4月11日(日)に阪神競馬場で行われる第81回桜花賞(GI)に出走予定のジネストラ(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)について、追い切り後の北村宏司騎手のコメントは以下の通り。

(今朝の最終追い切りについて)
「前走の後も在厩で過ごしていて、先週も追い切りに乗せてもらいました。ウッドチップコースでしっかりと走れていたので、今週はポリトラックコースでコンディション維持という調教でした」

(前走の2着を振り返って)
「厳しい馬場条件で、風も強かったので、馬は大変だったと思います。良いスタートを切って、良いポジションでレースもできました。まだ、かなりもたれたりする所があるので、どうかと思いましたが、最後捕まりましたが良く頑張っていたと思います。素質を感じているので、良いコンディションでレースに向かえればと思っています」

(レースでこの馬が能力を発揮してくれるポイントは?)
「GIになりますが、楽しみなのは血統的な魅力ですね。お母さんも兄弟も関わらせてもらって、みんな素晴らしい資質を持った馬ばかりだったので、その資質をこの馬にも感じます。その持っているものを、いかに発揮できるかを念頭に置いてレースを進めたいと思っています」

(藤沢厩舎ゆかりの馬ですが)
「良く知っている血統の馬で、この舞台でチャンスを貰えたというのは縁も感じますし、頑張りたいと思います」

(ファンの皆さんにメッセージを)
「このタイミングに、この血統の馬に乗せて貰ってGIを迎えられるということは、縁も感じますし、良いチャンスを貰ったと思っています。力を出せるよう頑張ります。応援宜しくお願いします」

(取材:木和田篤)