5日間36レースのロイヤルアスコットが無事に閉幕しました。

コロナ禍に見舞われた今年は、恒例の女王の行幸も自粛されて

無観客競馬での開催でしたが、イギリスの夏を彩る三大風物詩

テニスのウィンブルドンやゴルフの全英オープンが中止された

ことを思えば開催されただけでも、とても幸せなことでした。

アスコット競馬場の関係者や全英のホースマンの歴史と伝統を

護り抜いた真摯な努力に対して敬意を表し、感謝を捧げます。

 

非常事態の中で変則スケジュールの開催でしたが、ここに向け

歴史と伝統を絶やさない重要な意思決定を貫き通した馬主さん

前哨戦も満足に使えない中で馬を仕上げた調教師やスタッフ、

レース毎に最高の技術と最良の戦略の粋を懲らす入魂の騎乗に

専心したジョッキー達、すべての人々が桧舞台の主役でした。

 

初日早々に大馬主ハムダン殿下の主戦ジム・クローリー騎手が

1日3勝の固め打ちで飛び出すと、最終日にはG1の2勝を含めて

ランフランコ・デットーリ騎手がこれも3勝の目を見張る活躍、

ロイヤルアスコットの真髄を知るベテランが活躍しています。

時節柄、国境を跨ぐ移動には2週間の隔離が課されるリスクを

回避してアイルランドのクラッシック開幕週を自重して、ここ

ロイヤルアスコット一本に備えたエイダン・オブライエン厩舎

ライアン・ムーア騎手も、初日のG1クイーンアンSを皮切りに

騎乗レースの多くで勝ち負けを演じ存在感を見せつけました。

本当に頼りになる凄腕です。彼らから今後も目が離せません。

 

そのオブライエン師も、4勝を上げてロイヤルアスコット通算は

74勝。サー・マイケル・スタウト師81勝、ヘンリー・セシル師

75勝に次ぐ歴代3位へ勝利数を伸ばしました。いずれ遠からず

ロイヤルアスコットのチャンピオントレーナーに君臨します。

宿命のライバル・ジョン・ゴスデン師も、開催6勝の荒稼ぎで

通算55勝まで積み上げ好敵手をジリジリと追い上げています。

 

嗚呼!素晴らしき哉、ロイヤルアスコット!

ここには世界の競馬のエッセンスがギュッと詰まっています。

来年は、ぜひ日の丸軍団の晴れ姿がそこにいて欲しいですね。