南国・小倉で先々の楽しみをはらんだ夢の蕾が膨らみました。

阪神新馬戦で強敵揃いの一般馬を向こうに回して勝ち上がった

ヨカヨカが生まれ故郷の九州に錦を飾り、ここも一般馬相手に

OPフェニックス賞を1分07秒9とこの時期の2歳牝馬には破格の

好時計で快勝、次走に今週のG3小倉2歳Sではなく先週土曜の

OPひまわり賞を選びます。「九州産馬のダービー」なる異名で

知られる小倉名物です。谷潔調教師をはじめ関係者の皆さんは

「九州」の地名に熱い思い入れがあったのに違いありません。

そしてひまわり賞の女王として、九州産馬を代表して牝馬達の

祭典・桜花賞に挑みたい願いが衝き動かしているのでしょう。

 

九州熊本の本田土寿さんの生産馬です。熊本地震に被災したり

集中豪雨被害に苦しめられたり、大変な自然災害と戦いながら

馬産の灯火を絶やさないで、巡り合ったのがヨカヨカでした。

ご承知のように、九州産馬のサラブレッド全体の頭数に占める

割合は1%以下のマイノリティ(少数派)であり、しかも牝馬を

北海道に連れて行って種付けを行い九州に帰ってから出産する

いわば「持ち込み九州産」も少なからず存在しています。

 

父スクワートルスクワートは、BCスプリントを快勝している

ミスプロ系のスプリンターですが、九州の生産者に評判が良く

北海道、青森などを経由し再び呼び戻された経緯があります。

ヨカヨカは父から軽快なスピードを伝えられているのは確実で

母系には、重厚な欧州ステイヤー血脈が受け継がれています。

近親にジャパンCのピルサドスキー、エリザベス女王杯の女傑

ファインモーション兄妹、中山大障害のレッドキングダムなど

錚々たるスタミナ自慢が名を連ねています。配合的にはむしろ

スピード不足が懸念されるほどのゴリゴリのスタミナ派かも?

これが成長に従って、どう出るのか?興味深いテーマですね。

その点に関しては、幸い今のところ心配ご無用なようですが。

 

種付けも生まれも九州メイド、おまけにJRA宮崎育成場育ちの

ヨカヨカのような「純九州産」は、かなりレアな希少派です。

九州産の重賞馬は何頭か記録に留められていますが、最強馬は

大井在籍当時にはハイセイコーの最大のライバルと畏怖された

ゴールドイーグルでしょうか?度々の故障に悩まされながらも

東海公営を経て中央入り、傑出したスピードと父カブトシロー

譲りの変幻自在の逃げ脚で大阪杯、マイラーズCと重賞を連勝、

次走の天皇賞春ではテンポイント、グリーングラスと競馬史に

輝く名馬達に続く3番人気に、堂々支持されたほどの馬でした。

 

ゴールドイーグルの再来と呼ばれるほどの馬に成長できるか?

ヨカヨカの旅は始まったばかりですが、ひまわり賞の価値ある

勝利で収得賞金を1500万円と積み上げました。よほどのことが

ない限り、桜花賞出走枠内を確保できるレベルに達しました!

「真夏のひまわり」から「春爛漫の桜花」へ、数多くの人々の

夢を載せ、ふくらんで行く蕾の成長を楽しみにしたものです。