阪神10Rの斑鳩ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1400m)は2番人気カイザーミノル(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒3(良)。3/4馬身差の2着に5番人気トオヤリトセイト、さらに3馬身差の3着に1番人気ムーンチャイムが入った。

カイザーミノルは栗東・北出成人厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母ストライクルート(母の父Smart Strike)。通算成績は14戦4勝。

レース後のコメント
1着 カイザーミノル(荻野極騎手)
「ブリンカーを着けたことで、集中力が持続しました。直線も外から来られましたが、ブリンカーの効果か、よく踏ん張りました」

2着 トオヤリトセイト(斎藤新騎手)
「前走は後手後手の競馬でしたが、今日はベストの位置で運べました。勝ち馬にはもうひと伸びされましたが、こちらも伸びています。力は見せられたと思います」

3着 ムーンチャイム(岩田望来騎手)
「ゲートでは待たされてゴソゴソしていました。直線では私の判断ミスで詰まってしまいました。そこがスムーズだったら違っていたと思います」

4着 アリア(柴山雄一騎手)
「内枠でしたし、良い所から楽に追走できました。4コーナーの手応えも良く、最後まで頑張ってくれました」