ドバイワールドCデーの招待状が舞い込むのも一段落しました。
その日はG1が5、G2が3の計5レースが一挙に施行されますが、
まだ招待状未着のレースは、芝1200mに韋駄天自慢が集う電撃
アルクォーツスプリント、芝3200mでスタミナ自慢が競い合う
マラソン決戦ドバイゴールドCだけです。世界のホースマンが
日本の競馬をどう見ているのか?手に取るように分かります。
それらは日本の弱みと捉えられているカテゴリーだからです。
つまりは「招待に値しない!」と思われているのでしょうか?

短距離レースで世界に通用したのは、ロードカナロアくらいと
言われます。マラソンレースでも日本馬はレーティング評価は
決して低くないですが、一流馬が海外へ出かけることが少なく
結果として戦果も今イチで世界にアピールできない現状です。
一昔前には、アグネスワールドがイギリスとフランスで短距離
G1を制圧、デルタブルースとポップロックの角居勝彦厩舎勢が
メルボルンCでワントゥーを決めた華々しい時代もありました。
海外遠征がまだ珍しかった頃です。その先駆け森秀行調教師は
カーブが苦手で日本では遂にG1を勝てなかったアグネスのため
世界の直線レースを探し回った末に辿り着いた金字塔でした。
角居先生も不遇なステイヤーに箔を付けさせたい一心でした。

馬の資質もそうですが、レース体系にも課題がありそうです。
レース自体がなければ、どんな名馬でも能力の発揮のしようが
なく、その逆も言えます。従って長い間、伝統的ホースマンは
右手にはサラブレッドの存在証明である全血統書を集大成した
ジェネラルスタッドブックを捧げ持ち、左手には継承と改革を
繰り返すレース体系の根幹レーシングカレンダーを掲げるのを
競馬運営の基本スタイルとして何世紀も伝え続けてきました。

歴史と伝統を重んじる競馬界も、それ以上に改革に熱心です。
JRAも着々と番組改革に取り組んでいますが欧米を中心とする
競馬先進国の大胆でスピーディなそれに比べると見劣ります。
出走できるレースが限られるのはスプリント戦とマラソン戦の
両極端のカテゴリーに共通しています。先週阪神のリステッド
マーガレットS快勝のディアンドルが連勝を4に伸ばしました。

が、ここまでクラスが上がると、最適条件1200mは5月中旬の
葵Sまでまったくありません。こうした馬たちは優れていれば
優れているほど、NHKマイルCや皐月賞、ダービーに挑戦する
傾向が強く、不向きなレースを使われるうちに不幸にも能力を
摩耗させ、競走馬としての大成を妨げる悲劇も見られました。
悲劇はこれにとどまらず、こうした行き場なき馬たちが何頭か
集まれば、史上最短のキャリア3戦目でダービー馬に君臨した
フサイチコンコルドの伝説も幻に終わったのかもしれません。

乱暴なまとめになりますが、敢えて競馬の本質を二つに絞れば
スピードとスタミナとに、帰着することになるのでしょうか?
スプリントとマラソンは競馬誕生の原点なのかもしれません。
双方を、奥深く高いレベルで磨き上げることがサラブレッドの
進化であり、競馬の進歩なのでしょう。サラブレッドの資質は
多彩な広がりを見せ、自ずから競馬番組も多様性を増すことが
求められます。先進国の事例に学びながら、一歩でも二歩でも
世紀を超え伝えられた人類の叡智ジェネラルスタッドブックと
レーシングカレンダーの理想へと近づけないものでしょうか。