新潟11Rの飛翼特別(3歳以上2勝クラス・芝1000m)は1番人気ファストアズエバー(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは55秒5(良)。3/4馬身差の2着に3番人気クラシコ、さらに3/4馬身差の3着に12番人気マリノスピカが入った。

ファストアズエバーは栗東・牧浦充徳厩舎の4歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ラヴアズギフト(母の父Tiznow)。通算成績は18戦3勝。

レース後のコメント
1着 ファストアズエバー(西田雄一郎騎手)
「馬が成長しています。以前はスピード重視のタイプでしたが、力強さが出てきました。外枠もあり、行くことも想定してレースを組み立てました。うまく噛み合いました」

2着 クラシコ(鮫島克駿騎手)
「結果的に、前が壁になったことが集中力の持続という点では良かったかもしれません。ただ、勝った馬は差せそうで差せませんでした。こちらが伸びると相手もまた伸びるという感じでした」

3着 マリノスピカ(藤井勘一郎騎手)
「本来は先行する馬ですが出遅れてしまい、馬場の外に徹して乗りました。ラスト1ハロンは反応が良かったですね。進路があればもう少し際どかったと思います。このクラスでこういう走りができれば楽しみです」

5着 ジュニパーベリー(嶋田純次騎手)
「残り400m過ぎから前の馬が外に出てきて、切り返す形になりました。そこがスムーズなら良かったのですが」