「芝砂二刀流」とか「天才サウスポー」などと、多彩な愛称で
親しまれたレッドファルクスのイメージを一口で現わすならば
傑出した学習能力の高さを備えた、賢い馬だったと思います。

競走馬は芝、ダート、距離、コース、馬場状態などのレースに
よって様々に変化する条件を克服しながら成長していきます。
ファルクスは慎重な性格に生まれついたのか?初体験の場合は
戸惑う面も見せましたが、経験を積むにつれて克服の術を掴み
一歩また一歩と着実に出世の階段を上ってくれました。嬉しい
初勝利はデビューから3走目、2度目の1400m戦のことでした。
ダート挑戦、1000万下、1600万下への昇級戦、右回りなども
すべて2走目でクリアしています。素晴らしい学習能力です。

「サウスポー」のイメージが濃かったファルクスですが、同じ
左回りでも平坦な新潟はさほどの成績が残せず、中京や東京の
直線に坂のあるコースで本領発揮することが多かった馬です。
どの馬も苦しくなる坂の登りで残る底力を振り絞り燃焼させる
タイプだったのでしょう。ゴール前にそびえ立つ胸突き八丁の
急坂で有名な中山で、スプリンターズSを連覇できたはずです。

俗に亡くなった種牡馬の産駒は良く走ると言われますが、昨年
世を去った父スウェプトオーヴァーボードの活躍も見事です。
短距離向きとされた血統からステイヤーズSを鮮やかに快勝した
リッジマンが現れたかと思えば、オメガパフュームが交流重賞
トップクラスで台頭してバリエーションを広げつつあります。
スウェプトを含めてアドマイヤムーン、サウスヴィグラスなど
エンドスウィープ系の絶対的な日本適性は目を見張らせます。
種牡馬ファルクスに注目が集まるのも自然な流れでしょうね。

一昔前だとファルクスの母父サンデーサイレンスという血統は
優秀なサンデー系牝馬が最初から除外されハンデになりました。
しかし昨今は、ロードカナロア、ルーラーシップなどを筆頭に
キングカメハメハ系の爆発的増殖が新トレンドになりました。
母父サンデーのハンデが逆に推進エンジンになりそうな気配!
ファルクスはミスタープロスペクター4代目でキンカメ配合で
発生する、そのクロスも薄くて気にするほどではありません。
そして何よりファルクスの血の一滴一滴にギュッと凝縮された
高い学習能力という生まれついての賢さが、産駒たちに伝わり
父を超えるようなサラブレッドを、輩出してくれるはずです。
ファルクスの仔達に数年後の競馬場で会える日が楽しみです。