4月11日(日)に阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(GI)に出走予定の(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)について、追い切り後の鹿戸雄一調教師のコメントは以下の通り。

(今朝の最終追い切りについて)
「輸送もありますし、先週の水曜日と日曜日に良い稽古をしているので、今日は軽くサラッと、リズムを見るぐらいで追い切りました。予定よりは少し遅くなりましたが、ジョッキーも2コーナーぐらいまで、ペースを落とさずに行ってくれていたので、丁度良かったと思います」

(騎手とはどんな話をされましたか?)
「なかなか敏感な馬で、その点を考えながら乗っていたという事で、良い稽古だったと思います。輸送もありますし、何日か後にはすぐにレースなので、いくらかセーブした内容です」

(前走を振り返って)
「流れも速くて自分で勝ちにいって、それであの内容(2着)だったので、良い競馬だったと思います。荒れた馬場も経験無かったですし、ペースが速かった割には最後まで頑張っていたので、良かったと思います」

(レースのポイントは?)
「敏感な馬なのでリズムが凄く大事だと思いますし、リズム良く走ってくれれば、何とか自分の力は出せると思います。スタートは良い馬なので、自然と前目の位置からの競馬になると思います」

(枠順については)
「頭数もいっぱい出ますし、内の方が断然有利だと思っています」

(輸送については)
「この馬は天栄に行ったり何度も輸送は経験しているので、大変だとは思っていませんが、長くなってしまうので、金曜日に輸送して、土曜日にスクーリングを考えています」

(最後にファンにメッセージをお願いします)
「ジネストラは、僕の師匠の藤沢先生ゆかりの血統で、その血統で弟子の僕と、北村君がコンビを組んで出走するというのは、本当に嬉しいですし有難いと思っています。何とかレースに向けて、まだ何日かありますので、最高の状態で出られるように頑張りたいです。宜しくお願いします」

(取材:木和田篤)