中京競馬場のG1チャンピオンズCは、有力馬たちがそれぞれに
ありったけ持ち味を出し切る素晴らしいレースになりました。
逃げたインティは単調なスピード馬のイメージが強い馬ですが
この日は武豊騎手との呼吸もピッタリで36秒6-36秒2-35秒7と
加速ラップで早からず遅からず後続になし崩しに脚を使わせる
ベテランらしい巧騎乗は、好位の内に控えてロスなく追走した
クリソベリルも交わすに手古摺り逃げ切りまで思わせました。

ところが、ゴールの50mほど手前にドラマが待っていました。
ベリルの直後に位置していたルメール騎乗ゴールドドリームが
外から並びかけようと馬体を併せに来た刹那の出来事でした。
闘争心に火がついたベリルが天下の名刀の斬れと言うしかない
凄まじい瞬発力を繰り出し、一瞬で2頭の間を断ち割りました。
クビ差出たところがゴールでは、歴戦の勇者も差し返す暇すら
ありません。究極の底力勝負を見事に制した若武者・ベリルの
凛々しくも圧巻の快勝劇でした。

競馬に「タラレバ」はありません。
しかしドリームが馬体を併せ競り合う強襲に行かなかったら?
が、ルメール騎手にベリルの炎のような闘争心は想像を超える
ものだったのでしょう。それも競馬ですから仕方ありません。
もう一つのタラ、ご存じのように古馬と3歳馬の負担重量差は
毎月変化していきます。分かりやすいのでG1戦を例にとれば、
最初の混合戦・安田記念の6月時点では4キロ差の決まりです。
それが9月のスプリンターズSは2キロ差に縮まり、12月からは
1キロ差とほぼ互角の条件に設定されています。

ところが今回のチャンピオンズCは、土日が一括りの「節」が
11月と12月にまたがるため、11月の規定が採用されています。
ドリームやインティの57キロに対し、ベリルは56キロではなく
55キロで走れた訳です。1日違いで1キロの恩恵に浴しました。
この1キロが、ゴール前の厳しい競り合いで生きたのかどうか?
神のみぞ知る神秘の領域と言うしかありませんが、それも含め
競馬の奥深い醍醐味を堪能させてくれた史上まれに見る今年の
超ハイレベルなチャンピオンズCでした。