先週末はアイルランドのカラで愛ダービーが開催されました。
この22年間でクールモア軍団を率いるエイダン・オブライエン
厩舎が13勝を上げ、内6度は1-2-3決着した十八番レースです。
今年も出走15頭中、オブライエン師が6頭、長男ジョセフ師が
3頭、開業したばかりの次男のドナカ師も早々に1頭を送り込み
親子合計で10頭という他を圧する堂々のラインナップでした。
クラシックに競馬における至高の価値を認め、そこを勝利する
ために、馬を育て・鍛え・仕上げる情熱が生み出す態勢です。

しかし、これだけ多頭出しになるとジョッキー手配も一苦労。
とくに現在はコロナ禍の影響で、国境を越える移動には2週間の
隔離検疫が課され移動は事実上不可能な状態になっています。
オブライエン師は主戦ライアン・ムーアをイギリスに留まらせ
脇をデットーリやジェームズ・ドイルなどの腕達者がサポート
する体制を築き上げ、アイルランドにはセカンドジョッキーの
シーミー・ヘファーナンを大将格に配し、厩舎馴染みの騎手を
総動員する二重のシフトを敷いて今シーズンに臨んでいます。

愛ダービーは、ステイヤーの出世レースとして名高いロイヤル
アスコットのG2クイーンズヴァーズを圧勝したサンティアゴが
1番人気に。もちろん留守居部隊の総大将シーミーが鞍上です。
シーミーは、クイーンズヴァーズ騎乗のライアンと同じ作戦で
サンティアゴを導き、ラスト2ハロンからスパートさせ、早々に
先頭を奪うと大外から鋭く追い込む僚馬タイガーモスの追撃を
抑え込みます。着差は頭でも余裕があり、見事な騎乗でした。
エイダン勢の1-2-3-4決着はたぶん史上初のサプライズです。
シーミーは、愛1000ギニーのピースフルに続くG1勝利を飾り、
この翌日もマジカルでプリティポリーSを圧勝、わずか2週間で
G1を3勝と大仕事をやってのけました。イギリス組ライアンも
英1000ギニーとクイーンアンSを勝ちG1は2勝と役目を果たし
厩舎全体では5勝とオブライエン大旋風を吹かせています。

サンティアゴは馬群を抜け出す一瞬の瞬発力に優れ、そこから
バテない末脚を息長く使える持久力に富んだステイヤーです。
この勝利でセントレジャーのオッズは3.5倍の1番人気に抜擢!
来年はロイヤルアスコット名物のゴールドCを目指すようです。
ステイヤー界には、そのゴールドCを10馬身ちぎって3連覇した
絶対王者ストラディヴァリウスがいますが、この3年間を通じて
わずかにハナ差でしたが、唯一このモンスターを負かしたのは
先日無念にも故障引退した厩舎の先輩キューガーデンズだけ。
この新鋭が、先輩の意志を継ぐ名ステイヤーに育ちそうです。

それにしてもオブライエン厩舎は、ここまでG1通算は356勝!
内クラシックは、愛英仏で破天荒な86勝を積み重ねています。
馬房制限のハードルが高い日本では、考えられない記録ですが
何をもって自らの価値としているかが、明快に理解できます。
ホースマンとして生まれて何を成すべきかが伝わって来ます。
いよいよ今週末は、イギリスのダービー&オークスウィーク!
大活躍のシーミーに続いて、ライアンが晴れ舞台に躍ります。