阪神11Rのアンドロメダステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝2000m)は1番人気アドマイヤビルゴ(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。クビ差の2着に4番人気クラージュゲリエ、さらに2馬身差の3着に12番人気レイホーロマンスが入った。

アドマイヤビルゴは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ(母の父Elusive City)。通算成績は5戦4勝。

レース後のコメント
1着 アドマイヤビルゴ(武豊騎手)
「スタートも今日は良く、いい位置を取れて、道中はいい感じでした。3コーナー過ぎから4コーナーにかけ、芝の掘れたところで、手応えが一瞬無くなりましたが、直線に向いてまた反応して、しっかり伸びてくれました。5戦目で、これだけの競馬ができるのですから、今後が楽しみです」

2着 クラージュゲリエ(川田将雅騎手)
「一度使ったことで、だいぶ動きが良くなったみたいですし、良い内容で走り切ってくれたと思います。また次、改めてですね」

3着 レイホーロマンス(団野大成騎手)
「返し馬で、函館記念の時と、同じ良さを感じました。道中リズム良く運んで、終い脚を使ってくれました。51kgも良かったですし、よく頑張っています」

4着 パンサラッサ(坂井瑠星騎手)
「行く馬がいましたし、レースも流れたので、リズム良く運んで早めに動きました。抜け出すところまでは行きましたが、後ろからのプレッシャーもあり、最後は止まってしまいました」

5着 ワイプティアーズ(川島信二騎手)
「課題のゲートをクリアしてくれました。流れも速く後ろからしっかり伸びてきています」