美浦担当の種田です。

 

いつもなら美浦の馬達をピックアップするのですが、

今週は特別編という事で、先週ノーザンF天栄にいるレッドさん達を

取材してきた時の模様をお伝えします。

 

という訳で、

 

 

初めて来たわけではないのですが、今回はブログのために改めて撮影しました。

 

まずは

 

 

 

ウッドコースで調整しているセシリア

 

前走のダメージはほとんど抜けていますし、

状態面は良好で元気に過ごせていますね。

 

 

次走の予定も新潟の最終週に決まりましたし、

このクラスでは力は上位の馬。

なんとしてでも勝たせてあげたいですね。

 

2頭目はそのセシリアの弟

 

 

先週栗東に帰厩したカイザーになります。

セシリアとは異父なのもあって、馬体の作りからまったく異なるタイプです。

同じ厩舎にいるなら嬉しかったのですが、別の厩舎にいましたね。

 

今回も天栄に来てからジックリ進められていましたし、

厩舎スタッフからも「良い具合で厩舎に返せそうです」

と言われる程、スムーズに調整できた様です。

 

次走は再来週の小倉開幕週に使う予定です。

2勝している相性のコースで3勝目を狙いたいと思います。

 

続いては

 

 

前走で強い競馬を見せてくれたマジュール

こちらもセシリアと同じく新潟の最後で使う事にまりました。

背中の痛みを入念にケアしながら進めており、

乗る分には問題ないとの事です。

 

厩舎スタッフからは

「やっとこの馬の強さが出てくれてホッとしていますが、

上のクラスを目指せる馬なので、しっかり馬を作って行きたいです」との事。

私自身も今年はマジュールで桜花賞に行きたいと思っていたほどで、

この馬に掛ける思いは強いですが、まずは慌てずに1つずつ勝って行ければと思います。

 

 

最後に

 

 

ゲート試験を合格し、放牧に出て現在調整していて、

デビューに向けて励んでいるミュール。

 

まだ毛ヅヤも一息で、馬体にももう少し厚みと力強さが欲しいところではありますが、

坂路での動きは前向きで動きも徐々に良くなって来ていますね。

 

厩舎スタッフからは、

「まだまだ非力ですが、力を付けてくれば楽しみな馬です」

と評価も悪くないので、今は着実に力を付けて行って欲しいと思います。

 

クラブ馬の取材も終わり一段落ついた事で、

木貫谷マネージャーからのご厚意で、

天栄の坂路を歩かせて頂きました。

 

 

直線の入り口で傾斜は3%

ここに来るまでにコーナーワークがあるのですが、

その時点で息が荒かったですね(笑)

 

 

 

ここは傾斜5%のところでラスト200m付近

もう足が馬場に取られてそうになっていました(笑)

天気が曇りだったのが救いです。

 

 

 

この辺りはゴール版を過ぎて最後流すところで、傾斜は6~8%くらいです。

走ってもいないのにフラフラしていて、普段の運動不足を実感させられました。

 

 

 

坂路の頂上からの景色をみると、すごい所を歩いて来たなと思うと同時に、

「やっぱり馬って凄いわ!」と感じ、

改めて感謝しないといけないと思いました。

 

汗ダクになりながらでしたが、

最後に観音湯という天然温泉に連れて行ってもらいました。

湯あたりは優しくツルスベ系で肌には間違いなく良さそうです。

ノーザンF天栄からも近いですし、牧場見学で行かれた際には是非行ってみるのも良いですね。

 

 

話はずれてしまいましたが、最近はトレセンで取材をしてても、

記者さんから「最近の東サラどうしたの?」と心配される程、勝てていません。

 

とはいえ勝負事ですので、勝ちが続く時もあれば、負けが込む事だってあります。

悲観的になっていても仕方ないので、まずはきっかけとなる1勝を目指したいですね。

私自身も自分のできることに最善を尽くしたいと思います。

現場で厩舎とのコンタクトを密に行い、皆さんの愛馬が能力を最大限に発揮できる状況を整えてやり、

さらにそうした愛馬たちの近況を会員様のもとにお伝えできればと思っています。

 

今週も愛馬たちにたくさんの声援、応援を宜しくお願いいたします。