので、今週使えることになり良かったです。飼い葉は変わらず食べていますが、もう少し全体的に筋肉がついてきてほしいところですね。動きは良化してきているので、今の状態でどんな競馬をしてくれるのか楽しみです」
※今週3日(日)京都6R3歳新馬・芝1600m(内)に松山騎手でデビューします。

2019.01.30 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.4-39.5-26.1-13.2 仕掛け
内セブンティサン一杯と併せで0.2秒先着
助手「だいぶ坂路でも動けるようになってきました。最後は併せ馬が遅れたので無理をせず、時計は地味ですが、除外で1週延びてやりすぎたくはなかったので、ちょうどよかったと思います。あとは今週使えるかどうかですね」
音無調教師「先週でも使えたくらいなので、仕上がりに関しては問題ありません。今週も新馬戦が混み合うことが予想されるので、もし除外になるようなら土曜日の未勝利戦に松山騎手で再投票することも考えます」
※今週3日(日)京都6R3歳新馬・芝1600m(内)に松山騎手でデビューを予定しています。想定からはフルゲート16頭のところ30頭が出走の意思を表明しており、除外の可能性があります。

2019.01.24 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「今朝は坂路上まで乗り運動へ。うるさいところもありますが、飼い葉は食べてくれるので助かっています。だいぶ煮詰まってきているので今週使いたかったところですが、仕方ありません。来週の出走を目指して引き続き調整していきます」
音無調教師「除外になってしまったので、来週の出走を目指します。再来週は芝2000m戦しかないので、来週も除外になるようなら未勝利戦への出走も考えていかなければなりません」
今週26日(土)中京5R3歳新馬・芝1600mに松若騎手でデビューを予定していましたが、除外になりました。2月3日(日)京都6R(芝1600m)に松山騎手で向かいます。

2019.01.23 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 松若 52.3-38.3-25.3-12.8 強め
内タイヨウトチキュウ一杯と併せで0.7秒先着 
松若騎手「力はまだないですが、だいぶ動けるようになってきていました。今日は終いびっしり追ってはないものの余力はそれほどなく、びっしり追ってもそれほど時計は縮まらなかったと思いますが、本番の芝に行った方がよさそうなタイプです」
※今週26日(土)中京5R3歳新馬・芝1600mに松若騎手でデビューを予定しています。想定からはフルゲート16頭のところ48頭が出走を表明しており、除外の可能性があります。

2019.01.17 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 83.7-67.9-53.2-39.3-13.4 一杯
内セブンティサン一杯に6Fで0.2秒先行2F併せで0.2秒先着
中シーリアスラブ一杯に6Fで0.2秒先行2F併せで0.2秒遅れ
助手「まだ力が付ききっておらず非力なせいか、終い思っていたよりは動けませんでした。走り自体はいいものを持っているので、レースで軽い芝コースに変わればまた変わってきそうな感じはします」
音無調教師「遅れは外を回った分もありますし、この馬は遅生まれでこれから成長する馬ですから悲観することは全くありません。新馬が混んでいて除外の可能性もありますが、権利を取るためにも予定通り来週から投票を入れていきます」

2019.01.16 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 62.8-46.9-31.2-15.5 馬なり
助手「先週末より、前任者から引き継いで担当することになりました。跳びは大きいですがバネのある走りをしていて、いいものを持っているなという印象です。明日はCWコースで時計を出すことにしています」

2019.01.10 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:乗り運動
助手「坂路上まで行くとテンションが高くなる場合があるので、厩舎周りで乗り運動を行いました。少しずつですがトモの力が前にいくようになり、前と後ろが繋がってきました。今のところ、中京2週目でのデビューを予定しています」
※1月26日(土)中京5R(芝1600m)を予定。

2019.01.09 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.5-40.5-26.9-13.5 一杯
外セブンティサン一杯と併せで0.8秒先着
助手「同じ3歳新馬と併せ馬。ラスト1Fまで追い出しを我慢して待ちましたが、馬場が悪く併せ馬が脚を取られてしまってついてこれなそうになかったので、そこからは1頭でしっかり追いました。まだ筋肉がつききっていない割には、馬場が悪くても脚をとられたりすることもなくまっすぐ走り、手前の替え方もスムーズです」

2019.01.03 : 栗東:音無秀孝厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.5-40.8-27.3-13.8 馬なり
助手「今日は動く馬に後ろからつついてもらって、並んでから追い出してどれくらい動けるか見てみるつもりだったのですが、併せ馬が馬場に脚を取られてしまい、中々追いつけず単走の形になってしまいました。ただ、単走でも思っていたよりは楽に動けていました。ここまで順調に来ていますが、デビューに関してはもう少し乗り込んでからになりそうです」

2018.12.20 : 栗東:音無秀孝厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 56.4-42.2-28.0-14.2 強め
助手「単走でしたが、まだトモの力もついていない感じです。1本目ですし、まだまだこれからですね。だいぶ落ち着いて調教に臨めるようにはなってきています」
音無調教師「1本目なので動けないのは仕方のないところでしょう。これから乗り込んで動きが良くなってきたところで、デビューの予定を立てていきたいと思います」

2018.12.19 : 栗東:音無秀孝厩舎
角馬場→坂路
坂 助手 63.2-47.1-31.4-15.6 馬なり
助手「乗り出し初日と全休明けの昨日はテンションが高くうるさかったのですが、今日はおとなしく走ることができていました。明日は追い切りをかけて動きを見てみることにしています」

2018.12.14 : 吉澤ステーブルWEST→音無厩舎
坂路2本。馬体重474キロ。
今週から再びペースを上げており、水曜日には15-15を切るくらいの時計を出しました。ふだんは落ち着きがありませんが、馬場入り後や走り出してからは集中力を切らすことはありません。脚捌きの硬さはあっても、速いところにいって伸ばしたときの動きはなかなかのものです。体力が備わるなど態勢が整ったため、あす(土)の検疫での帰厩が決まりました。

2018.12.07 : 吉澤ステーブルWEST
坂路2本。馬体重474キロ。
先週末坂路で併せ馬を消化し、13-13ほどの時計を出しましたが、最後まで持ったままで相手の動きに合わせる余裕もありました。パンプアップして力強さが備わってきたようです。今週は一旦ペースを緩めてF20秒から17秒の間で乗っていますが、ふだんの調教の動きも軽快になっています。いまのところ来週中に栗東・音無厩舎に帰厩する予定です。

2018.11.30 : 吉澤ステーブルWEST
坂路2本。馬体重474キロ。
予定を早めて先週末から15-15を始めました。今週水曜日にも15-15を消化しています。動き自体は徐々によくなっていますが、気性面に課題を残しており、馬場入りの際に飛んだり立ち上がったりうるさいところを見せています。12月中旬の帰厩が予定されており、来週以降さらにペースアップを図ることになるため、いまのうちに少しでも体に余裕を持たせておきたいところです。

2018.11.23 : 吉澤ステーブルWEST
坂路2本。馬体重472キロ。
引き続き毎日坂路を2本乗っています。ペースはF17秒前後。相変わらず馬場入り時に立ち上がるなどうるさい面が目立ちますが、走り出してからは騎乗者の指示に従っています。脚さばきに硬さはあるものの動きは素軽く、前向きさも十分です。年内の帰厩に備えて来週からペースを上げることにしています。

2018.11.16 : 吉澤ステーブルWEST
坂路2本。馬体重472キロ。
今週から坂路での調整を始めました。毎日2本乗っていてペースは20秒ほどです。馬場入りする際にかなりイレ込んでいますし、調教中でも跳ねるなどやんちゃな面が見られます。しばらく休んでいたため元気があり余っているのかもしれません。ガス抜きさえできれば落ち着いてくるはずです。来週からF17秒ほどまでペースを上げる予定です。

2018.11.09 : 島上牧場→吉澤ステーブルWEST
マシン調整。馬体重470キロ。
引き続き90分間のマシン調整を行っています。今週に入ってからも体温は安定していますし、咳など感冒の症状はまったく見られません。獣医師のチェックを受けても乗り出して問題ないということなので、きょう(金)吉澤ステーブルWESTへ移動しました。あすから騎乗調教を始めることになりそうです。

2018.11.02 : 島上牧場
マシン調整。馬体重466キロ。
今週月曜日から運動時間を90分まで延ばしましたが、その後も体温が38度を超えることはなく、体調も安定しています。すでに乗り運動を始められる状態まで回復しているため、近々移動することになりそうです。

2018.10.26 : 島上牧場
マシン調整。馬体重468キロ。
けさの体温は38度ちょうどでしたが、食欲はありますし、変わった様子も見られないので
60分間のマシン調整を始めました。今週いっぱいは60分の運動にとどめますが、このまま体調を崩さなければ週明けから90分まで運動時間を延ばすことにしています。

2018.10.25 : 音無厩舎→島上牧場
本日、島上牧場へ移動しました。

2018.10.24 : 音無厩舎→島上牧場
引き運動。
音無調教師「熱は38.0℃前後まで下がって軽めの引き運動はしていますが、咳がまだ出るなど回復が遅れているので、無理せず一度放牧に出して立て直すことにします。明日放牧に出す予定ですが、グリーンウッドトレーニングの馬房が一杯のため、ひとまず島上牧場へ移動させることにしています」

2018.10.19 : 栗東:音無秀孝厩舎
舎飼い
音無調教師「今朝は38.2℃まで体温は下がりました。昨日診療所で気管支洗浄を行ったので、馬も少し楽になったと思います。明日の朝平熱に下がってさらに回復が見られれば、軽く引き運動をして様子を見てみることにしています」

2018.10.18 : 栗東:音無秀孝厩舎
舎飼い
助手「昨日の午後39.4℃まで体温が上がりましたが、今朝は38.8℃まで下がりました。咳も少ししていて、感冒との診断でした。食欲は少しずつ出てきています。引き続き経過観察することにしています」

2018.10.17 : 栗東:音無秀孝厩舎
舎飼い。
助手「今朝39.1度の熱発をしたため、舎飼いで様子を見ています。診察した獣医師によると、疲れからきているものだろうとのことでした。月曜日に大きめのところを乗った時も止め際は苦しそうだったので、まだ体力が不足しているのかもしれません。今後については、午後や明日の様子を見て考えることにしています」

2018.10.12 : 栗東:音無秀孝厩舎
ゲート試験合格
音無調教師「今朝ゲート試験を受験して無事合格しました。疲れもなく入厩からここまでは順調にくることができたので、何本か時計を出して、そこからの馬の状態を見ながらレースに向かうか一旦放牧に出すのか判断していくことにします」

2018.10.11 : 栗東:音無秀孝厩舎
角馬場→坂路→ゲート
坂 松若J 66.8-44.9-33.4-17.0 馬なり 
助手「今日はジョッキーを乗せて出してみました。昨日よりは出るようになってきたので、明日練習がてらゲート試験を受けてみることになりました。少しずつ慣れてきてはいるのですが、音に敏感なところがあるのでメンコをつけてみることも考えています。飼い葉はよく食べています」

2018.10.10 : 栗東:音無秀孝厩舎
角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 67.6-49.9-32.1-15.5 馬なり 
助手「少しずつうるささが出てきましたが、どちらかというと怖がりなところがあるのかもしれません。先週は消音ゲートから出したので、今日は音ありのゲートから出しましたが、まだ前進気勢に欠けていて、試験を受けるにはもう少し練習が必要です」

2018.10.05 : 栗東:音無秀孝厩舎
角馬場→坂路→ゲート練習
助手「坂路を上がってからゲートへ。何度か通してから駐立させて問題なかったので、僚馬2頭と一緒に消音ゲートから出しました。申し送りには反抗的なところがあると書いてあったのですが、今日乗った限りでは非常におとなしかったですし、そういった面は見られませんでした。まだ筋肉のメリハリがついていないですが、背中の感触は良く、キャンターの動きも柔らかかったです」

2018.10.04 : 栗東:音無秀孝厩舎
本日、栗東トレセン・音無厩舎に入厩しました。

2018.10.04 : 山元トレーニングセンター→音無厩舎
担当スタッフ「キャンセル待ちで検疫が取れたということで、急な移動にはなりましたが昨晩こちらを出発しました。今日の検疫で入厩となっているかと思います。この中間も順調に乗り進めることができていましたし、軽めのところではありましたが乗り手からはなかなかの反応が。見た目もいいしエンジンも持っていそうですから、まずはゲート試験にはなりますけどトレセンでの調整でどんな変化を見せてくれるか楽しみですね。言うことを聞かないようなところもあって、急にバーンと想定外の動きをしたりと気性的には幼いですし、じゃじゃ馬という表現が今は近いかなという印象ですけど、こういった面がレースに向くと素材は確かですからかなり面白いと思います。478キロの馬体重で元気にこちらを出発しましたので、また一日も早く新しい環境に馴染んでくれるといいですね」

2018.09.27 : 山元トレーニングセンター
担当スタッフ「入場からここまで特に不安点も見つからなかったので、軽めに乗り出しています。最初のうちは自分勝手な感じもあって、申し送りにあったように口向きも気になりましたけどね。こちらの環境には慣れてきてくれているので、乗り進めていく中で気になるところは修整していければと思っています。馬体重は481キロ。輸送で少し減ったようですが、印象としてはまだ皮下脂肪に厚みがあるような感じ。まだ若駒らしく全体に水っぽいようにも思いますし、本当に馬がしっかりしてくるのはこれからなんでしょうね。北海道ではある程度のところまで順調に進めてきているので、こちらのメニューにも大きく戸惑うことはないように思います。馬の様子を見ながら乗り込んでいきますよ」

2018.09.21 : 社台ファーム→山元トレーニングセンター
23日(日)山元トレセンに移動します。

2018.09.14 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重490キロ。
この中間もコンスタントに15-15を消化しています。3F強めのメニューは今週末か来週の予定です。乗り込んでの体重増加に好感が持てますし、増えながら見た目に引き締まって見えるというのが理想的です。ずっと上昇傾向にありますが、まだ体つきはまだ変わってきそうです。精神的にも成長が見られますし、兄弟よりも体質面もしっかりしている印象を受けます。

2018.08.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重478キロ。
3Fからの強め調教をメインにしっかり乗り込んでいます。もちろんそれ一辺倒ではなく、合間にF15を挟むなどメリハリを利かせています。気性的に前向きすぎるくらいの馬だったので、その点は他馬以上に心がけています。今週は3F43.5-27.6-13.3を消化しましたが、気合乗りが良く動きも上々でした。馬体も引き締まり、精神面の成長も見られるのでもう少しだと思います。

2018.08.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重480キロ。
外傷明け後も順調にペースを上げてしっかり乗り込んでいます。8月2日直線31.9-15.8、8月11日43.5-27.6-13.3の時計を出しました。週1回F15、10日に一度強めを消化しています。気性的にも成長のあとが見られますし、上がりの息の戻りも早く中身からしっかりしてきた印象です。

2018.07.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重478キロ。
中間、左トモに外傷を追ったため消炎剤による治療を行いましたが、すぐに治まり現在は直線走路での調整も再開しています。先週は直線3F46.3-30.9-15.5と41.5-28.0-13.7の強めを乗っていますが、上がり後も問題なくさらに強めに移行できそうです。13秒台なら楽に出せているように状態は引き続き良好です。多少動きに硬さがありますが、これは馬の特性によるものと思われます。

2018.07.17 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重476キロ。
この中間も変わりなくきています。先々週は3F直線46.2-.30.1-15.0、先週末は39.7-26.2-13.3を消化と、定期的に15-15と2週に一度は終い13秒前後までペースアップしています。馬体重も減らさず芯からしっかりしてきましたし、走りに関しても徐々に柔軟性が出てきています。速いところを乗った時の手先の弾きも十分でよく動けています。

2018.06.29 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重474キロ。
この中間も意欲的にメニューを消化しています。その中でも背中の伸縮と首の使い方を柔軟にする作業を優先して作り直してきました。その成果か力は強くなっていますが、以前のようにコントロールが利かないことはなく、少し掛かる程度の前進気勢で動けるようになっています。今週は3F41.8-27.3-13.8の時計を消化しましたが、パワフルでスピード感ある動きには好感が持てました。引き続き心身のバランスをコントロールできるように意識しながら乗り込みを重ねていきます。

2018.06.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重465キロ。
この中間もコースと直線走路を併用して順調に乗り込めています。3Fから時計を出すのは2週に一度ですが、F15のところは毎週のように消化しています。先週は直線2Fから30.4-15.4を乗りましたが、以前より制御が利くようになってきました。まだ前がかりな面は残していますが、走る気が旺盛なのはこの馬の良い面として捉えています。引き続き気持ちをコントロールできるように工夫しながら調整していきます。

2018.05.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重466キロ。
週3回直線走路でのキャンターをメインに周回ウッドとトレッドミルを交え、様々なパターンで順調にメニューを消化しています。乗りながら体重が460キロを超えてきたように、徐々に芯からしっかりしてきたようです。今週は直線で2Fから29.2-14.4をマークしましたが、体格が良化した分、トビの大きなストライドで走れるようになっています。身のこなしの切れも増しています。引き続き精神面のコントロールを図りながらの調整ですが、総じて上昇傾向にありますし、ひと夏越しての成長が楽しみです。

2018.05.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重452キロ。
この中間も変わりなく順調に乗り込んでいますが、前進気勢が強すぎるところは相変わらずですね。これをうまく制御できるようになり終いの脚に転化できれば尚いいのですが、現状でも動きに関しては良い感触を得ています。中間は直線ラスト2Fを29.2-14.4。このぐらいなら余裕を持って動けますし、手先の弾きが強く、ウッドでの弾んだ走りは見どころ十分。持っているものはいいので良い走りに繋げられるよう工夫していきたいですね。

2018.05.01 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重450キロ。
この中間も直線走路主体に順調に乗り込んでいます。牝馬ながら筋力が強くパワーは相当なもの。相変わらずハミをグイグイ引っ張るので抑えるのにひと苦労なほど。もちろんそうした課題を矯正しながら進めているので徐々にコントロールも利くはずですし、騎乗者の指示通りに抑えの利いた走りができるようになれば、今以上に体の使い方に柔軟性が出て良い走りができるはずです。馬体に関しても体重が増えて以前のひ弱さが抜けてきました。遅生まれのため調教は遅めの入りでしたが、今が伸び盛りといった感じでここにきて他馬を凌駕する勢いです。随所に光るものを感じているので、心身がかみ合ってくれば楽しみな一頭です。

2018.04.13 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重440キロ。
この中間も順調に乗り込んでいます。首の力が強くハミをしっかり噛んできます。強気な気性でハミに向かっていき過ぎるほどですよ。グイグイと前進気勢十分に走る姿にスピード能力の高さを感じています。現時点ではこの気性がどっちに振れるか分からないところはありますが、走る意欲に繋がればこのスピード能力を遺憾なく発揮してくれそうです。いつでも時計は出せますが、今はあえてタメを利かせた走りができるように、タイムよりも中身を重視でメニューを考えています。全体に上昇傾向にありますが、馬体にもう少し厚みが出てくれば尚いいと思います。

2018.03.30 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重448キロ。
週3回ダートコースの直線走路、それ以外の日はウッド走路やトレッドミルなどを緩急織り交ぜながら順調に乗っています。今週は直線で2F30.8-15.3をマークしましたが、前進気勢があってとてもいい動きでした。飛びが大きくて楽に動ける感じです。現時点でもやればもっと動けそうですが、ディープの子ですし行くだけの馬にしたくないので、今は折り合い重視の調整で終いに脚を使えるように心がけています。以前のひ弱いさが抜けてきましたし、良いムードで調整できているので、この調子で進めていきたいです。

2018.03.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重446キロ。
まだ非力な面があるので、力のいるダートの直線走路ではなく、フォーム重視で動かせるウッドで乗り進めています。体の伸縮をうながして綺麗なとびで動かすことを意識。ウッドでしっかりフォームを固めてからダートに移行して馬力強化を図っていくつもりでいます。性格的には強情なところがありますが、それだけメンタル面や意志の強さを感じますね。14日に2F29.1-14.5の時計を出しましたが、シャープな身のこなしの中にも背腰や首の強さを感じました。能力を感じさせる馬なので大事に育てていきたいです。

2018.02.28 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重430キロ。
直線走路主体に順調に乗り込んでいます。まだ馬体の完成は先ですが、首と背の伸縮力が強く、15-15でも余力を持ってこなせますね。スローだった調整過程も他馬と同じかそれ以上のメニューまで消化して軌道に乗ってきました。ただ、馬体を見るとまだ薄手で腰高体型。中身からしっかりしてくるのはこれからでしょう。今後の成長が期待できそうです。

2018.02.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重430キロ。
育成に入ってからもスロースタートなイメージでしたが、その分ここにきて軌道に乗ってきました。週3回直線走路に入れてうち1回は強めの負荷をかけていますが、先週30.9-15.5、今週30.2-14.9とコンスタントに速いところを消化できています。背中と首の力が強靭なので、あとはトモなど後ろの動きが伴ってくればいいですね。そのため力を要するダートコースでパワーアップを図っていきます。比較的走りやすいウッド調教はきれいなフォームを固める意味で使っていきます。まだ気性は幼く、周回コースだと強めに当たらないと好き勝手に動くような一面はありますね。随所に素質の高さを感じていますが、そうした課題を解消しながら更に状態を上げていきたいです。

2018.01.31 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重428キロ。
週3回直線走路でのキャンターをメインに乗り進めています。今週は2F30.5-14.9のタイムをマークしました。この中間、背中と首がだいぶしっかりしてきて変わり身が大きい一頭です。まだ非力さがあることは確かですが、走路での走りは軽く、いかにも芝向きといった感じです。順調ですが、ペースアップに比例して馬体重は減少気味。動かそうと思えば動ける態勢ですが、食いも減ってしまうので、この後は馬体をふっくらさせるためにリフレッシュを挟む予定。トレッドミルなどを併用しながら馬に合わせて進めていきます。

2018.01.15 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重436キロ。
この中間は週3回直線走路に入れて終いF15を出すこともあります。背腰に力がついてこの馬なりにだいぶしっかりしてきました。ウッドの方が走りやすいのですが、そこではスピード能力を感じさせる動きができていますよ。精神面の進歩も見られ、集中して真面目に走れるようになっています。血統馬らしく徐々に良い面が開花してきたようです。ただ、まだ馬体重を見ても小柄で中身の充実はこれからなので、今後も馬に合わせてじっくり慌てず指導していきたいです。

2017.12.26 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重436キロ。
馬の状態に合わせて直線走路と周回コースを併用して乗り込んでいます。周回走路では隙を見せるとハミを抜くような素振りを見せるので、しっかりハミを取るよう指導していますが、直線走路ではトビの大きなフットワークでうまく推進できていますよ。まだ課題はありますが、運動センスの高さは十分に感じます。ここからの伸びしろは大きいはずですよ。

2017.11.30 : 社台ファーム
マシン運動60分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線1000m。馬体重434キロ。
週3回直線走路での調教を始めています。馬体は体重以上に大きく見せてバランスなども良くなってきていますが、まだ精神面の幼さがありますね。集中力が散漫で競走馬としての自覚に乏しいといったところですが、これは乗りながら解消してくるものなので心配ありません。気持ちが芽生えてくれば途中でガラリと変わってくるものですし、今は土台をしっかりさせながら成長を促したいと思います。

2017.10.31 :
(社台ファーム)
馬体重440キロ。
周回ウッドコースでのキャンター調教を開始しています。まだ先頭に立って率先して動くという感じはなく、前の馬について走っているような状況。キャンター調教を始めて間もないですし、全体に幼さを残しているのでこれからといったところでしょう。前進気勢を働かせて自らハミを取って動くように仕向けていきます。背、腰のラインがきれいなので、調教が進むに連れて筋肉がついてくれば良い馬体に変わってきそうです。

2017.09.29 :
(社台ファーム)
馬体重438キロ。
ブルーグラスファームでの初期馴致と乗り慣らしを終えて、千歳に移動完了しています。最近の馬体面の良化が目立つ一頭で、小柄なりに筋肉の発達が目立つようになってきました。馬体もしっかり増えているので、今後も成長を促しながら調整を進めていきます。

2017.08.31 :
(社台ブルーグラスファーム)
夜間放牧。マシンを使った初期馴致。馬体重425キロ。
夜間放牧と日中のマシンを使った初期馴致を平行して行っています。お転婆で勝気なところがありますが、最近では人には素直になってきて、やり取りをする上で指示を待てるようになってきました。覚えも良くてスムーズに馴らしを進めることができています。動きは軽くて機敏、ディープ産駒らしさを感じます。

このページのトップへ