師走競馬が始まる頃には、妙齢の牝馬達が牧場への帰り支度に

追われ、馬産地は種付けシーズンの準備に慌しさを増します。

主要スタリオンから来年度のラインナップと種付け料が発表さ

れ、ホースマンの方々はどなたも、自らの手で未来の競馬を創

造する夢の配合に想いを巡らします。外は吹雪いていても、胸

中には情熱の炎が燃え盛ります。一番、愉しい季節かもしれま

せん。

 

昨年、21世紀に入って日本競馬を盛り上げ続けた不動の大黒柱

・ディープインパクトとキングカメハメハが相次いでこの世を

去り、ホースマンは先の見通せない闇夜に直面することになり

ます。しかし、幸いにも昨年、今年と新種牡馬は豊作に恵まれ

ました。昨年はキズナがコンスタントに重賞勝馬を輩出。いき

なりからディープインパクトの正統後継の座に名乗りを上げま

した。今後は同じノースヒルズが所有するコントレイルなど、

強力なライバルが出現してきますが、先輩の意地を大噴火させ

るか!

 

エピファネイアは、母シーザリオを通じてサンデーサイレンス

(SS)4×3という、これまで希少だった「新種クロス」を可能

にし、いきなり初年度から無敗の牝馬三冠馬デアリングタクト

という超大物を輩出。種牡馬界の「麒麟児」と大注目を浴びま

した。種付け料も当初の250万円から500万円、来年から1000

万円と倍々ゲームで急騰しており、スタリオンの力の入れよう

に加えて生産者サイドの期待の大きさが膨らんでいくのが伝わ

ります。SSクロスという秘密兵器は、絶対女王アーモンドアイ

が牧場に凱旋後、エピファネイアを最初の花婿として種付けの

予定で、順調なら2020年代を象徴する血統カテゴリーのひと

つとして、そのブランド価値をますます高めていくことになり

そうです。

 

今年のモーリス、ドゥラメンテも快調に勝利を重ねています。

先週までの2歳リーディングでは、勝利数ランキングを見ると

絶対帝王ディープインパクトがレッドベルオーブの成し遂げた

G2・デイリー杯2歳Sのレコード勝ちを含めて31勝で頂点に

立ち、ドゥラメンテ30勝、モーリス28勝が僅差で後を追い、

さらにキズナとエピファネイアが続いて、ここまでがベスト5

という構図になっています。豊作というのも大袈裟ではありま

せん。

 

リーディングサイアーは獲得賞金額の総合計で決定されますが

、ベスト5の差はわずか!今週から3週連続で2歳G1の連戦

が続き、その1勝分で大逆転が現実のものとなる混戦模様が続

きます。最後の最後!G1・ホープフルSの運命を決めるゴール

の瞬間まで、2歳リーディングサイアーは混沌としたままなの

でしょうか?