4月11日(水)に阪神競馬場で行われる桜花賞(GI)に出走予定のエリザベスタワー(牝3、栗東・高野友和厩舎)について、追い切り後の高野友和調教師のコメントは以下の通り。

「先週は単走で概ね良い追い切りが出来たと思いました。口向きが難しいところがあるので、その修正に努めていました。先週の木曜日はその口向きも含めて及第点だったと思います。日曜日に併せ馬で負荷をかけて、そういうシチュエーションでも概ね口向きは改善されているなと思いました。今日は単走で馬のリズム良く進めてみて口向きはどうかと見ていましたが、何の問題もなく走れていましたから、時計的な負荷も含めて、やりすぎずやらなさすぎず、かつ一番大事な真っ直ぐ走れているか、という真直性に関しても合格を出せるかなという追い切りでしたから、概ね満足ですね。

(前々走が)1番人気に支持していただいて大きく着順を下げてしまって、馬券を買っていただいた皆さんに申し訳ない結果になりました。原因を紐解けば、乗り役さんが競馬で乗りやすい状況だったのは明らかだったので、改善をするために短い期間でしたが厩舎で一生懸命やってみました。その課題は本当に改善されたわけではない中で迎えたチューリップ賞だったんですけれども、課題をのぞかせながらも川田騎手が勝ちに結びつくレースをしてくれたのと、馬自身の頑張りで同着とはいえ勝つことが出来て、一生懸命取り組んで来てくれたスタッフも含めて感謝しているレースでした。チューリップ賞の前も幾分良くなっているかな、ただまだまだだなという感じで臨んだのは事実なんですけれども、その後も継続して取り組みました。馬と人の親和性というところでは、より課題は修正されているかなと感じますので、チューリップ賞より人間の指示に従えるかなという感じになっていますね。

血統から来る奥深さを感じますし、牝馬らしからぬ馬格があります。先週勝ったレイパパレは馬体の維持に苦労する牝馬なんですけど、こちらは馬体の維持には人がエネルギーを使わずに済みますし、本当に良く食べますし、馬格の良さ、胸郭がすごく大きいので、肺とか心臓が大きいものを持っているんじゃないかなと感じますし、そういうものが強みだと思います。

今の阪神競馬場の芝の状況も、先週の雨でよりタフな状況になってきていると思います。この馬自身欧州血統馬で、実際同じ阪神のマイルで結果を出して、合っていないはずはないと思いますから、良い舞台だと思っています。

(今回は)騎手の意のままに動けるかがポイントだと思います。GIですから寸分の狂いなく自分の走りをして勝負になるかというレースで、その辺りは前哨戦と違います。コントロールできるかですね。

口向きで張るのは左だと決まっていて、大外枠だと壁が作れない分どうかと思うので、そう考えると大外以外の真ん中くらいが引けたら良いのかなと思っていますが、枠順は神様がこの枠で走れ、というものですから、いただいた枠でやるしかないかなと思っています。課題は概ね改善するようにしてきたとは言えども、左に流れながら走るので、単純に左に壁があった方が良いのかなと思いますね。

この馬も3戦目で重賞を勝つくらいですから、秘めたるポテンシャルは高いと思います。この前のチューリップ賞の走りですと、GIでは口向きに加えて、馬の力ももっと上げないといけないと感じました。それに向けて厩舎一丸となって一生懸命やっていますし、馬を信じてGIという舞台で前走以上のパフォーマンスを発揮出来るよう頑張っています。この気持ちが馬に伝わって頑張ってくれるんじゃないかと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)