函館12Rの北海ハンデキャップ(3歳以上1000万下ハンデ、芝2600m)は6番人気クラシックエース(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分42秒2(重)。2馬身1/2差2着に2番人気アグリッパーバイオ、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気タケルラムセスが入った。

クラシックエースは美浦・木村哲也厩舎の5歳セン馬で、父ハービンジャー、母ネオクラシック(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は15戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 クラシックエース(吉田隼騎手)
「よほど洋芝が合うのか、手応えが違いますね。馬は去年より乗りやすくなっています。前半は2着馬の後ろでジッとして、最後の反応も良かったです。いい時に乗せてもらっています」

4着 シークレットパス(丹内騎手)
「勝負にいったのですが、最後少し甘くなってしまいました。よく頑張ってくれています」