中京11Rの名鉄杯(3歳以上オープン、ダート1800m)は1番人気オウケンワールド(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(良)。アタマ差2着に2番人気センチュリオン、さらに1馬身1/4差で3着に3番人気コパノチャーリーが入った。

オウケンワールドは栗東・西村真幸厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母オウケンガール(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は19戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 オウケンワールド(M.デムーロ騎手)
「素晴らしい馬です。どんどん馬が良くなっています。前回はもっとテンションが高かったのですが、今日は落ち着いていました。いつもよりスタートが良かったです。ゴールまですごく頑張ってくれました」

(西村真幸調教師)
「調教に乗れなかったくらいの馬でしたが、そこから考えると大人になりました。次は小倉の阿蘇Sに行こうと思っていますが、馬の状態を見て考えます」

2着 センチュリオン(内田博騎手)
「スムースな競馬をしてくれました。まだまだ伸びしろがありそうです。(今回は)間隔が空いていましたからね」

3着 コパノチャーリー(佐藤友則騎手)
「もう少し道中で楽に行けたら良かったです。ハナに行って気分良く走って、2コーナーのペースのまま行ければ違ったと思います。マイペースならこのクラスでも通用するでしょう。小回りだと息が入りますし、乗りやすい馬なので、交流重賞でもやれるのではないでしょうか」

4着 スリータイタン(岩崎騎手)
「流れてくれていいペースでした。乗りやすく、ジッと出来たので、あとは捌くだけだと思っていました。外に出せたのが最後の伸びにつながったと思います。いきなりオープンでこれだけやれたのですから、次も楽しみです」

6着 マイネルバイカ(和田騎手)
「モタモタするところはありますが、馬は良かったです」