以前にもご紹介しましたが、パート1国を中心に世界17カ国の
G1競走のみの結果を集計したランキングが発表されています。
通常のリーディングなどからは賞金が高すぎてフェアな比較が
できないという理由で日本は仲間外れになっています。
それはごもっともでガリレオや北米チャンプ・タピットすら
日本馬を相手にするとベストテンにも入れないのが現状です。

で、唯一仲間に入れてもらえるのが国際G1戦線での実績。
勝利数、勝利頭数、獲得賞金などのカテゴリーで競いますが、
勝利数では13勝のガリレオがトップ、ヨハネスブルグ産駒で
南米を中心に活躍中のスキャットダディが11勝で2位でしたが
2週連続でG1連覇のディープインパクトが10勝と追撃中です。
勝利頭数となると10頭のディープがそれぞれ8頭と6頭の
ガリレオ、スキャットを引き離してトップに立っています。

1頭で複数のG1を勝ちまくる傑出馬を出すのが良いのか、
いろんな条件でコンスタントに勝利するのが良いのか、
判定は難しいのですが、いずれにせよこれらの種牡馬たちが
並外れて優秀なのは折り紙が付けられます。太鼓判です。
賞金総額となるとディープの独壇場となるのは当然ですね。
この分野ではハーツクライもガリレオを抜いて2位に付けます。
これは誇って良い日本競馬のマーケティング成果ですが、
ランキングとしては参考程度にとどめるのがフェアなのかも?

G1・10勝は、国内G1の半数近くを勝たねばなりません。
途方もない偉業です。さらにこの上の高みを目指すとなると、
海外G1への進出を考えていかねばならなくなります。
日本馬による遠征も盛んにやれば良いだろうと思うのですが、
仏1000ギニーのクラシック馬ビューティーパーラーのような
海外生産かつ海外調教のディープインパクト産駒の活躍を
さらにはサンデーサイレンス系全体の無限に広がる可能性を
もっと見たいと思うのは欲目でしょうか。