小倉10Rの秋吉台特別(4歳以上1勝クラス・芝1200m)は1番人気グッドワード(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒5(重)。2馬身差の2着に7番人気ブルベアオーロ、さらに半馬身差の3着に6番人気レオハイセンスが入った。

グッドワードは栗東・高橋義忠厩舎の6歳牝馬で、父クロフネ、母ブライダルブーケ(母の父ゴールドアリュール)。通算成績は22戦2勝。

レース後のコメント

1着 グッドワード(鮫島克駿騎手)
「惜しい競馬が続いていましたが、今日は人気になっていても自分から動くことはしないで、なるべくロスなく乗ろうと思っていました。最後の直線では上手くさばけました。この馬場状態も合っていると思います。馬も良くなっています」

2着 ブルベアオーロ(吉田隼人騎手)
「外枠でしたが、道中ゴチャつくことなく、かえって外枠は良かったです。パワーのある馬で、今日の馬場も味方したところがありました」

3着 レオハイセンス(黛弘人騎手)
「持ち味を出してこの馬の競馬をしました。この馬場で内枠でしたが、しっかりと脚を使い頑張ってくれました」