16日(日)に新潟競馬場で行われる関屋記念(GIII)に出走予定のサトノアーサー(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の兼武弘調教助手のコメントは以下の通り。

「(前走は)酷い不良馬場でしたしね。多少重い馬場はこなせるんですけどね。あそこまで悪くなるとさすがにつらかったかな、と思います。

(中間は)ある程度順調に来れてるかな、と思います。大きな波もなく来れていると思います。

(今日は)先週までしっかりやれているので、予定通り軽く調整程度で出来たかなと思います。思い通りの感じです。

(今回は)広いコースのワンターンの競馬、悪くない条件だと思います。馬場は荒れてきていますが、先週のようにぐじゃぐじゃの馬場にならなければいいな、と思います。せっかくなら良馬場で、という希望はしています。

(枠順や展開は)さほど気にしてはいないですね。

(戸崎騎手は)あの馬を知ってると思うので、問題ないと思います。期待しています。

最近ちょっと勝ちから遠ざかっていますけど、ここら辺でアーサーを復活させたいと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)