マツリダゴッホが、北の大地で元気なところを見せています。

今季初の2歳重賞G3函館2歳Sをリンゴアメが制したのに続いて

昨日の札幌OPコスモス賞でウインアグライアがデビュー戦での

名牝ブエナビスタの傑作と評判が高かったブエナベントゥーラ

打倒の金星に続き、母ラストグルーヴからエアグルーヴへ遡る

期待馬カランドゥーラを完成度の違いを武器に圧倒しました。

ともに新種牡馬期待の星モーリス産駒という番狂わせでした。

ジャイアントキリング(大物喰い)は、競馬の感動と興奮には

欠かせない舞台装置であり居なくてはならないヒーローです。

ゴッホの血は、そうした個性を確かに伝えてくれるようです。

その背景に彼自身の地味さが影響しているのかもしれません。

 

マツリダゴッホはSS(サンデーサイレンス)ラストクロップに

生まれ、一番若い!SS系種牡馬として期待を集めてきました。

1歳上に偉大なディープインパクトが君臨、その存在感は凄くて

母系にエリザベス女王のオーナーブリーダーズ馬ハイクレアを

擁するなど何かと派手でバタ臭いのに対して、ゴッホは馬名も

ベタなら、クラシックには縁遠く良績は地味な中山にほぼ集中

それでも有馬記念を勝ったのは大したものですが、華やかさで

ディープに一歩も二歩も譲るのは、やむを得ません。

 

翔ぶように駆けるディープとは対照的に、地を掴み獲るように

進む操縦性の高さは、小回りでトリッキーとされる中山でこそ

同じ小回りながら力の要る洋芝を舞台に威力を発揮しました。

ディープが、国内で唯一敗れた中山、未踏の舞台である洋芝で

強かったのは、光り輝く個性と称賛してあげて良いでしょう。

こうした多様性の獲得はサラブレッドの進化に欠かせません。

 

一番若いSS直系種牡馬マツリダゴッホも、高齢に差しかかって

現2歳世代は種付け数が100頭を割り、徐々に減少しています。

エピファネイアやモーリス、またドゥラメンテなど、SS持ちの

非SS父系サイアーの台頭が著しい昨今はSS4x3、または3×4の

クロス馬がトレンドとして注目を集めていますが、ならばその

根幹を支えるSS直系の血の重要性・希少性が高まって来るのは

自然の流れでしょう。もう「若い!」と、胸を張れる年齢では

ありませんが、直系中、もっとも歳下なのは変わらない事実!

もう一花、まだ二花を咲かせてほしいものです。