中京10Rの桶狭間ステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1400m)は1番人気エイシンポジション(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(稍重)。3馬身半差の2着に2番人気ブルーメンクローネ、さらに1馬身1/4差の3着に7番人気プレシャスルージュが入った。

エイシンポジションは栗東・野中賢二厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母エイシンパンサー(母の父コロナドズクエスト)。通算成績は10戦4勝。

レース後のコメント
1着 エイシンポジション(武豊騎手)
「好位のインコースで手応え良く運べましたし、少しのスペースでも、動けて行けるセンスがあり、短距離のダートで楽しみです」

2着 ブルーメンクローネ(吉田隼人騎手)
「今日は少し右に張るところがありました。砂を嫌がりそうでしたし、前に行きました。今日は勝ち馬が一枚上手でしたが、よく頑張っています」

3着 プレシャスルージュ(西村淳也騎手)
「スタートが速かったです。1400mは1ハロン長いと思いますが、最後まで頑張っていました」