プロフィール|募集馬情報

募集馬情報

レッドザグロス(サンドグロース18)
募集馬

欧州代表の名牝を輩出した最上級の血脈、世界を知る父と描く野望に夢が躍る

サンドグロース18

  • 資料請求

欧州代表の名牝を輩出した最上級の血脈、世界を知る父と描く野望に夢が躍る

サンドグロース18

一口出資額 : 65,000円(税込)

総口数   : 400口 

入厩予定  : 栗東 庄野靖志

育成牧場  : 吉澤ステーブル

  • ハーツクライ
  • サンドグロース
  • 母父Mr.Greeley
  • 性別
  • 毛色黒鹿毛
  • 誕生日2018.03.29
  • 年齢2歳
  • 産地
  • 生産者辻牧場

WEBカタログ(PDF)

近況情報近況情報をもっと見る

20.07.31 : 吉澤ステーブル

馬体重513キロ。
今月を通して強めの調教を課しながら、主にスピード強化を重点に進めてきました。広い芝コースで乗り進めてきたことで以前よりも落ち着きが出て、馬群の中でも我慢して走れるようになっています。強めを乗った後の疲労の回復も早くなり、今月を通して終い13秒の強めのメニューを5本。このペースだとまだ終いの手応えに余裕はありませんが、フットワークは順調に良化していますし、コンスタントに乗れていることが何よりです。今後も実戦に必要な経験を課しながらもう一段ペース上げていければと思います。

 

20.07.15 : 吉澤ステーブル

馬体重513キロ。
坂路とコースを併用して順調に乗り進めています。この馬は芝コースで1200mを乗ってから屋内坂路に向かうのが基本メニューとなっています。コースでは20~18秒ぐらいで乗って、坂路では10日に一回程度、15-15を課しています。内心では人間に反抗してやろうという思いがあるようですが、ここにきて聞き分けが良くなり、悪さもしなくなりました。ただ、少しずるさがあって、稽古でも促されないと動ききれないところがあるので、常に前向きさを引き出すように意識して乗るようにしています。また、痩せにくいタイプでもあるので、他馬に比べて運動量を豊富にとるようにしています。それだけやれるのも体質が丈夫だからということもあるので、その点は頼もしいですね。引き続きしっかり躾けていきながら鍛えていきます。

 

調教師インタビュー

調教師インタビュー

調教師
調教師

このページのトップへ