近況情報|募集馬情報

募集馬情報

ワイオラ16 募集馬

  • 資料請求

近況情報

2020.09.24 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.2-39.4-25.2-12.5 馬なり

坂口調教師「帰厩後1本目なので、流した程度ですが。いつも通りの感じで順調に来ています」
※10月10日(土)京都6R(牝/ダ1400m)を藤懸騎手で予定。

2020.09.23 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.6-50.5-32.7-16.3 馬なり

坂口調教師「帰厩後も順調に調整しています。元々の硬さは多少ありますが、いつもと変わらない様子で帰ってきました。明日は追い切りをかけることにしています」

2020.09.18 : 栗東:坂口智康厩舎
馬体重472キロ。
予定通り今週からペースアップし、坂路入りする日は15-15ほどの時計を出しています。ペースを上げてからも体重は減らずにキープしていますし、背腰も定期的に低周波でケアしているため疲労感もありません。強めの本数は少ないものの、じっくり乗り込んでコンディションは良好。態勢が整ったため、きょう(金)の検疫で栗東・坂口厩舎に帰厩しました。

2020.09.17 : →坂口智康厩舎
明日18日(金)栗東トレセンに移動します。

2020.09.11 : ノーザンファームしがらき
馬体重467キロ。
トレッドミルと坂路を併用して調整しています。坂路でのペースはF18秒から17秒ほどです。背腰が張りやすいため低周波でケアしていますが、硬さはなく、これまでで最もスムーズな歩様を見せています。また、落ち着いていて変にカッカしたところもなく、平常心で調教に臨んでいます。このまま順調にいけば来週半ばには15-15を始められそうです。

2020.09.04 : ノーザンファームしがらき
馬体重458キロ。
入場後はマシンやトレッドミルで運動していましたが、440キロだった馬体重は大幅に回復したため、すでに坂路で乗り出しており、トレッドミルと坂路調整を1日おきに行っています。ペースもF17秒まで上げています。歩様は悪くありませんが、背腰に若干疲れがあることから定期的に低周波でケアしながら進めていきます。

2020.08.27 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:引き運動
坂口調教師「今朝も厩舎周りの引き運動で調整しています。引き続き上がりの状態に問題はありません。明日、ノーザンファームしがらきへ移動させることになりました」

2020.08.26 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:引き運動
坂口調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。脚元など異常はなさそうですが、次開催は中京開催になりますし、馬体も減ってしまっていたので、一度放牧に出そうと思います」

2020.08.22 : 8月22日レース後コメント(8着)
坂口調教師「スタートで躓いてしまい、危なかったですね。あれでハミも抜けてしまって後ろからになってしまいましたが、内をうまく立ち回って最後はそれなりに伸びてきてくれました。札幌臨場でジョッキーとは話せていないのですが、馬体重がトレセンを出発時より20キロ減ってしまっていたので、上がりの状態をよく見てから今後について判断します」

2020.08.20 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:引き運動
坂口調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も変わりありません。距離は長いとは思いますが、調教でもずぶさも出てきていますし、いい面を見せてくれないかなと思っています」
※今週22日(土)小倉8R(1勝クラス(牝)/ダ1700m)に北村友騎手で出走します。

2020.08.19 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.8-38.7-24.7-12.3 一杯
外ララペタンク一杯と併せで0.3秒先着

坂口調教師「坂路で併せて追い切りました。いい意味でずぶさが出てきたようで、テンから押っ付け気味でいきましたが、終いまでしっかり動けていました。状態は引き続き良さそうです」
※今週22日(土)小倉8R(1勝クラス(牝)/ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。

2020.08.13 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→ポリトラックコース
DP 中井 82.0-66.7-51.7-37.7-11.3 強め
外ノブフランクリン一杯を6Fで0.7秒追走3F併せで0.2秒先着

坂口調教師「ポリトラックコースで併せて追い切りました。中井騎手に乗ってもらったのですが、いい感じだと話していましたし、今回はとても体調が良さそうです」

2020.08.12 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 70.7-50.6-33.1-15.8 馬なり

坂口調教師「今朝は坂路で軽めの調整です。昨日の計測で馬体重は450キロと中間も順調にきていますし、具合は良さそうですね。明日は追い切る予定です」

2020.08.06 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.1-39.3-25.7-12.5 馬なり

坂口調教師「坂路で1番乗りで追い切りました。全体の時計は54秒くらいで馬なり。馬のバランスも良く、いい動きで問題なかったと思います」

2020.08.05 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.4-49.8-32.7-16.1 馬なり

坂口調教師「明日追い切る予定なので、今朝は坂路1本の調整でした。昨日の計測で馬体重は448キロ。小倉までの輸送を考えると、もっとあってもいいのかなとは思います。中間も体調面での問題はありません」

2020.07.30 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.3-50.2-32.9-16.5 馬なり

坂口調教師「今朝も坂路を軽めに上げて調整しました。様子を見ながらですが、早ければ明日から速いところを始めていこうと考えています」
※8月22日(土)小倉8R・3歳上1勝クラス(牝/ダ1700m)を北村友一騎手で予定。

2020.07.29 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.0-49.1-32.2-15.8 馬なり

坂口調教師「今朝は坂路を軽めに上げて調整しました。雰囲気としては前回と同じくらいの状態で帰ってきてくれたのではないかとみています。小倉開催に向けて調整していきます」

2020.07.28 : 栗東:坂口智康厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.07.24 : ノーザンファームしがらき
馬体重478キロ。
調整は順調に進んでおり、週3日は坂路で15-15を消化していますし、そのほかの日もトレッドミルで運動しています。ペースを上げてからも体はしっかり維持していますし、脚元への反動なども見られません。背腰も定期的に低周波をあててケアしているためコンディションは良好です。本馬は小倉開催での出走に備えて来週中の帰厩が予定されています。

2020.07.17 : ノーザンファームしがらき
馬体重479キロ。
引き続き坂路で調整しています。ペースはハロン18秒から17秒ほどです。角馬場やトレッドミルで体をほぐしてから馬場入りしていますが、この馬としては硬さも気になりませんし、歩様も悪くありません。早ければ来週中に15-15を開始することになりそうです。

2020.07.10 : ノーザンファームしがらき
馬体重478キロ。
爪の不安は解消し、歩様もよくなったため、予定どおり今週月曜日に乗り出しました。角馬場やトレッドミルで体をほぐしてから、坂路をF18秒ほどのペースで1本乗っています。少し休ませて背腰の疲れが取れて楽になったせいか、落ち着きも感じられるようになりました。このまま順調にいけば、来週以降徐々にペースを上げていけそうです。

2020.07.03 : ノーザンファームしがらき
馬体重468キロ。
削蹄したところ歩様に違和感が出たため、一旦トレッドミルでの調整にとどめています。日に日に歩様は改善しましたし、この間に体が増えました。また、背腰の治療を行ってコンディションはだいぶよくなっています。このままいけば週明けには乗り出せそうです。

2020.06.26 : ノーザンファームしがらき
馬体重461キロ。
入場後、背腰に疲れが確認されたためマシンやトレッドミルで調整していましたが、徐々に硬さがほぐれてきたため、週2回坂路でも調整を行っています。ペースはF17秒ほどです。次走予定が決まっていないことからペースアップするのはもう少し先になりそうです。

2020.06.19 : 坂口智厩舎→ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。

2020.06.18 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝も引き続き厩舎周りの引き運動で調整しています。状態に変わりはありません。このまま楽をさせてノーザンファームしがらきへ移動します」

2020.06.17 : 栗東:坂口智康厩舎
調整メニュー:引き運動
坂口智調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。蹄鉄も打ち換えて特に問題はありませんし、そのほかに気になるところもありません。今週金曜日にノーザンファームしがらきへ移動させます。阪神開催の後半で使えそうならすぐに戻しますが、節で入らなそうなら、小倉開催を目標に厩舎に戻すことにしています」

2020.06.13 : 6月13日レース後コメント(10着)
坂口調教師「軽い馬場は良かったと思いますが、前半のペースが速くなり、追走に苦労していましたし、上がってきて右前脚を落鉄していました。北村友騎手からは『どこで落鉄したかはわからなかったが、今日はかかりが悪かった』との事で、少なからず影響はあったようです。剥がれてまではいませんでしたが、傷んではいたのでこれからよく見ておきます」

2020.06.11 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も変わりありませんし、馬体重が減っている点がどうかくらいです。阪神コースに替わりますが、今回も頑張ってほしいです」
※今週13日(土)阪神7R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1400mに北村友騎手で出走します。

2020.06.10 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.1-39.2-25.2-12.5 馬なり
坂口智調教師「予定通り今週は坂路でサッと追っただけです。状態のほうは変わりありませんが、馬体重は先週から2キロ減っているので、レースでは10キロほど減っての出走になるかもしれません」
※今週13日(土)阪神7R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1400mに北村友騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2020.06.04 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。馬体重は444キロと減っていますが、飼い葉は食べていますし、暑くなって汗をかくようになったことも影響しているのかなと思います」
※6月13日(土)阪神7R(牝/ダ1400)を北村友騎手で予定。

2020.06.03 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 52.6-38.2-25.6-13.3 一杯
外イコロチャン一杯と併せで0.3秒先着
坂口智調教師「今日は併せてしっかり追いました。併せると気合いが入るようですし、いい動きだったと思います。来週はそこまで強い追い切りはやらずに競馬に向かうつもりです」

2020.05.28 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.1-48.9-31.6-15.9 馬なり
坂口智調教師「今朝も引き続き坂路を1本上がっています。明日か日曜日に少し時計を出してみる予定です」

2020.05.27 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.5-46.8-30.9-15.3 馬なり
坂口智調教師「今朝は坂路を1本上がっています。立ち上げ後も大きな疲れも見せず、順調に調整できています」

2020.05.21 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場
坂口智調教師「今朝も引き続き角馬場で軽めの調整ですが、変わらず順調です。このまま問題なければ、阪神2週目(6/13-14)にダ1400mとダ1200mの番組があるので、どちらかを使うつもりで考えています」
※いずれのレースでも鞍上は北村友騎手を予定しています。 

2020.05.20 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場
坂口智調教師「レース後、蕁麻疹が出ましたが、薬を投与して今は治まっています。今朝から騎乗運動を始めましたが、前回のレース後より歩様に硬さもないですし、馬体重の戻りも早いです」

2020.05.16 : 5月16日レース後コメント(4着)
坂口智調教師「馬体重も増えていましたし、体調は良かったと思います。今日はようやくスムーズに競馬ができました。騎乗した北村友騎手は『右回りでもコーナーリングがあまり得意ではなく手応えが良くなかったですが、直線に入って手前を替えてからもうひと伸びしてくれました』と話していました。権利は取りましたが、続戦するかは週末まで馬の様子を見ながら考えます」

2020.05.14 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も変わりありません。今回は現状考えられるベストの条件だと思いますので、何とか結果を出したいところです」
※今週16日(土)京都7R4歳以上1勝クラス(牝)ダ1400mに北村友騎手で出走します。

2020.05.13 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.6-40.1-26.1-12.8 馬なり
坂口智調教師「今朝は坂路で55秒台くらいでサラっと追いました。体調面にも不安はなく、変わらず順調ですね。先週末ゲートで発馬練習を1回行いましたが、特に問題ありませんでした」
※今週16日(土)京都7R4歳以上1勝クラス(牝)ダ1400mに北村友騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.05.08 : 栗東:坂口智康厩舎
次走の鞍上予定が北村友一騎手に変更となりました。

2020.05.07 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 63.5-45.6-29.4-14.1 馬なり
坂口智調教師「今朝も坂路1本の調整です。明日は時計を少し出してみる予定で、ピッチを上げていくことにしています」

2020.05.06 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.7-48.7-31.8-15.3 馬なり
坂口智調教師「今朝は坂路1本の調整です。まだ軽めの調整ですが、飼い食いもまずまずですし、特に変わった様子もなく、順調に調整しています」

2020.04.30 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場
坂口調教師「今朝は角馬場でハッキング調整しました。出がけは歩様に硬さがありましたが、乗ればほぐれてきたので、許容範囲かなという感じです。予定通り、このまま次走に向けて進めていきたいと思います」
※5月16日(土)京都7R(牝/ダ1400m)を泉谷騎手で予定。

2020.04.29 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。今のところ、馬体や脚元に異常は見られないので、明日から軽めに乗り出して歩様を確認することにしています」

2020.04.26 : 4月26日レース後コメント(12着)
坂口智調教師「パトロールビデオを見ると、物見をしたのかスタートして左に逃げてしまっていました。道中は行きっぷりも良く、手綱を持つところもあり、追えば伸びる雰囲気はあったようですが、いざ追い出すとついていけなかったようです。芝だとトップスピードが足りないのかもしれません。今回は飼い葉をよく食べていますし、レース後の状態に問題なければもう一度使うことを考えています。発走の注意を受けてしまったので、次走までに良く練習しておきます」

2020.04.23 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も変わりありません。明日は泉谷騎手に乗ってもらい、芝コースで感触を確かめてもらうことにしています。今回は減量もありますし、あとは芝の適性がどうかだけだと思います」
※今週26日(日)京都7R4歳以上1勝クラス・芝1400m(外)に泉谷騎手で出走します。

2020.04.22 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 53.5-39.0-25.2-12.9 一杯
外クイーンズバラッド一杯と併せで0.4秒先着

坂口智調教師「今週は坂路で併せて追いました。ここ最近馬場が重く、特にラスト50mが深いようですが、ラスト1Fも12秒台でまとめましたし、良い動きだったと思います。中間の馬体重は442キロです」
※今週26日(日)京都7R4歳以上1勝クラス・芝1400m(外)に泉谷騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.04.16 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切り後も状態に問題はなさそうです。昨日の追い切りが少し重苦しかったので、週末も坂路で時計を出す予定ですし、来週はその後の様子を見極めながら、坂路かポリトラックコースで追うことにします」

2020.04.15 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→ポリトラックコース
DP 助手 83.2-66.7-52.2-38.8-12.4 一杯 
坂口智調教師「ポリトラックコースで追いました。終いまでしっかり追いましたが、まだ動きが重く、単走とは言え物足りない動きに感じました。飼い葉はしっかり食べており、馬体重は446キロと先週から変わらずで来ています」

2020.04.09 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 54.3-39.3-25.7-12.8 馬なり
坂口智調教師「坂路で単走追いでしたが、さらっと終始馬なりでした。来週はポリトラックコースで追ってみて、どのくらい動けるのか見てみることにしています」

2020.04.08 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.3-50.2-32.6-16.0 馬なり
坂口智調教師「日曜日に坂路で15-14くらいのところをやりましたが、その後も引き続き順調に調整しています。馬体重も昨日の計測で446キロと少し増えていて、特に悪いところもありません。明日はまた坂路で時計を出してみることにしています」

2020.04.02 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.3-49.0-31.5-15.5 馬なり
坂口智調教師「今朝も坂路を軽めに上がっています。今週日曜日くらいから速いところを始めていくつもりです。京都の開幕週を使う予定でいますが、今回は減量騎手を起用したいと思います」
※4月26日(日)京都7R(芝1400m)を泉谷騎手で予定。

2020.04.01 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.1-48.9-31.9-15.8 馬なり
坂口智調教師「昨日の検疫で帰厩しました。馬体はふっくらしていますが、馬体重は今朝の計測で444キロと、牧場からの報告よりかなり乖離がありました。調教初日でしたが、落ち着いて坂路を上がることができていました」

2020.03.27 : ノーザンファームしがらき
馬体重476キロ。
引き続き坂路をF17秒ほどのペースで乗っています。トレッドミルも併用して調整していますが、硬さがほぐれてきていますし、カイバも残さず食べていて乗りながらでも馬体重が増えてくるなどフレッシュな状態に近づいてきました。脚元に疲れも見られないため、早ければあす(土)から15-15を始めることになりそうです。

2020.03.20 : ノーザンファームしがらき
馬体重465キロ。
今週も坂路とトレッドミルを併用して調整しており、騎乗調教日は角馬場で体をほぐしてから坂路入りし、F18秒から17秒ほどのペースで乗っています。背腰には定期的に低周波をあてているため疲れは日に日に解消しつつあります。早ければ来週末からペースアップすることになりそうです。

2020.03.13 : ノーザンファームしがらき
馬体重456キロ。
入場時に424キロだった馬体重が大幅に回復したため、今週月曜日に乗り出しました。
現在は角馬場で体をほぐしてから坂路を1本F17秒ほどのペースで1本乗っています。まだ背腰の疲れが取り切れていないので定期的に治療を施したり、日によってトレッドミルで調整しながら進めていきます

2020.03.05 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場
坂口智調教師「引き続き馬の状態に変わりありませんが、明日ノーザンファームしがらきへ放牧に出してリフレッシュを図りたいと思います。状態を見ながら厩舎に戻す時期を考えますが、京都開催での出走を考えています」

2020.03.04 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「メンバーがかなり弱かったので、勝負になると思いダートにスライドしましたが、結果を出すことができず申し訳ありませんでした。レース後、特に気になるところはありませんが、明日軽く動かして歩様を確認してみるつもりです」

2020.02.29 : 2月29日レース後コメント(7着)
北村友騎手「過去のレースを見て先行力がありそうだったので、前目で競馬をする作戦を取りました。左回りのコーナーリングが下手で、4コーナーで外へ外へ張ってしまいましたし、トモがまだ甘く踏ん張りもきかないので、アンバランスな走りでした。右回りのほうが確実に良さそうです」

2020.02.27 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「想定を見たところ、同日のダ1200は芝よりメンバーがかなり軽くなりですし、北村友騎手も空いていたので、予定を変更してダ1200に投票することにしました。追い切り後も脚元は変わりありませんが、念のため化膿止めを打って腫れないように気をつけながら進めて行きます」
※今週29日(土)中京8R豊橋特別・4歳以上1勝クラスダ1200mに北村友騎手で出走します。

2020.02.26 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→芝コース
芝 助手 82.0-65.5-50.5-37.4-13.0 一杯

助手「雨が降って馬場が悪くなっていたこともあり、想像以上にのめってしまって走りづらそうにしていました。調教コースの芝は元々荒れているので、単純に競馬場とは比較はできませんが、もし芝のレースを使うなら良馬場が大前提になりそうです」
坂口智調教師「芝コースで追ってみましたが、馬場が悪かったこともあり、あまり感触が良くなかったようです。週間天気予報だと土曜日の天気が微妙なので、ダートにスライドすることも考えたいと思います」
※今週29日(土)中京12R豊橋特別・4歳以上1勝クラス芝1600mに北村友騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.02.20 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.4-39.9-26.6-13.1 馬なり
坂口智調教師「引き続き順調に進めていますが、数日間調教を休ませてしまったので、もう1週乗り込んで来週の出走を考えています。以前からどこかのタイミングで一度芝を使ってみたいと考えていましたし、スタッフからも同じ意見が出たので、この機会に芝を試してみることにします」
※2月29日(土)中京12R(豊橋特別/芝1400m)を北村友騎手で予定。

2020.02.19 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.7-48.4-31.8-15.9 馬なり
坂口智調教師「先週金曜日から引き運動で動かし始めて、現在は腫れも引いて調教を再開しています。今朝も坂路で乗りましたが問題なさそうですので、明日は少し時計を出してみることにします」

2020.02.13 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:舎飼い
坂口智調教師「昨日の午後の馬体チェックで左トモの繋部分に熱感があったため、念のため化膿止めを入れておいたのですが、今朝になり左飛節が腫れてしまい、フレグモーネとの診断が下りました。内側に小さな傷があり、そこから菌が入ってしまったようです。現在消炎剤も入れて様子を見ていますが、少なくとも明日までは引き運動しかできないため、今週の出走は取りやめることにしました。この後は治療を最優先しながら、来週以降の出走に向けて再調整していきます。この度はこのような事態になり、申し訳ありません」

2020.02.12 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 55.4-39.7-25.0-12.5 馬なり
坂口智調教師「予定通り坂路でサラっと流す程度に単走で追い切りました。終いまで馬なりでいい動きでしたし、時計もこれで十分でしょう。中間の飼い葉もしっかり食べていて、馬体重は先週から4キロ増えています」
※今週16日(日)京都7R4歳以上1勝クラス・ダ1400mに福永騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2020.02.06 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しました。火曜日の計測で436キロでしたが、昨日の飼い葉もすべて食べていましたし、大きくは変わっていないでしょう。昨日しっかり追ったので、来週は坂路かポリトラックでサッと追うくらいになりそうです」

2020.02.05 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→DPコース
DP 助手 82.5-66.6-51.8-37.5-11.1 一杯
坂口智調教師「今週はフラットコースで追ってみました。単走でしたが、追ってからも最後までしっかりとした脚取りで伸びていて、歩様にも硬さは見られませんでした。引き続き状態は良さそうですね」

2020.01.30 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 56.6-41.2-27.0-13.1 馬なり
坂口智調教師「1本目なのでやりすぎないように14―14くらいの指示。時計はほぼ予定通りでした。ここから少しずつ馬の様子を見ながらペースを上げていきたいと思っています」

2020.01.29 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.5-48.6-31.8-15.9 馬なり

坂口智調教師「相変わらず入厩後の飼い葉食いが安定せず、馬体重は10キロほど減ってしまっています。ここから徐々に食べてくれるとは思うのですが。明日は朝一番で坂路で少し時計を出してみることにしています」

2020.01.23 : 栗東:坂口智康厩舎
坂口智調教師「検疫の都合で今日の入厩に変更になりました。明日から坂路に入れて乗り出していく予定です。3週間あれば十分仕上がると思いますので、次の開催の3週目を目標に進めて行きます」
※2月16日(日)京都7R(ダ1400)を福永騎手で予定。

2020.01.22 : 栗東:坂口智康厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2020.01.17 : ノーザンファームしがらき
馬体重469キロ。
予定どおり先週末からペースアップ、週3日は角馬場で体をほぐしたあと、坂路で1本目を17秒、2本目に15秒ほどの時計を出しています。調教を強めてからもカイバ食いに変化は見られませんし、脚元や筋肉に反動も見られません。今月末か来月上旬の帰厩に備えてしっかり乗り込んでいきます。

2020.01.10 : ノーザンファームしがらき
馬体重461キロ。
調整は順調に進んでおり、馬場入りする日は角馬場でダクを踏んだあと、坂路で18秒から17秒ほどのペースで2本乗っています。元気いっぱいで体も戻っていますし、硬さも気にならないため、あす(土)から15-15を始めることになりそうです。

2019.12.27 : ノーザンファームしがらき
馬体重460キロ。
カイバ食いがよく体重も大幅に回復したため、今週水曜日に乗り出しました。現在は角馬場で体をほぐしてから坂路2本という調整メニューで坂路でのペースはF18秒から17秒ほど。動き自体は問題ありませんが、背腰に疲れがたまりやすいため、定期的に低周波治療などを施しながら進めていきます。

2019.12.20 : ノーザンファームしがらき
馬体重432キロ。
きのう(木)入場し、けさからマシンで調整を始めました。背腰にこれまでどおりの疲れがあるため低周波治療施す必要がありそうですし、体重も回復途上のため、少なくとも来週半ばまでは乗らずにトレッドミル調整にとどめるなどリフレッシュ期間に充てる予定です。

2019.12.19 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。

2019.12.18 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「レース後は厩舎周りの引き運動で調整しています。特に馬体に異常はありませんが、リフレッシュのため今週中に少し放牧に出すことにします。前走の競馬を見ても平坦コースのほうが良さそうですし、京都開催の後半での出走を目標に厩舎に戻すつもりです」

2019.12.14 : 12月14日レース後コメント(6着)
中井騎手「初めての1400m戦でしたが、スタートも速かったですし、少し促せば芝コースでも行き脚はつきました。逃げを主張してくる馬もいましたので番手から進める形に。3、4コーナーあたりで反応がいまひとつでしたが、直線では最後まで踏ん張ってくれたと思います。坂を登り切ってから脚が上がってしまったので、1400mなら平坦コース、直線で坂があるコースなら1200mと使い分けても良さそうです」

坂口智調教師「距離延長で臨んだ一戦でしたが、手応え以上に最後まで頑張ってくれましたし、ジョッキーも言ってくれていたように条件によって使う番組を選んでも良さそうですね。権利を取ることはできませんでしたが、このクラスを勝ち切る力のある馬ですから、しっかりと結果で応えることができるよう頑張ります」

2019.12.12 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「馬体重は先週と変わらず維持できています。ジョッキーに聞いても体調はいつも通りとのこと。周りを気にするところがありそうなので、少し外目の枠を引いて道中スムーズに進めたいところです。いい競馬を期待しています」
※今週14日(土)中京8R3歳以上1勝クラス・ダ1400mに中井騎手で出走します。

2019.12.11 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→DPコース
DP 中井 65.4-50.3-37.2-11.5 仕掛け
内ラニーノーズ一杯を5Fで0.6秒追走3F併せでクビ差先着
中井騎手「直線併走馬がステッキを打つと、それを気にして躊躇していました。競馬でも馬群は得意ではないですが、相変わらず気が小さいところがあります。それを補うための距離延長ですし、レースのイメージは出来ています。何としても結果を出したいです」
※今週14日(土)中京8R3歳以上1勝クラス・ダ1400mに中井騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.12.05 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 中井 54.1-39.6-25.5-12.1 一杯
外リガス馬なりと併せで0.5秒先着
中井騎手「前に馬を置く形で走らせましたが、しっかりと集中して走っていましたし、仕掛けてからのラスト1Fの反応や伸びも良かったです。今日ある程度しっかり目にやったので、来週はポリトラックコースなどでサッと追うだけで良さそうです」

2019.12.04 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.6-50.1-32.8-16.6 馬なり
坂口智調教師「明日追い切る予定なので、今朝は角馬場から坂路を軽めに上がっています。馬体重は432キロと下げ止まってきましたが、それでも前走より少し減ってしまっている状態なので、これ以上は減らしたくないですね」

2019.11.28 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:引き運動
坂口智調教師「入厩後飼い葉食いが思わしくなく、それに伴い元気もなかったのですが、ここにきてようやく安定してきました。当初は中京2週目の出走を考えていましたが、調教の進度を考えて、3週目に延ばすことにします」
※12月14日(土)中京8R(ダ1400m)を中井騎手で予定。

2019.11.27 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 中井 56.8-41.5-27.0-13.3 馬なり
内ゴールドサブリナ一杯と併せで0.2秒遅れ

中井騎手「併せ馬の後ろから行って、前半の動きを確かめてから終いどれくらいやるか決めようと思っていました。キャンターをおろしてから思っていたよりトモが緩かったので、今日は目一杯やらず、大きく動かせればいいと思い最後は無理させませんでした。今日の感じだとレースを使うにはもう少し乗り込んだ方が良さそうですね」

2019.11.21 : 栗東:坂口智康厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 66.5-49.1-32.7-16.6 馬なり
坂口智調教師「今朝から乗り出し坂路に入れています。この後は中京開催での出走を考えていますが、進めて行った感じで距離延長や芝を試すことなども視野に入れていきたいと思います」

2019.11.20 : 栗東:坂口智康厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.11.15 : ノーザンファームしがらき
馬体重467キロ。
帰厩に向けてペースを上げているところで週3本は坂路で15-15ほどの時計を出しています。調教を強めたせいか、これまでよりややテンションが高い状態ですが、体重が大きく減るようなことはありませんし、調教中も集中していて折り合いを欠くことはありません。中京開催での出走に向けて来週中に栗東・坂口厩舎に帰厩する予定です。

2019.11.08 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重467キロ。
予定どおり今週火曜日から15-15を始めるなどペースアップしました。きょうまでに2本速めの時計を出しましたが、調教を強めてからも硬さは気にならず、これまでより歩様もスムーズ、コンディションはよさそうです。今月末の帰厩に向けて週3本は坂路で時計を出すことにしています。

2019.11.01 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重465キロ。
連日坂路を1本上がっています。ペースはF18秒から17秒ほどです。背腰に疲れがたまりやすいため、定期的に低周波をあててケアしていますが、脚元などに問題はなく、このままペースを上げていける状態にあります。来週以降徐々にペースアップすることになりそうです。

2019.10.25 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重467キロ。
引き続き坂路で調整しています。ペースはF17秒から18秒ほど。乗りながらも体は増えてきていて見た目もふっくらしつつありますし、脚元や筋肉などの疲れも感じられません。顔や首に発症した皮膚病の治療は継続していますが、完治するまでにはもう少し時間がかかりそうです。来週も同じようなメニューで調整する予定です。

2019.10.18 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重458キロ。
今週半ばに乗り出しました。現在は角馬場で体をほぐしてから坂路を1本乗っています。ペースはF18秒ほど。脚元の外傷は問題ありませんでしたが、内面に疲れが残っているせいか顔や首に皮膚病が見られるので薬を塗るなど治療しています。

【転厩のお知らせ】
現在、中内田厩舎は預託頭数を非常に多く抱えており、レースで権利を外してしまうと入れ替えのため放牧に出さざるを得ない現況であることから、より円滑な入退厩を図るため、本日付で栗東・坂口智厩舎へ転厩することになりました。

2019.10.11 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重444キロ。
きのう(木)入場、けさからマシン調整を始めました。レースで脚元に数か所外傷を負っていますが、いずれも程度は軽く、特別な治療の必要はありません。まずはマシンやトレッドミルで軽めの運動を行って心身のリフレッシュを図ることにしており、乗り出すのは来週半ばからになりそうです。

2019.10.10 : ノーザンファームしがらき
ノーザンファームしがらきへ移動しました。

2019.10.09 : 中内田充正厩舎→しがらき
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「このクラスでもやれる力はありますが、まだレースでの経験値が足りないようです。明日、ノーザンファームしがらきへ移動させて、リフレッシュさせることにします」

2019.10.05 : 10月5日レース後コメント(9着)
中井騎手「馬体重は減ってしまっていましたが、返し馬でもフットワークは良かったです。スタートは五分で出てくれて、促して行きましたが行き脚も付きました。ただ、他馬が寄れてきたりすると耳を絞って警戒していましたし、まだ周りを気にしながら走っていましたね。直線でもスペースが開いた時に反応して加速してくれているんですが、内から馬が張ってくるとそれを気にするあまり、そこから手応え以上に進んでくれませんでした。気持ちひとつで走りも変わってくるタイプですが、毎回デビュー戦のような感じでフワフワしていて、幼い面が抜けてきませんね。今日は初めての左回りというのもありますが、ここまで負けるとは思っていなかったので…。力を引き出してあげられなくて申し訳ありません」

2019.10.03 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー 引き運動
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを引き運動で調整しています。追い切り後も調子落ちは見られませんし、飼い食いも良好です。脚元も落ち着いているので順調に調整できていると思います。明日の早朝に新潟競馬場へ向けて出発する予定です」
※今週5日(土)新潟5R3歳以上1勝クラス(牝)・D1200mに中井騎手で出走します。

2019.10.02 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー 角馬場→坂路
モアナ       54.3-38.4-24.8-12.3 強め
メイショウテツワン 54.5-38.7-25.1-12.6 強め

中井騎手「モアナが追い掛ける形でしたが下ろしがけからリラックスして走れていましたし、終いは外を回り併せた馬と外ラチの狭いスペースを通すような感じでしたが、最初は躊躇していた感じがあったものの、促せば臆せずにしっかり走れていました。前走でも最後にスペースが狭くなってからも踏ん張っていましたし、揉まれた競馬を経験できた事は良かったと思います。状態も維持できているので、前走の敗戦を生かして良い結果を出せるように頑張りたいと思います」
中内田調教師「追い切りでは中井騎手を背に坂路でやりましたが、全体の動きもしっかりしていましたし、最後まで気を抜かず走れていましたよ。馬体重も446kgと先週から減らずに来ているのも良いですね。予定通り今週の新潟を中井騎手で使います」
※今週5日(土)新潟5R3歳1勝クラス(牝)・D1200mに中井騎手で出走を予定しています。本馬は優先出走権を有しているため、除外はありません。

2019.09.26 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 64.6-47.6-31.6-15.6 馬なり
助手「けさも坂路で軽めの調整を行いました。1度使って心身ともによくなっていると感じていますが、ここ最近カイバは常に完食して、体重も444キロまで戻っています。いまは成長期で食べたものが身についてくる時期だとみているので適度に体力を使わせながら成長を促すという方針で進めていることころです。あすか週末ポリトラックコースで時計を出すことになりそうです」

2019.09.25 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 63.8-47.1-30.7-15.3 馬なり
中内田調教師「立ち上げ後も順調に進めています。今回はレース後も飼い葉食いが良く回復が早いので、使った上積みも見込めそうな出来にあります。金曜日に速いところをやろうと考えているので、明日も軽め調整の予定です」

2019.09.19 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場
中内田調教師「今日から乗り出しましたが、歩様も大丈夫そうですし、馬体重も徐々に戻ってきているところです。新潟1週目に牝馬限定戦があるので、そこを目標にして進めていきます」
※10月5日(土)新潟5R(牝/ダ1200n)を中井騎手で予定。

2019.09.18 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「大外枠からの厳しい競馬になりましたが、3戦目で前進が見られましたし、いい内容だったと思います。レース後は馬体のチェックをしながら様子を見ているところですが、なんともなければ続戦させるつもりで考えています」

2019.09.16 : 9月16日レース後コメント(4着)
中井騎手「ハナに行けそうならハナとも作戦のひとつとして考えていましたが、周りが速かったので無理はせず、すぐに切り替えました。馬群は問題なかったですし、砂をかぶるのも克服してくれて道中はスムーズだったのですが、直線の立ち上げのところで外の馬に当てられたときに精神的にシュンとなりかけてしまいました。あの場面だけが悔やまれます。それでも接触をものともせず最後までしっかり走ってくれましたし、時計を詰めたようにいくつか収穫もありました。まだきょうで3走目とキャリアが浅い馬。レースぶりに進歩が見られるので次は直線気分よく走らせてあげられれば勝負になるはずです」

2019.09.12 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→芝コース
芝 中井 67.4-52.2-38.1-11.8 馬なり
内ヴィオリーナ強めと5F併入

中井騎手「先週と比べても動き自体は大きく変わってきたとは言えないのですが、これ以上攻めるとテンションが上がって頭を上げてカーっとなってしまいそうな感じがします。気性的にも今週使った方がよさそうですね。前回より煮詰まっていないので、巻き返せるように頑張ります」
※来週16日(月)阪神7R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1200mに中井騎手で出走します。

2019.09.11 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
助手「中間に前回滞在して慣れている離れの馬房に移り、引き続き落ち着いて調整することができていますし、だいぶ起きて走ることができるようになってきました。馬体重は446キロ前後ですが、腹回りなどはもう少し締めていった方がよさそうです。月曜日の競馬を予定しているので、明日ジョッキー騎乗で追い切ることにしています」
※16日(月)阪神7R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1200mに中井騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.09.05 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 中井 84.6-68.2-52.7-38.5-11.8 一杯
中ヴィオリーナ一杯に6Fで1.2秒先行2F併せで0.6秒先着
中スワーヴドン一杯に6Fで0.4秒先行2F併せで0.1秒先着

中井騎手「一杯に追って先着は出来ましたが、全体の動きは休み明けを感じさせました。ただ、前回は普段の調教から攻めていたのでテンションが高めでしたが、今回は非常にリラックスして走ることができています。今日の一追いと来週でどこまで仕上がってくるか。来週も追い切りに乗せてもらう予定です」
※9月16日(月)阪神7R・ダ1200mを中井騎手で予定。

2019.09.04 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 68.4-49.3-32.5-15.8 馬なり
中内田調教師「夏の暑い時期を牧場でうまく調整できたことで、馬体もふっくらしていますし、体調も良く、これから順調に上げて行けそうです。明日はジョッキー騎乗、CWコースでしっかり追ってみることにしています」

2019.08.30 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 67.5-49.5-32.8-16.4 馬なり
中内田調教師「しがらきからの短距離の輸送で疲れもないことから、初日から坂路に入れて乗り出しています。阪神2週目に牝馬限定戦があるので、そこを目標に進めていこうと考えています」
※9月16日(月)阪神7R(牝/D1200m)を予定。

2019.08.29 : 栗東:中内田充正厩舎
本日、栗東トレセンに移動しました。

2019.08.23 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重480キロ。
調整は順調で先週末からきのう(木)までに15-15を3本消化しました。動きは素軽いですし、筋肉の張りもあってコンディションは良好です。負荷をかけ続けても脚元も問題ありません。帰厩目前といったところですが、来週から時計を詰めていくことになりそうです。

2019.08.16 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重478キロ。
引き続き坂路をF18秒ほどのペースで乗りながら週3日は15-15前後の時計を出しています。以前よりいくらか前向きさが感じられるようになってきましたし、落ち着いた状態で調教に臨めるようになっています。また、時計を出したあとも脚元などに反動は見られません。帰厩に備えて来週以降、徐々にペースアップすることになりそうです。

2019.08.09 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重480キロ。
先週末からきのう(木)までに15-15を3本消化しました。乗り込むにつれ入場当初より背腰も強化されて動きに力強さが感じられるようになっていますし、本数を積んできてもふだんからの落ち着きも十分、心身の成長を感じます。来週も同じようなメニューで調整する予定です。

2019.08.02 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重474キロ。
調整は順調で週2本坂路で15-15を消化しています。調教の動きはだいぶしっかりしてきており、坂路も楽に駆け上がっていますが、もう少し自分から進もうとするなど前向きさがほしいところです。ふだんは元気いっぱいでカイバも完食していて体調面はまったく問題ありません。阪神開催での出走を目標に進めていきます。

2019.07.26 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重476キロ。
調整は順調で今週から15-15を始めました。すでに2本消化しましたが、硬さは見られず、動きは軽快、フォームもよくなりつつあります。調教を強めてもテンションは高くなっていませんし、脚元や背腰の疲れもありません。帰厩に向けて来週以降、週3本速い時計を出すことにしています。

2019.07.19 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重474キロ。
引き続き坂路のみで調整しています。ペースはF20秒から18秒ほど。カリカリした面を見せず落ち着いていてカイバ食いが安定しているため、体も順調に回復しましたし、低周波などによるケアで背腰の状態も悪くありません。調教の動きもよくなってきたところですが、次走予定が立っていないため来週も同じメニューで調整することになりそうです。

2019.07.12 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重465キロ。
疲れが取れて馬体も順調に回復しているため、今週から坂路を2本乗っています。ペースは1本目はF20秒、2本目はF18秒ほどです。今後も定期的に背腰などを低周波でケアしながら乗り込んでいきます。

2019.07.05 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重458キロ。
入場時に442キロだった馬体重が460キロほどまで戻るなど順調に回復しているため、きのう(木)乗り出しました。初日は角馬場で体をほぐしたあと、坂路をF18秒ほどで1本上がりましたが、気負いや硬さもほとんど感じさせませんでした。脚元に問題はありませんが、背腰に若干疲れがあるので低周波をあてるなどしてケアしたり乗りながらほぐしたりしていきます。

2019.06.28 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。
きのう(木)入場しました。背腰に少し疲れがあるようですし、体を細く見せているのでしばらくはマシン運動など軽めの調整にとどめて回復を促しますが、週明けにも1度跨って歩様などのコンディションを確認することにしています。

2019.06.27 : ノーザンファームしがらき
本日、ノーザンファームしがらきに移動しました。

2019.06.26 : 中内田厩舎→ノーザンファームしがらき
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「元々歩様の硬いところのある馬ですが、レース後は疲れもあって余計そのように見えます。今回は経験値のなさが出てしまいましたが、まだ2戦目。すでに勝ち上がっているわけですし、長い目で見てあげましょう。明日ノーザンファームしがらきへ移動させますが、小倉は1000mしかなく、この馬には忙しすぎると思うので、始動は秋からにするつもりです」

2019.06.22 : 6月22日レース後コメント(10着)
中井騎手「金曜日にゲート駐立練習をした際に中でモサモサしていたとのことだったのですが、今日もそのような感じでした。スタートは遅れ気味でしたが、その中でもギリギリのところで出てくれましたし、二の脚も初戦よりはつくようになっていました。ただ、道中は内の馬が張り気味に来たのをずっと気にして躊躇していて、直線に入ってもそっちの方に気がいってしまって促しても手前を変えてくれなかったので、今回は経験の無さが出てしまった感じがします。前走のように結果で応えたかったのですが、うまくエスコートすることができず申し訳ありませんでした」

2019.06.20 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:引き運動
助手「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。今回は運動中に尻っぱねするようなところもなくなり、心身ともに成長が見られます。昨日の調教は動きすぎた感じもしますが、これなら昇級してもいい競馬になるのではないかと期待しています」
※今週22日(土)阪神8R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1200mに中井騎手で出走します。

2019.06.19 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 中井 52.0-37.0-23.8-11.9 強め
外ペルペトゥオ仕掛けと併せで0.1秒遅れ

中井騎手「全体は53秒くらいの予定。乗っていても切れる感じではないので、終いも12秒半ばくらいかなと思っていましたが、感覚以上に終いは良い時計が出ていました。後ろからきた併せ馬に前に出られても、そこからハミをしっかり取って踏ん張る姿勢もあり、動きは良かったですね。調教でもテンは促していかないとスピードに乗っていかないところは変わらないので、今回もスタートから気合いをつけてうまく先行させたいところです」
※今週22日(土)阪神8R3歳以上1勝クラス(牝)ダ1200mに中井騎手で出走を予定しています。想定から除外はありません。

2019.06.13 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「今朝は厩舎周りの引き運動で調整しています。追い切った後も問題ありませんし、昨日の追い切りも1本目としては十分に動けていたと思います。これなら来週のレースに予定通り向かえそうです」
※6月22日(土)阪神12R(D1200)を中井騎手で予定。

2019.06.12 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 中井 53.8-38.9-25.4-12.5 強め
内ボンディマンシュ強めと併せで0.1秒遅れ
中井騎手「厩舎からは1本目はあまり動かないタイプと聞いていましたが、そのような動きではあったと思います。それでも終いはそれなりに動けたので、この1本で変わってくるはずです。思っていたよりいい状態で帰厩してきてくれましたし、テンションの上がりやすいところもあるので、来週やればちょうどいい仕上がりにはなりそうです」

2019.06.07 : 栗東:中内田充正厩舎
坂路2本。馬体重481キロ。
週に3本坂路で15-15を消化するなど調整は順調です。速めの時計を積み重ねても球節の状態は落ち着いていてさらに調教を強めても問題なさそうです。休養期間中に心身ともに成長し、徐々に体力も備わってきました。次走に向けてきょう(金)の検疫で栗東・中内田厩舎に帰厩しました。

2019.06.06 : ノーザンファームしがらき→中内田厩舎
明日、栗東トレセンに移動します。

2019.05.31 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重476キロ。
この中間も坂路で順調に調整が進められ、引き続き週3回15-15を消化して、しっかりとした動きを見せています。木曜日に中内田調教師が来場して状態を確認、来週の検疫で帰厩する予定となりました。

2019.05.24 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重478キロ。
引き続き坂路で調整しています。ふだんのペースは18秒ほどですが、週3日は15-15ほどの時計を出しています。負荷をかけても球節はすっきり見せていますし、硬さなども気になりません。来月22日(土)の牝馬限定戦を目標に進めることに決まったため、早ければ来週末にも帰厩する予定となりました。

2019.05.17 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重472キロ。
この中間も順調に調整しています。週に3日は坂路で15-15ほどの時計を出していますが、そのほかの日もF18秒、17秒ほどのペースで乗ってしっかり負荷をかけています。動きに大きな変化はありませんが、背が伸びて成長しているように映ります。中内田調教師によると再来週には帰厩させる予定ということで、あす(土)も15-15を、来週も週3本は強めの調教を行うことにしています。

2019.05.10 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重470キロ。
調整は順調で週3日は坂路で時計を出しています。15-15ほどのペースなら楽な手応えのまま坂路を駆け上がることができますし、併せ馬でも遅れることはありませんが、まだ気持ちの面に物足りなさを感じることがあります。脚元などに不安はありませんが、この時期としては毛ヅヤもさえず、内面も良化途上のようなので、もう少し時間をかけた方がよさそうです。

2019.05.03 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重471キロ。
今週火曜日と木曜日に坂路で15-15を消化するなど調整は順調です。週3本は時計を出していますが、負荷をかけても脚元に反動は見られませんし、リラックスしすぎと感じるほど平常心で走ることができています。帰厩のメドが立ってからさらにペースを上げることにしています。

2019.04.26 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重472キロ。
調整は順調で今週火曜日に坂路で15-15を消化しました。調教の動きはこれまでと変わりありませんし、負荷をかけてからも体重が増えるなど、徐々に体力も備わってきたようです。あす(土)も15-15ほどの時計を出す予定。来週以降は週2日は強めの調教を行うことにしています。

2019.04.19 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重469キロ。
今週から連日坂路を2本乗っています。ペースはF18秒から17秒ほど。動きは素軽く、脚元に不安もありません。元気いっぱいで体調もよく、いつでもペースを上げられる状態にありますが、もうしばらくは成長を待ちながら体力面の強化を図っていきます。

2019.04.12 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重464キロ。
今週も坂路のみで調整しています。ペースはF18秒から17秒ほど。傷んだところはなく、テンションが高ぶることもありません。見た目はふっくらしていてコンディションは良好ですが、ペースを上げるのは目標が定まってからになりそうです。

2019.04.05 : ノーザンファームしがらき
坂路1本。馬体重454キロ。
入場後はマシンで調整していましたが、目立った疲れはなく、体調面も安定しているため、今週月曜日に乗り出しました。現在は坂路のみでペースはF18秒ほどです。来週も同じメニューで調整しますが、帰厩はしばらく先になりそうなのでじっくり時間をかけてフォームの矯正などに取り組んでいきます。

2019.03.28 : 栗東:中内田充正厩舎→ノーザンファームしがらき
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「明日、ノーザンファームしがらきへ移動する予定になりました。引き続き体調に問題はありませんが、トモの傷のケアを最後までしっかりして送り出すことにしています」

2019.03.27 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「既走馬相手に初戦から頑張ってくれました。レース後も脚元や馬体に異常はありませんが、両トモに傷をたくさん作ってきました。まだ前後のバランスが悪いので、コーナーで前脚と交突させてしまっているのだと思います。このまま500万を使うより、一旦楽をさせて馬体の成長を促した方が良いと判断しているので、今週中に放牧へ出して一息入れる予定です」

2019.03.24 : 3月24日レース後コメント(1着)
中井騎手「道中は集中力を切らすことなく走ってくれましたし、初出走でも先頭を走れる度胸もありました。展開も楽ではなかったのに直線の坂をものともせず、もうひと伸びを見せてくれました。よく頑張ってくれたと思います。まだ成長途上で左トモがしっかり蹴れなかったり、右の口も硬かったりと少し歪んでいて1本筋が通っていない状態。理想のフォームとは言えないなかでこれだけ走れたのだから、伸びしろは大きいと思います。ひとつ心配なことはこれからの馬体の維持ですね。きょうもパドックからテンションが高かったですが、暑くなっていくなかで、あれもこれもと詰め込もうとすると、さらにカリカリして体を大きく減らしてしまいそうな気性なので。加減が難しくなりそうですが、あわてず心身の成長を促しながら上を目指していくべきでしょう」

2019.03.21 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:引き運動
中内田調教師「追い切り後も状態に問題はありません。調教の動きからはスピードがありそうですし、まずはこの条件を使ってみます。期待はありますが、既走馬相手にどこまでやれるかでしょう。最低でも権利は取ってきてほしいところですね」
※今週24日(日)阪神1R3歳未勝利(牝)ダ1200mに中井騎手でデビューします。

2019.03.20 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→Eコース→DPコース
DP 中井 84.7-67.5-51.6-37.4-11.6 馬なり
中デュアラブル仕掛けに6Fで0.9秒先行3F併せで0.1秒先着
中ピースアンドカーム一杯と6F併せでで0.5秒先着

中井騎手「周囲をきょろきょろしたり、力まなくてもいいところで力んだり、まだ馬が子供ですね。それでも終いは楽な手応えできて、このくらいの時計なら息も上がっていなかったので、太め感は感じませんでした。いきなり既走馬相手のレースとなるので、テンからしっかり出して積極的にいきたいと思います」
中内田調教師「今日の動きも悪くなかったので、今週使うことにします。G1の裏で上位のジョッキーもいないことから、調教にも騎乗している中井騎手でいかせてもらいます」
※今週24日(日)阪神1R3歳未勝利(牝)ダ1200mに中井騎手でデビューを予定しています。

2019.03.14 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→CWコース
CW 助手 83.5-67.0-52.0-37.7-12.8 一杯
内ピースアンドカーム一杯と6F併せで0.4秒先着
助手「まだどうやって走っていいかわかっていない感じでフォームもバラバラでしたし、4コーナーでも逆手前になったりしましたが、コースで追ったのは初めてですし、仕方のないところです。今日は直線しっかり追っておいたので、これで来週はさらに良くなってくると思います。日曜くらいまでは立ち上がろうとしたりしていましたが、今週に入ってからは扶助にきちんと従うようになってきました。飼い葉食いも落ちていないので、初戦から決めるつもりでこのまましっかりやっていくつもりです」

2019.03.13 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 62.1-4.5-29.2-14.5 馬なり
中内田調教師「この中間も順調に調整が進んでいて、それに合わせて馬の体調も上がってきているところです。明日はCWコースで併せ馬をして5F67~8秒くらいを目標に追い切ってみて、動きを確認することにしています」

2019.03.07 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 57.0-40.7-25.9-12.5 仕掛け
内ピースアンドカーム仕掛けと併せで0.2秒先着 
中内田調教師「併せ馬で追ってみましたが、まだ体力不足かなという印象です。今日の感じだと、この後順調に調整を進めていって、早くても23~24日の週のデビューになりそうですね。まだ1本目なので、来週の動きなどを見ながら、馬の状態に合わせて考えていくつもりです」

2019.03.06 : 栗東:中内田充正厩舎
調教メニュー:角馬場→坂路
坂 助手 69.0-50.9-34.1-16.6 馬なり 
中内田調教師「入厩後も順調に調整が進んでいます。血統的なものもあるのか、常歩では少し硬さがありますが、キャンターに行ってしまえば全く気にならないので、あとはこのまま進めていくだけです。明日は坂路で少し時計を出してみることにしています」

2019.03.01 : ノーザンファームしがらき→中内田厩舎
坂路2本。馬体重474キロ。
調整は順調で週3日は坂路で17-15ほどの時計を出していますが、動き自体は問題ありませんし、脚元も小康状態を保っていて調教を進めていくことに問題はありません。本馬はきょう(金)の検疫で栗東・中内田厩舎に帰厩しましたが、入場時より体力や力強さが増し、心身の成長を感じるようになっているため、トレセンでの厳しいトレーニングにも耐えられるでしょう。

2019.02.22 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重474キロ。
先週末からきのうまでに15-15を3本消化しました。だいぶ体力も備わっていて坂路を以前より楽な手応えのまま走れるようになっています。ペースを上げてからも脚元はすっきり見せていて、さらにペースを上げても問題ない状態にあるため、来週中に帰厩することになりました。

2019.02.15 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重475キロ。
予定どおり今週火曜日から15-15を始めましたが、調教を強めても左前脚の球節はすっきりしています。ペースを上げたため1週間で体重が10キロ減りましたが、それほど細く映りませんし、カイバは残さず食べているので問題ありません。あす(土)も15-15を、来週からは15-14ほどまでペースを上げる予定。いまのところ来月上旬までに帰厩する見込みです。

2019.02.08 : ノーザンファームしがらき
坂路2本。馬体重485キロ。
引き続き坂路で調整しています。週に3本は17-15ほどで乗るなど若干ペースを上げましたが、脚元に反動はなく、歩様にも違和感はありません。この時期としては毛ヅヤもよく、体も適度に引き締まっています。このまま順調であれば来週から15-15を始められそうです。

2019.02.01 : ノーザンファームしがらき
角馬場、坂路2本。馬体重488キロ。
脚元の不安が解消しつつあるため先週末から乗り出しました。現在は坂路をF18秒ほどのペースで2本乗っていますが、重苦しさや力みはなく、緩んだ感じもありません。球節は日によって多少熱を持つことがあっても歩様は問題ないのでこのまま進めていけそうです。

2019.01.25 : ノーザンファームしがらき
マシン調整、トレッドミル調整。馬体重485キロ。
引き続きトレッドミルでキャンター調整をおこなっていますが、歩様に違和感はなくても左前脚の球節には熱感があり、捻挫した影響が残っているので乗らずに様子を見ているところです。楽をしている分、かなり元気で体調も良好。熱感が治まったところで乗り出すことにしています。

2019.01.18 : ノーザンファームしがらき
マシン調整、トレッドミル調整。馬体重488キロ。
1週間ほどマシンで運動してきましたが、左前脚の球節周辺の腫れは先週よりだいぶ引きました。歩様に違和感はなく、屈曲したときの反応もほとんど示さなくなったため、きのう(木)からトレッドミルで調整していますが、今週末まで様子を見て問題がなければ来週から乗り出すことになるかもしれません。これまで何本も時計を出してきているので元のペースに戻すまでにそれほど時間はかからない見込みです。

2019.01.11 : ノーザンファームしがらき
マシン調整。馬体重482キロ。
おととい(水)午後のチェックで歩様の乱れや左前脚の球節周辺の腫れなどが確認されました。その日のうちにレントゲン検査を行いましたが、骨に異常は見られず、獣医師によると原因は調教中のねん挫だろうとのことでした。触診でも痛みを感じているようなので、しばらくは軽めの運動にとどめて経過観察を続け、腫れや痛みが治まるのを待って調教を始めることになりそうです。

2019.01.04 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重480キロ。
年末年始は1日休んだだけで連日周回コースと坂路を併用して乗り込んでいます。だいぶ体を使えるようになりましたし、フォームも安定してきました。気持ちも前向きで一生懸命走っています。帰厩のメドが立ってからさらにペースを上げることにしています。

2018.12.21 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重480キロ。
調整は順調で週2本は坂路で15-15ほどの時計を出しています。徐々に体力がついてきましたが、まだ反応が鈍く、スピードに乗るまでに時間がかかっているので、もうしばらく乗り込む必要がありそうです。右前脚の骨瘤は定期的に治療しているため良化傾向にあり、調教を進めていくことに問題はありません。

2018.12.14 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重472キロ。
この中間も順調に調整しています。週3日坂路入りしており、ペースは変わらずF17秒前後です。乗りながら体重が増えていますし、体力もパワーも備わってきました。改修を終えた坂路の馬場状態が安定したため、帰厩に向けて今週末から16-15を始めるなど調教を強めていきます。

2018.12.07 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重467キロ。
今週から坂路での調整を始めました。ペースはF17秒から16秒ほどです。右前脚の骨瘤
は良化しつつありますが、まだ反応を示すことがあるので毎日ケアしています。皮膚病は完治したと言える状態で馬体もきれいになりました。来週以降徐々にペースを上げていきます。

2018.11.30 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m。馬体重467キロ。
右前脚の骨瘤はショックウェーブ治療を施しましたが、まだ触ると反応を示すので、今週も周回コースでの軽めの調整にとどめています。来週も同じメニューで楽をさせる予定で、痛みが引いてから坂路で乗り出すことにしています。

2018.11.23 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m。馬体重464キロ。
先週末まで順調にメニューを消化してきましたが、右前脚の管骨の内側に骨瘤を発症し、痛みもあるようなので、今週は一旦ペースを落としました。近日中にショックウェーブ治療などを行う予定で、症状がやわらぐまで強めの調教は控えることにしています。

2018.11.16 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重468キロ。
調整は順調で先週末からきょうまでに15-15を2本消化しました。だいぶ体を使えるようになってきましたし、前向きさも感じられるようになっています。これ以上ペースを上げる予定はありませんが、年内の帰厩に備えて本数を重ね、体力強化を図っていきます。

2018.11.09 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重468キロ。
治療してきた皮膚病はほぼ治まりました。今週から15-15を始めており、すでに2本消化しましたが、素軽い動きを見せていますし、息の入りなども悪くありません。帰厩に向けて今後は週3本速い時計を出していくことになりそうです。

2018.11.02 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重472キロ。
顔や首、脚元まで広がっていた皮膚病は薬を塗るなど毎日治療してきたことで治まりつつあります。調教は休まず続けていて坂路ではF17秒ほどのペースで乗っています。15-15を始めるなどさらにペースを上げるのは体力の回復を待ってからになりそうです。

2018.10.26 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重468キロ。
引き続き周回コースと坂路を併用して調整していて坂路ではF17秒で乗っています。ただ、体の広い範囲に発症した皮膚病の回復が遅れるなど免疫が低下しているようなので、ペースアップは控えて心身のリフレッシュを図ることを優先していきます。

2018.10.19 : ノーザンファームしがらき
周回キャンター2000m、坂路1本。馬体重462キロ。
今週月曜日から騎乗調教を始めました。坂路ではF17秒ほどのペースで乗っていますが、まだうまく体を使えないためハミにもたれて走っています。また、体力不足のなかでゲート試験まで進めたことで疲れが出たのか、顔や首、それに脚元など広い範囲に皮膚病が確認されました。現在、薬を塗るなど治療しているところで、しばらくはリフレッシュを優先し、疲れがとれてからペースを上げて体力強化を図っていきます。

2018.10.11 : 中内田厩舎→ノーザンファームしがらき
ゲート試験を受け合格。
助手「ゲート試験を受験して無事合格しました。まだ基礎体力が不足していることから、明日ノーザンファームしがらきへ放牧に出して、しっかり乗り込んでから厩舎へ戻すことにしています」

2018.10.10 : 栗東:中内田充正厩舎
角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 71.5-52.2-33.9-16.9 馬なり 
助手「おとなしい性格で扱いやすいですし、普通キャンターを乗っている感触ではいいスピードを持っていそうです。今日はゲートから発馬練習を行いましたが、自分からだいぶ進んでいくようになっているので、明日ゲート試験を受けてみることになりました」

2018.10.04 : 栗東:中内田充正厩舎
角馬場→坂路→ゲート
坂 助手 69.8-51.9-34.6-17.4 馬なり
中内田調教師「今朝は坂路を上がってからゲート練習へ。手開けで出してから発馬練習を行いましたが、問題なくこなしていました。明日もゲート練習を行いますし、このまま順調なら来週にはゲート試験までいけそうですね」

2018.10.03 : 栗東:中内田充正厩舎
CWコース→ゲート
中内田調教師「故障馬の影響で坂路の閉鎖時間が長かったので、予定を変更してCWコースからゲートへ。初めてコースに入れましたが、戸惑うことなく走れていました。ゲートは駐立練習まででしたが、中でも大人しくしていましたし、初日としては十分の内容でした。明日もゲート練習を行う予定です」

2018.09.28 : ノーザンファームしがらき→中内田充正厩舎
マシン調整。馬体重471キロ。
きのう(木)入場しました。けさは60分間マシンで運動しましたが、長距離輸送後でも体調は問題ありませんし、環境の変化にも戸惑った様子はなく落ち着いています。本馬はあす(土)の検疫で栗東トレセン・中内田厩舎に入厩する予定です。

2018.09.27 : ノーザンファームしがらき
本日ノーザンファームしがらきに移動しました。

担当スタッフ「この中間の調整は順調で坂路でF14までのところを入念に乗ってきました。まだ多少の緩さは感じますが、若駒特有のものだと思います。心身ともに良い状態で送り出せたと思います」

2018.09.14 : ノーザンファーム空港
馬体重492キロ。
前回報告のハ行に関しては一過性の症状だったようで、ウォーキングマシンで異常がないことを確認してから周回キャンターと坂路調教を再開しています。相変わらず動きには力強さがありますし、馬体の張り艶も一段と増しています。ひと頃伸び悩んだ身体も今や500キロ間近ですから立派なものです。気性の落ち着きも出て調教時も平常心で臨めていますし、今後も移動を見据えて進めていきます。

2018.08.31 : ノーザンファーム空港
馬体重487キロ。
9月の移動プランも上がっているように順調にきていましたが、先週、右前肢をハ行したので念のためレントゲンを撮りました。特に異常は見られず、その後は引き運動、ウォーキングマシンと進め、現在はキャンター2500mで様子を見ています。ここまでの過程から一過性のものとの見立てですが、もうしばらく慎重に様子を見て、問題なければ坂路調教再開という形になると思います。移動については今後の状態次第になります。

2018.08.15 : ノーザンファーム空港
馬体重479キロ。
月初にリフレッシュを挟みましたが、その後は再び坂路主体に順調に乗っています。周回キャンターは週1回、坂路には週4回入れています。ペースは変わらずF15までですが、良いリズムで調整できていますし、馬もさらに充実してきたように感じます。じっくり進めてきたことで精神面の落ち着きも目立っています。9月上旬にも本州移動プランが上がっているので、今後は輸送も見据えて乗っていきますが、メニューを大きく変える予定はありません。この形で力をつけてきましたし、あとは良い体調で送り出すことだけ心がけます。

2018.07.31 : ノーザンファーム空港
週3回坂路、週2~3回キャンター調整。馬体重470キロ。
この中間は坂路を週3回に増やしています。ペースはF15~16秒とそこまで無理はしていませんが、しっかり負荷はかけています。坂路の動きはキビキビとしてシャープさがあります。馬体重も安定していますし、毛艶もよく馬体の張りが増しています。馬に合わせてじっくり進めてきた一頭ですが、その成果が実ってここにきてグンと良化してきました。この調子で進めていきたいです。

2018.07.17 : ノーザンファーム空港
週2回坂路、週2~3回キャンター調整。馬体重475キロ。
この中間は坂路でF15までペースアップしています。ペースを上げてもガタッとくることはなく馬体重も保っているので、今後も継続してこのペースかもう少しペースアップできそうです。坂路の走りはスピードがありそうなキビキビした動きですし、馬体の充実ぶりも目立っています。今ちょうど良くなっているところで、全体を通して問題となる面もないので、このまま乗り込みを重ねていければと思います。

2018.06.29 : ノーザンファーム空港
週2回坂路、週2~3回キャンター調整。馬体重476キロ。
この中間も坂路はF16秒までですが、休まず順調に調教が進められています。狙い通りに馬体重が増え、見た目にも厚みが増しています。これからペースアップして馬体に張りが増せば、見栄えのする馬体に変わってくるでしょうね。今程度の時計なら余裕がありますし、身のこなしもシャープでしっかりしています。

2018.06.15 : ノーザンファーム空港
週2回坂路、週4回キャンター調整。馬体重468キロ。
ソエ後の立ち上げから順調にペースを戻してきました。現在は坂路でF16秒、キャンターは1000mコースと400mコースで乗るなど環境の変化を与えることで馬に飽きのこないメニューを取り入れています。ソエで楽をさせたことで疲労も抜けたのか、動きに活気が戻り、体にも柔らか味が出てきました。この調子で状態を上げていこうと思います。

2018.05.31 : ノーザンファーム空港
馬体重459キロ。
ソエも徐々に落ち着いてきたので、中旬からトレッドミル、先週から角馬場調整、現在は周回キャンターと坂路調整まで戻しています。坂路ではF17秒程度ですが、今のところ不安はないので、様子を見ながらピッチを上げていけそうです。ソエの影響もあったのかもしれませんが、以前は全身、特に背中を伸縮させた動きが不十分だったので、そうしたところを意識しながら矯正を図っていけたらと思います。

2018.05.15 : ノーザンファーム空港
マシン運動。馬体重456キロ。
この中間もソエをケアしながらマシン運動を継続しています。今のところ患部に熱も腫れもありませんが、ぶり返さないようこの機会にしっかり固めてしまおうと思っているので、もうしばらくマシンのみにとどめます。次のステップはおそらくトレッドミルになると思いますが、スムーズに立ち上げられるように、マシンでも運動量を確保して緩ませないように心がけます。

2018.05.01 : ノーザンファーム空港
マシン運動。馬体重455キロ。
両前ソエのためマシン運動で調整しています。疲労も溜まっていたようで歩様や動きも小さくなってきたので、ここは焦らずソエが固まるまではマシンでの運動にとどめたいと思います。今で休ませて一週間ほどですが、楽をさせたことで体重が増え肌艶は戻ってきたので、これを機に心身のリフレッシュと馬体面の成長をうながしていければと思います。

2018.04.13 : ノーザンファーム空港
馬体重439キロ。
中間、左前にソエが出たのでペースを落として調整しています。順調に乗り進め、馬体重も安定していましたが、ここにきて少し疲れが出たようです。動きに関しては特に課題はなかったのですが、まだ芯からしっかりはしていないので、今後も適度にリフレッシュをはさむなどして対応していきます。ひとまずはソエのケアを優先に、状態を見ながらメニューを組んでいきたいと思います。

2018.03.30 : ノーザンファーム空港
馬体重442キロ。
週3回坂路、週1回周回キャンターかトレッドミルの調整を進めています。F16秒のところを重ねていますが、今月を通して馬体重は安定していますし、徐々に内面からしっかりしてきたように思います。若干ペースの強弱はつけますが、当面は現行メニューを継続する形だと思います。まだ腰高で成長の余地を残しているので、あまり詰め込みすぎないように考えています。前向きな気性で力強い動きのできる馬ですし、現時点では目立った課題も感じないので、このまま乗り込みを進めていければと思います。

2018.03.15 : ノーザンファーム空港
馬体重443キロ。
坂路主体に入念に乗り込んでいます。馬体に張りと厚みを増し、動きには力強さが出てきました。じっくり乗り込んできた成果で、だいぶ軌道に乗ってきました。馬体重に多少波があるのは少し神経質なところがあるせいかと思いますが、その点も解消されつつあります。4月にはもう一段階ペースアップも可能な状況ですが、最終的にはその時の馬の状態に合わせて進めていきます。

2018.02.28 : ノーザンファーム空港
馬体重447キロ。
リフレッシュ期間を経て現在は週3回坂路で乗り込んでいます。週2回は2本乗りで2本目にF16。馬体重も減らさず順調に来ていますね。体型を見るとずいぶん腰高なので、まだまだ変化がありそうですよ。それまでは現在くらいのペースでしっかり土台を作っていきたいと思っています。

2018.02.15 : ノーザンファーム空港
馬体重448キロ。
順調に乗り進めてきたので現在はマシンでリフレッシュ中。馬体重が増えて欲しいと思っていましたが、狙い通りに張りが増し、体重も増加。トモにも力強さが出てきましたし、稽古の成果も感じています。リフレッシュ明けも坂路と周回コースを併用して更に状態を上げていきたいところです。

2018.01.31 : ノーザンファーム空港
馬体重436キロ。
この中間も順調で状態の良さが目立つ頭です。週3の坂路、週1の周回キャンターと十分な負荷をかけられて、若干体重は減りましたが、締まりが出てきた印象です。坂路では週2回2本乗っていて1本目にF17、2本目にF16、周回コースでは2500mの距離をじっくり乗って体力強化を図っています。前向きさもあってよい走りをしますし目立った課題はありませんが、強いていえばまだトモの甘さが残っているので、しっかり乗り込んで解消していきたいです。若駒特有のものですし、乗り込みながら良化を示すと思います。

2018.01.15 : ノーザンファーム空港
馬体重446キロ。
最近の成長が目覚しい一頭で年明けもすぐに坂路で2本乗りを実施、ペースもF16のところを余裕残しでてこなしています。トモの張りも良く、動きにも切れが感じられるようになってきました。小ぶりでも中身から充実してきた感じがしますし、今後はさらにペースを上げていけそうです。

2017.12.26 : ノーザンファーム空港
馬体重441キロ。
週2回坂路2本と週1回周回キャンター2500mを順調にこなしています。少しピリッとした気性ですが、その分前向きで勢いよく坂路を駆け上がってきます。それでも普段はおとなしいので手はかかりません。乗りながら体が大きくなってきたのは好材料。背腰の力も以前とは見違えるほど付いてきました。肌艶は抜群だし、今は体調もいいのでしょう。この調子でもう少し体をふくらませつつ、要所に筋肉をつけていきたいです。

2017.11.30 : ノーザンファーム空港
馬体重423キロ。
今週はリフレッシュのためウォーキングマシンの調整ですが、その前は週2回の坂路と週1回のキャンター調整をこなしていました。坂路ではF17まで進めています。少しナーバスな面があるので、飼い食いと相談しながらメリハリをつけた調整メニューを課しています。全体に成長を促していきたい現状ですが、馬体のバランスやトモの大きさは十分なので、調教が軌道に乗ってくればグッと良くなってきそうな感触はありますね。稽古でも随所に良いところがありますし、この馬に合わせたメニューで良い点を伸ばしていきます。

2017.10.31 :
(ノーザンファーム空港)
馬体重437キロ。
10月中旬から坂路調教を開始しました。馬体の成長がカギでしたが、調教負荷を上げながらしっかり増えてきたので良かったです。現在は週2回坂路に入れて1本目F19、2本目F18で乗られています。それ以外の日は長めのキャンターで体力強化も行っています。調教中はピリピリしたところも見せますが、普段は大人しくて扱いやすい馬なので、オンオフの切り替えは上手なタイプかもしれません。普段からうるさいと馬体重に影響したりするのでこれはいい傾向です。調教時の勝ち気な面はマイナスとは捉えていません。しっかり馬体が成長してくれているので、このまま徐々にペースを上げて全体の底上げを図っていきたいですね。

2017.09.29 :
(ノーザンファーム空港)
馬体重418キロ。
この中間はマシン運動、トレッドミル、ロンギ場での馴致を進めてきましたが、入場以来、馬体重が思いのほか増えてきません。少しピリッとしたところの気性が影響しているのだと思います。今は焦らず馬が納得する形で調整を進め、短期のリフレッシュなども挟んでいくのが理想でしょう。馬体のバランスは本当に良い馬なので、この後肉付きが良くなってくればですね。精神面の成長が肉体面にも繋がってくると思うので、心身両面をしっかりケアしながら進めていきます。

2017.08.31 :
(ノーザンファーム空港)
22日にノーザンファーム空港に移動。週4回馴致。馬体重435キロ。
まだ移動間もないですが、先週から初期馴致をスタートさせました。小柄ですが、トモ幅はあって胸も深く理想的な肩の傾斜をしています。今のところ特に問題はないので、しっかり成長を促していければと思います。

※写真は9月6日更新

このページのトップへ