16日(日)に小倉競馬場で行われる小倉記念(GIII)に出走予定のサトノルークス(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)について、追い切り後の兼武弘調教助手のコメントは以下の通り。

「久々の競馬とあって、前走の前はしっかり長い期間乗り込んでいたんですけど、競馬では息が持たなかったな、という印象です。

一旦短期で放牧に出して、順調に調整できているな、と思いますね。使った上積みも感じられると思います。

先週にしっかりやっていますので、最近はもう暑いですし、当該週は軽く調整程度、という感じでイメージ通りに出来たと思います。

(小倉の)小回りでは特に問題ないと思っています。

(川田騎手は)よく知ってると思いますし、開幕週の馬場である程度のポジションを取っていければな、と思っています。

(56キロは)GIで2着している馬ですし、仕方ないと思っています。

開幕週となるので、ある程度先行できるような展開になればいいな、と思います。

この馬も菊花賞で2着してから、ようやくこの馬らしさを出せる状態になってきたと思います。

応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)