東京10Rの白秋ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1400m)は6番人気ザイツィンガー(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒1(重)。半馬身差の2着に2番人気フレッチア、さらに2馬身差の3着に5番人気トウカイオラージュと10番人気ミュージアムヒルが同着で入った。

ザイツィンガーは栗東・牧田和弥厩舎の4歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母ザッハトルテ(母の父クロフネ)。通算成績は17戦4勝。

レース後のコメント
1着 ザイツィンガー(津村明秀騎手)
「返し馬から、こういう馬場は得意そうな感じでした。折り合いだけ気を付けて乗りましたが、上手くいきました。最後の伸びも良かったです」

2着 フレッチア(C.ルメール騎手)
「精一杯走りました。距離は1200mでも1400mでもどちらでも大丈夫です。凄くパワーのある馬です。頑張りました」

3着同着 ミュージアムヒル(丸山元気騎手)
「手応えが良くなかったので、内から行こうと思ったのですが、外に出したらよく伸びて、頑張りました」

5着 アプルーヴァル(和田竜二騎手)
「ベストの条件で、自分の競馬はできました。できれば良馬場の方が良かったですが、馬は確実に良化しています」