京都9Rの紫菊賞(2歳1勝クラス・芝2000m)は1番人気ヨーホーレイク(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒6(重)。クビ差の2着に2番人気グラティトゥー、さらに3馬身半差の3着に4番人気マカオンドールが入った。

ヨーホーレイクは栗東・友道康夫厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母クロウキャニオン(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ヨーホーレイク(福永祐一騎手)
「この馬場は得意ではないと思いますが、こなしてくれました。成長の余地を残して2連勝してくれました。高いポテンシャルがあると思います」

(友道康夫調教師)
「馬場を心配していましたが、うまく乗ってくれました。(賞金を加算して)次は好きなところを使えると思いますし、オーナーと相談します。2000m以上が合っていると思います。まだ緩いところがあってこの内容で走ってくれましたし、能力があります」

4着 コートダルジャン(藤岡佑介騎手)
「終始内を空けて走る展開になり、馬が内に行きたそうにしていました。ペースが上がると、バランスを崩すところがあり、馬場を気にしていたかなという感じです」

5着 アオイゴールド(団野大成騎手)
「物見をしていて、馬の後ろにつけたかったのですが、先頭に立つ形になって集中できていませんでした。この馬場でもこなしてくれると思ったのですが...」