栗東担当の種田です。

 

美浦への寂しさもありますが、徐々に栗東での取材も慣れてきました。

先週は葦沢のブログでセシリアが紹介されていましたが、

セシリアを担当していた私にとっても嬉しかったですし、

本当にセシリアの産駒が楽しみで待ち遠しいですね!!

 

話は逸れてしまいましたが、

今日は今週の出走馬からご紹介できればと思います。

 

まずは

 

 

レッドアルヴィスです。

前走は状態も良かったのですが、勝ち馬を楽に行かせてしまっての2着。

それでも最近は不完全燃焼のまま凡走が続いていたので、

負けはしましたがアルヴィスらしい走りで復活の兆しは見え始めたと思います。

 

 

 

 

今回はハンデ戦で初めての57.5kgという斤量を背負いますが、

この事に関しては陣営も問題ないと考えています。

あとは週末の天気が余りよろしくありませんので、

雨で馬場が悪くなると脚抜きが良くなり、

軽ハンデの先行馬が楽に行ける事を警戒しないといけません。

 

 

 

 

それでも力は上位ですし、しっかり走ってくれれば良い結果を出せると信じています。

今後のためにも賞金面で優位に立ちたいですから、是非頑張ってもらいたいですね。

 

続きまして2頭目は

 

 

レッドファルダです。

昨年小倉で未勝利を勝った時は強いパフォーマンスで今後が楽しみでしたが、

その後に脚元が著しくなく頓挫してしまい、復帰に時間が掛かってしまいました。

 

 

 

それでも稽古駆けする馬達と追い切りを重ねてきたこともあって、

以前より動ける様になったみたいですし、体のみてくれは良くないものの、

フットワークにはダイナミックさが見られましたね。

 

 

 

 

前走は休養明け緒戦でしたが、状態は良かったので、

力を発揮できればやってくれると思ったのですが、馬場に泣かされましたね。

今週は勝っている小倉コースですし、雨予報ですが馬場はそこまで悪くないと思うので、

しっかり走れれば勝ち負けできるはずですし、改めて期待したいと思います。

 

最後におまけで

先週のエルフィンSで完勝しましたレッドアヴァンセを載せたいと思います。

 

 

 

 

レース後も変わりなく落ち着いていますし、飼い食いの方も戻ってきていますね。

今のまま順調に進めますと、チューリップ賞を使う予定になっています。

 

 

 

前走後、武豊騎手は、

「まだまだ良くなるし、本当に本番が楽しみだね」と言ってくれていましたし、

東サラはこれまで桜花賞に縁がありませんので(2着3回)、

今年こそは何とかアヴァンセであのピンク色の優勝レイを手にできればと願っています。

 

それでは今週も愛馬たちにたくさんの応援を宜しくお願いいたします。